公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
公園の猫たちはみんな元気で頑張っています(^-^)
2月3日
  
今日は節分。
猫たちはイワシの缶詰で厄落とし?
雨が降ったりやんだりで、最後のオセロやハーちゃんの所ではかなり降ってきた。
年寄りのママちゃんは、寒い日や雨の日は猫ハウスから出てこない。
カイロと水とご飯をもって行くのを、ハウスの中で待っている。

最近はエサやりを手伝ってくれる、Kおじさんと、神戸猫ネットの仲間kさんが、用事があるときや体調が悪い時に代わってくれるので、心身ともに楽になった。
来週は寒い日ばかりだけど、木々の様子を見ると春は近し。
梅の木は白いつぼみがたくさん増えてきた。
小鳥がたくさんやってくる。
エサが一番少なくなるころなので、カラスがキャットフードをくすねようと虎視眈々。
カラスだって餌がなければ飢え死にします。
たまに黙認することも。
みんな元気で春を迎えようね。

 公園から我が家の庭に押しかけたマルは、先住のユズを追い出したかも
マル



「性格に難あり」ナナは正式譲渡になりました
1月10日

11月の譲渡会に参加した、ナナ(ニャニャ)
猫嫌いで猫パンチ
ナナが悪いわけでないし
ほかの猫たちが悪いでもなし。

人間もナナの表情を見て接するくらいなので、ナナと合う人がいるのかと、ダメもとでの参加。
「性格に難あり」
プロフィールに正直に書いた。
そして「この人以外にナナを幸せにしてくれる人はいない!」
と思う人がナナの前に現れた。

トライアルは時間をかけてと言ってくださるのでありがたい。
ご主人にナナを抱っこしてもらったら、ナナはおとなしく抱っこされていて、「イケルやん」
お正月には大学生のお兄ちゃんも帰省され、家族みんなで、ナナを家族にするか決めていただいた。
お兄ちゃんたちは、誰がナナと寝るかでけんかになるので、
ナナはママと寝ることになった。

大学生のお兄ちゃんは後ろ髪を引かれながら、大学生活に戻り、
中学のお兄ちゃんは学校に行くとき、ナナがひざの上にいるので、遅刻しそうになります。
ママは台所で足元をすりすりするので料理ができないとか??

ということでナナはとっても幸せになりました。
(12日に正式譲渡します)

*パソコンが調子が悪いので写真はありません><

寒中見舞いの毎日!
明けましておめでとうございます。
というには遅くなりました。
恵比寿さんの日、110番の猫ネット日。

年末からお正月まで、公園の猫たちはかなりごちそうをしております。
新年になって寒さが厳しくなり、寒中見舞いで、できるだけおいしいものをと努力しています。
年寄り猫には猫ハウスに、フードとカイロを配達。
今日はとても冷たい雨で、雪になるのかな~ 
ハウスの入り口でもあったかい空気が感じるくらい昨日のカイロは24時間以上持つんです。

今日は、保護猫の「風太」が去勢手術をしました。
昨年9月16日、台風前の大雨の日に公園の土管の中から保護したチビ猫。
もう生後6か月になりました。

家の大人ネコに可愛がられて、良く食べ、よく遊び、ノビノビと育ち、3,3キロあります。
凛々しい少年ネコの顔、イケメンです。
先生が「きれいな柄や」と褒めてくれました(親バカ)
ジミなキジと思っていたけど、ハッキリしたきれいな縞模様、ツヤツヤの毛。
ええやん!

たった6か月のチビなのに、譲渡会 4回。
今度1月14日の「神戸猫ネット」譲渡会で、5回目のチャレンジ。
自慢じゃないけど、うちの保護猫たちは5回6回のチャレンジは当たり前。

今度は「静男」と一緒に、幸せにしてくれる家族と出会えると思っています!
それから、7日に参加させていただいた「猫のミーナ」譲渡会では抱っこオッケーで、いっぱいサービスしたけど、抱っこがしたかっただけ。
帰りの車の中で、疲れた静男は少し吐いたしウンチまでしてグッタリでした。
やっぱり、猫のためには抱っこは負担です。

*パソコンの調子が悪いので、写真は載せられません><


疥癬のタヌキ
12月21日

捕獲

明日は冬至。
一年で一番昼が短く夜が長い日だ。
餌やりに行くと、エビゾウが迎えに来た。
お日さんの光で、影がとても長く、
並んで歩く私とエビゾウは足の長~い不思議ちゃんで、夢のような愉快な影が軽やかに歩く。
楽しいひと時だった。

だけど、つるべ落としに暗くなるのは変わらない。
この頃寒さしのぎの応援に、イワシやコアジ、鳥の胸肉などを差し入れしている。

先日は公園に隣接する公園の猫のTNRを依頼され、3匹捕獲した。
申請してくださった人に感謝。
地域猫として管理している地域が広がれば、効果が大きくなる。

私たちの公園は神戸市の地域猫活動団体なので、人と猫との共生推進協議会に申請すると不妊手術管理票を貰える。
公園では長く捕獲できなかったクロが、ずっと餌を食べに来るようになったので先週金曜日に餌やりをKさんに代わってもらい捕獲に入ったが、誰かが餌をやった後でクロは姿を消していた。
月曜日、前もって捕獲器を現場に持って行き、餌やりをいつも通りにやって、クロが来るのを待つ。
以前と違って食いしん坊になったクロは、とりわけのごちそう攻めで御用になった。

年寄りの猫ハウスにカイロを入れるが、その一軒にいつものように手を突っ込んだら、
「キャッ」という声と共に指をかまれた!
なんなんだ!
暗くてよくわからないが、タヌキのような・・体が疥癬ダニで白く盛り上がっている。
かなりひどい。
とりあえず傷の手当てもあるので、何かわからん動物は後日。
 
翌朝、クロを病院に搬送後、手袋や堤布をもって救出に行くが、いなかった。
昨日もいない。
今夜、覗くと顔が見えた。
タヌキ。
エサを入れるとカリカリと音たてている。
子猫用パウチとイワシをお代わりに入れた。
どうして捕まえようか?
思案中。

公園の出入り口で、見慣れないキジ猫。
ライトで耳を照らすとカットがない。
やれ、この子も捕獲しなければね。
(他に耳カット有の似た猫を捕獲したので猫が増えている)



「性格に難あり」 トライアルに行きます!
11月12日
 みんな頑張ったね
譲渡会17・11

今日の譲渡会、準備ができていなくて、ケージにかけるフリースをカットして作ったり、
帰ってすぐに餌やりに行けるように用意したり、バタバタだった。

二階のベッドで日向ぼっこしているニャニャをケージに入れ、
ボンヤリしている静男を押し込み、
走り回っている風太は2回もキャリーから逃がしたが、お子ちゃまは猫じゃらしで簡単に捕まる。

今日の会場、参加猫60匹あまりいるそうだ。
どの子も決まってほしいけど。
参加猫が多いと目移りがして決まりにくいと思うことがある。

来場者がボツボツ来られる。
終わり近くにニャニャのケージをよく見ておられる優しそうな女性がいて声をかけさせていただいた。
「性格に難あり」なんですけど・・
『前に飼っていた猫によく似ているんです、色が違うけれど』
ニャニャのことを説明すると
『そうなんです、前の子と一緒』
猫嫌いで一匹飼いで、自分から来る以外はかまってほしくないタイプ。
『私もその方がいいんです」
いっぱいお話しして、ぜひトライアルに行かせてほしいとお願いをした。
「もしこの子はダメですと思ったら、すぐに引き取りに行きます」
前回トライアルに行って「ナナちゃんはうちではムリです」と言われてすぐに引き取りに行ったこともお話しした。
ニャニャにとってこんなに理解してくださる里親さんはいないと思った。

私の所の保護猫は5回6回譲渡会に連続出場が多かった。
諦めなければ、この子にとって一番良い里親さんと巡り合える。
そう思ってチャレンジする。
ニャニャ、良かったね、トライアル頑張ろうね!

プロフィール
性格に難あり!
猫嫌い、「ウ~ウ~」と、自分でもストレスを感じています。
子猫時代に嫌がることをいっぱいされて、身を守るためにこうなった典型。
本質は甘えん坊です。こんな子を幸せにしてくださる方と出会いたい。
ナナをご理解いただける方と巡り合えたら良い子になります。

 お疲れさまの男子(コタツの中)
お疲れさまの男子