公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
雨続き
10月15日

今日の雨は冷たくて雨で待つ猫たち。
エサタイム、何匹か出てこない。
出てきた子は、今日、散歩の人が少なくて餌やおやつがもらえないのかみんなよく食べた。
多めに持っているフードもほとんどなくなった。 
年寄りの黒猫ジャックは出てこないので小屋の入り口に餌を置く。
小屋のある子はまだ幸せです。

明日は遠方の友を訪ねるので、猫ネットの友達が餌やりを代わってくれる。
何年も会ってないので、おばちゃん4人で合宿とてもうれしい。
猫たち、おいしいもんごちそうしてもらうんやで(^-^v
帰ってきたら、小屋の修理や敷物を代えたり、いよいよ冬支度を急がなければ!!

ちび猫、風太はよく食べよく遊び(小桃ねえねを追いかけまわしてプロレスごっこしたがる)
元気で素直な、いい子に育ちました。
10月22日の「ねこのミーナ譲渡会」に参加させてもらう予定です。
鼻水が治ること、結膜炎がぶり返したのでこれも早く治したい。

毎日あれこれ忙しくて、なかなか更新するパワーが入りません。
頑張っています。
風太、1000gになった
9月25日
 可愛くなった!
ー10風太
 ワクチンの後、ちょっとしんどかったニャ~
風太ー11

ワクチン接種に行った。
体重 1000g。
16日に保護して600g、20日に750g、22日900g
そして5日間で300g近くに増えた。
2か月位の体重になった。、
栄養不良が改善されて、普通になったのかもしれないが、よく食べよく遊ぶ。
このまま行くと、11月の譲渡会までに、でっかくなっている予想。
いいさ、
元気だから大きく育つ、おいしい農作物も元気だから大きくなる。
元気な可愛い子猫を幸せにしてくれる人、どっちも幸せになりますよ。

11月5日(日)は、「猫のミーナ」譲渡会

11月12日(日)は、「神戸猫ネット」譲渡会

治療が終わった、ゴンタになった
9月22日

風太ー6

風太―7
 ブログを書いている横で爆睡(^-^)
風太ー8


風太
耳の洗浄してもらって「もう良いですよ」
目も「良くなりました」

体重量ったら、900g。
4日間で200g近く増えた。
月齢が1,5か月より大きかったのか、やせていたのが健康になったからか。

お皿がきれいになるくらい、なめて完食。
シャカシャカ 休む間もなく一機食い。

ビビりだけど、家の姉ちゃん、兄ちゃんがキャリーを覗くと、えらそうにウ~~。
でっかい兄ちゃんが(超ビビり)負けそうだ。

ちょっとずつ、キャリーの中から出てきて、ボール遊び。
でもすぐにキャリー奥に退避。

ご飯は母ちゃんの膝の上で食べる。
人なれ修行中。
9月24日はフリマ出店します
9月21日
  保護猫ニャニャコ(ナナ)11月の譲渡会に参加予定
ニャニャコ-1

フリーマーケットに出店します

日時:9月24日(日)  9時~14時

場所:新長田六軒道商店街

     JR新長田駅下車 南へ徒歩約8分
     地下鉄海岸線 駒ヶ林駅下車すぐ


フリーマーケット11年。
よくぞ続いた。
一緒にやってくれるDさんのおかげ。
商品を提供してくださる方々
買ってくださる方々。
応援してくださる方々のおかげです。

やめようと思いながら、ズルズルだけど、楽しいこともあります。
とりあえず、9月、10月、11月は頑張ろう。


風太の治療費が目標。
小さな鈴入りボールをオモチャに、元気に遊ぶ。
今日は会議があってエサやり、二人に代わっていただいた。
帰ってから風太をショルダーバッグに入れて公園に行く。
これからあちこち連れて行く。




病院通い
9月20日

風太ー3
風太ー4

ちびの風太、18日にひどい悪臭になった。
原因は?
動物管理センターや県動物愛護センターからの子猫も引き受けている、ミルクボランティアのAさんに相談したら、外耳炎になっていると思うとのことで、病院も紹介してもらった。
19日、初めての病院に連れて行く。
保護時の治療説明をした。
耳ダニ検査をすると、ほとんど死んでいるけれど、まだ生きているのもいる。
レボリューションだけでは駆除できないとか。
耳掃除すると、真っ黒な塊が・・・
風太が頭を振ると、棒状の耳垢が飛んだ。
ちょっときつそうだけど、きれいに掃除してもらった。
殺虫剤を入れたので、外耳炎の治療は3日後くらいになった。

風太
体重700~800g
ウイルス検査 エイズ白血病 陰性

毎食、お皿がピカピカになるほどきれいに完食。
幼猫用離乳食
ロイカナベビーキャット(ウエット)、或いは銀のスプーン子猫用
ロイカナベビー(ドライ)
を混ぜる。

ガリガリだった体は子猫らしく、ポッコリおなかが膨らんで、可愛くなった。
甘えたで
ビビりで
ご機嫌なちびっ子。

今日は車で一緒に出かけて、八十路の友達に可愛いと言ってもらった。
彼女は、動物福祉協会の草分けだった「グラシアーニ婦人」と一緒に動物愛護活動をしていた大先輩。
NPO法人神戸猫ネットが、「神戸市市民福祉奨励賞」を受賞したことをとても喜んでくださった。
先達がいたから、今の活動があります。
沢山のボランティア、TNR、地域猫活動をされた方々、みんなの苦労が今の活動につながっています。
 
ビビりさんを慣らすのに、散歩中の近所の施設の若者たちに子猫を紹介する。
みんなかわいいと喜んでくれた。
「欲しい」いう人がいたけど、ペット不可の住宅なので残念。

11月の譲渡会目指し、人なれ修行、カンガルーバックに入れて連れ歩く予定。