公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
3月のフリマに出店します
3月23日

3月26日は今年初めてのフリマ出店します

フリーマーケットに出店します

日時:3月26日(日)  9時~14時

場所:新長田六軒道商店街

     JR新長田駅下車 南へ徒歩約8分
     地下鉄海岸線 駒ヶ林駅下車すぐ


2月は出店予定を急にキャンセルをして、せっかく会いに来てくださった方もおられて申し訳ありませんでした。
今月は、出店するのを楽しみにしていますので、会いに来てくださいね。

毎年、3月に入ると、神戸の街は、イカナゴの釘煮を炊くにおいが漂うのですが、
今年は超不漁だということで、値段高騰、1キロ3800円で始まり、昨日で販売終わり値が3,350円でした。
昨日は市場で安かったらせめて一回くらい猫たちに買ってやりたかったけど、あきらめました。
庶民には手に届かない幻の魚になってしまった><

瀬戸内海の海水温が高くて産卵時期が遅かったらしいけど、異常気象で自然環境が変わってきたのでしょう。
南海トラフ地震の前兆なんかな?とか。
小魚がいないとそれを食べている食物連鎖がなくなり、大魚も取れなくなるのかな。

望まなくても地球環境がどんどん変わる。
不安な未来になるのでしょうか。

桜子ちゃん、トライアルに行く
3月23日
  神戸猫ネットの譲渡会(エスパスフェリシモにて)
3月19日譲渡会
 ずーっと同じ姿勢でした><
譲渡会桜子2
  こんな顔
1譲渡会桜子

19日、神戸猫ネットの譲渡会に参加した桜子ちゃんは、締め切り間近に里親希望さんから声をかけていただきました。
若いご夫婦で、アビシニアンと八割れの若いオスの先住猫さん2匹います。

帰ってからセカンドオピニオンドクターところに行くと、
「こんなきれいなスモークの子は見たことがない」
と褒めてもらったそう。
桜子ちゃんは、濃いグレーで根元が白いスモークで、その上縞模様なのが珍しいそうです。

毛色はどうでも、背中を切られたり虐待されて捨てられて、かわいそうだったけれど、
愛情いっぱいで育ててくださったMさんのおかげで幸せになります。
「僕、大人になったらおばちゃん所に猫もらいに来る」
3月18日

餌やりを終え 公園入口に戻ってきた。
いつもは3人でやってくる小学生の男の子が今日は一人。
「ネコ さわれる?」
ビビりやから逃げるよ、私が触っても逃げるんよ。

「おばちゃんとこの家にも猫いるね」
(知ってるんや)
一緒について来て、猫のことをいろいろ聞いてくる、
明日猫の譲渡会いうのをするねんよ。
「どんなん?」
捨てられたりした猫を明日は40匹くらい参加して、猫を見に来る人が100人くらい来てくれる、
最期まで可愛がってくれる人にもらってもらうんよ。
「捨てたらあかんやんね」

家の前で
「僕、大人になったら、おばちゃんとこに猫もらいに来るわ」

私が生きていたらもらいに来てね。
元気にあと10年生きなあかん、頑張らなあかんね。

隣のおばさん所にお寺さんがお参りに来られた。
「どこの子?」
友達です。

子供ってうれしいね。

明日の譲渡会には、公園で保護した「桜子」が参加します。
体の傷はいえたけど、心の傷はまだのよう。
抱っこするとおとなしくグルグル。5か月になりました。
17・2・15捨て猫2



神戸の猫、TNR タダになるまで待ってるの?
3月16日

捕獲なか

神戸市の「人と猫との共生に関する条例」が4月から施行される。
「ノラ猫の不妊手術を公費で行う」という。

「タダになるからノラ猫の手術を4月まで待とう」
そんな言葉が聞こえる。

今、雌猫は妊娠中で、お腹が大きくなった猫がうろうろしているのではないの?
4月まで待っていたらどうなるの?

タダになるまで待っていたら、餌をやる猫の数は倍になりますよ。
これまで増やさないために頑張ってきた皆さんが、タダと聞いていつまで待つんだろう?

今年、TNR依頼はほとんど来ない。
他のボランティアからも同じことを聞く。
いつも協力して下さる獣医さんも前年の半分だと。

4月になったら一番に自分所の猫たちが、タダで手術ができると考える?。
ホンマに4月からできるんかいな?
神戸は広し、
あなたが一番か、一番最後になるか。

今、頑張ってTNRしておけば、
4月になったら笑って見ていられます。

猫嫌い 20年後は 里親さん
3月12日
   トラ かばってやりたくなるタイプ
トラ17・2月

三寒四温のとおり、この頃は寒かったり暖かかったりで体調管理が大変です。
公園のトラ(推定5~6歳)もクシャミしているけど、花粉症?猫も花粉症あるのかな?
昨日、動物好きおじさん(Kさん)が
「この子がウルサの小屋に入ってる」 と教えてくれた。
でぶっちょのトラだけど、お人好しでビビりでかわいい。

先日突然電話があった。
「Aです、Aです」
どこのAさんですか?
「○○のAです」

「今、一匹猫を飼っているんですが、もう一匹飼いたいので(私の家まで)行ったんですけど留守だった。
今度の猫の譲渡会に行きます」

阪神大震災で家が全壊し、翌年なんとか小さな家を再建して、犬でもネコでも最初に来た子を飼おうと思っていたら猫を拾った。
ノラ猫に関心を持つようになったのはそれからだ。
その頃、小学校、中学、高校の同級生夫婦のグループが、かわいそうな私をバーベキューに招待してくれた。
Aは猫が汚いなどかなりしつこく持論を述べて、私は場の雰囲気を壊す立場ではなく、彼らとはその後付き合いがなくなった。

20数年たった今、猫嫌いだったAは、猫を飼い、また一匹猫を幸せにしたいと言ってくれた。
お互いおじぃさん、おばぁさんになってまた会えるのは楽しみだ。

17・3・19譲渡会