公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
六軒道商店街 フリーマーケット出店します
9月27日
今週の日曜日(30日)は恒例のフリマ出店です。
8月はお盆や地蔵盆や忙しくて休みましたが、今月は又頑張ります。
よろしくお願いします。
furima-tiju-2.jpg

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

ホームレスアニマルクリニックの紹介
9月26日

0707nekosyujyutu-2-2.jpg


今日N新聞の記者が公園の猫の写真を撮りに来られた。
ホームレスアニマルクリニックの山崎さんをテーマに取材を続けているそうです。
彼の活動が広がりを見せるのか興味を持たれているようです。
公園の猫たちは、モデルとしていい表情をしてくれました。

私はホームレスアニマルクリニックの活動を支持しています。
彼らの活動が全国に広まって欲しいと希望しています。

この活動のおかげで神戸市内の野良猫・地域猫などの繁殖が制限されて子猫の殺処分数は減少しています。
(飼い猫も手術します)
私たちボランティアにとって、不妊手術をするための捕獲は道具も知識もない状態では困難でした。
手術代も一般獣医では2万円以上(雌)します。
TNR、06年末当時の私はその言葉も知らなかった。
道具を持ってきて捕獲して、手術して、元の場所に返してくれる。
これを50匹全て自分で行えるかと言えばNOでした。

06年末、私たちの「50頭全頭手術」の決断はホームレスアニマルクリニックとの出会いがあって初めて結果を出せたのです。
これは、山崎氏の「結果を出したい」希望と合致してできたものです。
お互いの目的が一致したから実行できたと思います。

手術について
Dr.はとても良い仕事をして下さると信頼しています。
「事故のないように心がけています」
「麻酔も猫の負担を軽減できるように、複数のクスリを使い、様子を見てガス麻酔を使いながら手術をしています」
麻酔が覚めて猫の状態を確認してから退院許可を出して下さいます。
手術室の中は整理整頓が出来て、道具もきれいです。
私は動物だからと言って、清潔感のないところはあまり好きではないのです。ここなら大丈夫。

Dr.は今、腱鞘炎で休んで居られます。
毎日毎日沢山の猫たちが連れられて来られます。
8月までで1,000匹ほども手術されたそうです。
人間に専門医がいるように、猫の病院も不妊手術の専門医がいてもいいと思うのです。
Dr.の手術跡は私の知っている5人のDr.の中で一番傷が短くてきれいです(10㎜位)。
そして術後すぐに元気に遊んでる子もいます。

私の場合、その他、猫の症状や病気、予防のこと、薬のことなど素人の質問にも誠実に対応して頂いています。
手術してその日にリリースすることを心配する人がいますが、今と昔と技術がちがうと思うのです。
それから一番は、捕獲された猫がものすごくストレスを感じていること。ストレスを軽減するためには早くリリースしてあげることも必要だと思っています。
どちらを取るか、選択は自分ですればいいことです。

山崎氏について
最初の頃、一方的押しつけが鼻について気に入りませんでした(笑)
きっと無理解の中で孤軍奮闘して居たためだろうと思います。
(エサやりをされる方にも無理解の中で周囲に背を向けて頑張っておられる方も多いと聞きます)
今は「多少柔らかくなってるんじゃないかな~」と。w^w^

TVや新聞で紹介されるにつれ、クリニックには捕獲や手術の依頼が途切れることがないようです。
そして中傷も増えています。
不満なら他を選択しよう、不審ならクリニックを訪問して自分の目で確かめよう。

「横浜方式」のような、避妊をせずに生まれた子猫を獣医に持って行って安楽死させたら税金でお金を支払うような、不毛の行政とは対局に、「不幸な子猫を生ませない、今いる猫の生を守る」TNR運動を支持します。

ホームレスアニマルクリニックのような活動がもっともっと増えて広がって、不幸な猫(動物)が減ってくれることを心から願っています。
そして、未来の町が猫も犬も見かけないような中で人々がどんな豊かな生活を楽しんでいるのだろうと想像します。

07年9月現在
(捕獲・運搬など、別途経費等かかるので事前に確認しましょう)
避妊手術 : 8,000円
去勢手術 : 5,000円
予防注射(3種)3,000円
不妊手術と予防注射セット+2,000円(余裕があればお勧めします)
ノミ・ダニ駆除(現在無料でしてもらえます)できたらしてあげて下さい。皮膚病の予防になります。
ミミカット : 無料サービス


テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

小丸ちゃんママさんが公園へ・ナナちゃん近況
9月23日

今日、小丸ちゃん(ふくちゃん)の里親さまが神戸に来ておられて、「ふくちゃんのいた公園を見たい」とのことで案内させて頂きました。

急な坂道と公園の広さにビックリされていました。
「こんなに広いところで走り回っていたんだ、今の家じゃ可愛そうかな」
いえいえ、絶対そんなことないです。
広い部屋を小歌ちゃんと自由に遊び回れて、可愛がって頂いて、なにより安全・安心な暮らしの中で育てて頂いています。
小丸ちゃんは、ホームレス暮らしを経験したからよけいに今の家庭生活が幸せだと思っています。

しばし、猫の話が尽きませんでした。
「猫が怖い」とおっしゃっていたけれど、な~~に
本物のネコバカ(失礼)
私以上のネコ大好きじゃないですか
・・そろそろ歌ちゃん・丸ちゃんが恋しくなる時間かな~

ナナちゃん
イナさん所に一時保護されているナナちゃんは、
ケージを自由に出入りして、ご飯はケージに戻って食べています。
イナさんがごちそうを食べさせているので、
今ではお腹周りが太ってきました。
(メタボ近し?)
ナナちゃんのお兄さんから、今の家にやってくるネコの動画を見せて頂きました。
白黒の八割れさんで♀だと分かったそうです。
ベッドの上に登って遊んでいる姿が可愛いです。
この子も保護して連れて行くそうです。
きっとナナちゃんと仲良くしてくれると思います。
(見ていると外ネコ同士の方が仲良くなれるようなのです)
二匹を幸せにして下さるお兄さんに、猫神様から感謝状が届きますように

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

抗生物質は魔法のクスリ
9月23日
20070923221142.jpg


抗生物質って凄い!
水曜日に「ベル」(♀5才)のホッペが腫れていた。
蜂にでも刺されたのか、それとも虫歯でも・・とは思っていたが、
金曜日になるとホッペの毛がすっぽり抜けてケガをしている。
ケガから化膿して自分で掻いてウミを出した物だろう。
化膿が怖いので抗生物質を水に溶かして缶詰に混ぜ呑ませた。

思えばこうやって直ぐに薬を飲ませられるってすごい。
一昨年の夏、去勢していないオスはケンカでのど元に穴を開けられた。
私たちが思いつくのは、自分家にある抗生物質を飲ませること。
人間用のを分量を加減して呑ませ続けた。
お隣のご主人が歯医者でもらった化膿止は顆粒状なので重宝した。
「あと二本しか歯が残ってないからな」(爆)
大事にして下さいませ・・

一旦治ったかに見えたケガだが、今度は皮膚病になり、触らせてくれない子だったので何も出来ず、大好きな缶詰とミルクを飲みに来てヨロヨロとする後ろ姿を最後に消えていった。きっと別れを告げに来てくれたのだと思っている。

それだけに、いつでも使えるだけの薬を、それも診察を受けずに出して頂けるのは本当にありがたいと感謝している。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

ナナちゃん、検査無事終わりました
9月18日
ナナちゃんは土曜日に保護されて、血液検査などのためにY先生の病院に入院していました。
ナナちゃんの検査結果は、「両方とも陰性やったで」
猫エイズも猫白血病もありませんでした
「きれいな猫や。よく食べてるし健康や」って、うれしい言葉でした。

最初に検査をしたグーちゃんが猫白血病ウイルス感染症陽性だったことで、大きなショックを受けましたが、
その後、ふくちゃん・ムッシュ・ナナちゃんと検査結果が全て陰性だったことで本当に安堵しました。
又、里親募集を復活できそうに思います。

一年前なら思いも寄らない検査です。
お金も知識もなくてただエサをお腹一杯食べさせるだけが精一杯だった。
可愛い子達を沢山沢山亡くしてきて、やっとここまで進んで来られました。
公園の猫たちは、厳しい環境の中ではなかなか生きられません。

ふくちゃんに続き今度はナナちゃんが里親さまの家庭に迎えて頂けます。
予防注射は念のため5種をして頂きました。

一旦わが家に連れ帰って、エサを上げても食べようとしない。
イナさんが迎えに来て、声を聞くと「ニャ~ニャ~」と甘えて鳴き始めた。
私はナナちゃんとあまりお付き合い無かったので誘拐犯人くらいに思われていたのかな~

Y先生はいつも「応援するで」と言って下さいます。
今日も「検査代と予防注射代でいい」・・。
3泊の入院費と注射代や皮膚病の治療費も。
「あんたからお金もらわれへん」なんて。
「先生、先生ところがつぶれたらみんな困りますから」
ほんまに先生ところで沢山沢山の動物たちが助けて頂いているのです。




テーマ:里親探し - ジャンル:ペット

ふくちゃん 改め 小丸ちゃん
9月17日

新しいママさんから、新しい名前を頂きました。

「小丸ちゃん」
通称 丸ちゃん。

歌丸さん(落語)の大ファンなので、
先住猫ちゃんは小歌ちゃん
ふくちゃんは小丸ちゃんです

いつも笑いが絶えない家族になりそうです。
良かったね、丸ちゃん、歌ちゃん

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

ふくちゃん サクラ咲く ナナちゃんも続きます(=~-~=V
9月15日
20070909213423.jpg


お試し預かりに行っているふくちゃんの里親様から、ふくちゃんを家の子にしたいというお申し出を頂きました。
やった~
嬉しくってまたまたうれし涙。

里親様、ふくちゃんを末永くよろしくお願いします。

ナナちゃん


今朝、ナナちゃんのお兄さんとイナさんがナナちゃんを無事保護しました。
検査のために獣医さんに連れて行き、連休明けまで預かって頂きます。
あと、数日イナさん宅に預けられ、お兄さんが家の鍵を手にしたら、新居に初入居です

20070915220531.jpg

実は公園から里親様に家庭に迎えて頂いた子は、もう一匹います。
「パテイ」という推定二歳の雌猫。
昨年末から始まった不妊手術作戦の最初に、里親募集しました。
優しい青年達に迎えて頂いて、幸せに暮らしていると思います。

なので、ふくちゃんは二匹目。
ナナちゃんが三匹目。
あと、誰が続いてくれるのかな。


テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

議員特権?
9月18日
この問題は、他のところで追求していこうと思いますので、削除します。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

ナナちゃん
9月13日
ナナちゃん


昨日今日とナナちゃんを捕獲しようとして失敗になった。

ナナちゃんは、Oさんが好きです。
Oさんもナナちゃんのことを気にかけて下さっていて、
今回「猫を飼える家」を購入されました。

ナナちゃん、ここのところ何かにおびえて逃げ回っているそうです。
昨日も逃げていたって。
イナさんは出来るだけ早く保護して上げたいと言います。
昨日、キャリーを用意して、イナさんと私がキャリーに入れようとしたけれど、入り口で抵抗に遭い逃げられました。

今日はナナちゃんのお兄さんが、汗だくになって走ってきました。
それで洗濯ネットで捕獲しようとしたのですが、お兄さんは未経験のためネットの口から逃げられた・・

明日の夕方頑張ります(雨かな)
ダメだったら土曜、みんなで頑張らなくっちゃ。
ナナちゃん、幸せになるためのハードルだから頑張ろうね。

予定は、Y先生に検査をお願いします。
予防注射をします。
検査結果が良ければ、○さんに家猫修行させていただけたら一番良いのですが(まだ承諾頂いてないのですけど)

引っ越しは10月14日頃。
それまでに慣れてくれたら嬉しいのですが。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

元議員って??
仲間のイナさんがやってきた。
エサをやっていたら公明党の元議員だった古○○一という人が来て、
「猫にエサをやるのは法律違反やからやめろ」
「あんた名前は」と聞いたそうです。
イナさんは『○ちょうめのイナです』と名乗ったけれど元議員は自分は名乗らず。
イナさんは知ってるけれどご近所同士なのです。
おとなしいイナさんが、
『神戸市のモデル地区指定を受けて避妊手術してやってるからいいんです。公園ミーティングでも話し合っています』
というと
「そんなこと知らん、保健所に電話してもっとパトロールするようにいうたる・・猫のフンで迷惑してる、糞害や」と携帯電話をかけました。
(このあたり公園の猫はグレイを見かけただけで殆ど居ないと思うんだけど)

公園にすぐ隣接する家に住んで居られる。
ご近所では、ここの犬(最近死んだらしい)が放し飼いで長年よその家の敷地でウンコをしているのを見て可愛がっていないのだと思っていたそうです。
元議員さん、知っていますか?憤慨です。

議員を辞めるまで何十年と法律も含めて仕事をしてこられたと思うのに、『動物愛護法」も知らなくて、頭ごなしで聞く耳持たず。
もしかして、私、選挙の時だけ頼みに来る○○学会の方に頼まれて投票したことあるかも・・と思うと人を見ずに投票したことを忸怩たる思いになった。
公明党関係の方、どうかこれからは私の所に選挙の投票依頼に来ないで下さいね。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

血液検査と涙の理由
9月11日
毎日、問題がなければブログを書くこともないのだけれど・・

基本的に私はつらいこと、ひどいと思われることでも真実を書こうと思っている。
それは読んで下さる方が、同じようなことに直面されたとき、こういう考え方もあると参考にして頂けたらと思うからです。

先日、グーちゃんを入院させたことを書きました。
そして血液検査をしました。
結果は「猫エイズ陰性・猫白血病ウイルス感染症陽性」
電話でお聞きしたとき、本当につらかった。

そのとき送った
グーちゃんを支援して下さっている方への報告です。
「決断」
皆様へ
このメールは、里親募集の応援をして下さっている皆様に送らせて頂きます。

日曜日に、かかりつけのY先生にお願いして、グーちゃんの血液検査を依頼しました。

今朝、先生から電話を頂き、
グーちゃんの血液検査結果を教えて頂きました。

「猫白血病ウイルス感染症」 陽性が出た。
「猫エイズ」は陰性だった。

思いもかけず、猫白血病感染でした。
本当にショックです。
せっかく皆様にご支援頂き、グーちゃんを引き取って下さるという嬉しいお申し出まで頂いたのに。
かわいそうなグー。

エサやりを終えてからY先生の所に行き、意見を交換させて頂きました。
「白血病の猫を一匹だけで飼っている人もいる。
この子はそういう状態ではないみたいで、ちょっとおかしくなっている」

私は朝、陽性だと聞いたときから、決断を下しました。
グーちゃんは、安楽死をさせよう。
もう、彼女が生きていける場所はないし、体力もありません。
のたれ死にだけはさせません。

私は以前、子猫を保護したものの、飼うことも出来ず保護活動をしておられるMさんに、
「チャンスをやって頂けませんか」とお願いしましたが、心当たりを当たって下さったけれど、
一寸の差で他のネコちゃんが行ってしまい、保護猫は行き場を失いました。
涙で言葉に詰まる私にMさんは
「私の方が貴方よりちょっとだけ強いから私が連れて行きます」と言って下さった。

今では私もその頃より強くなった。
強くならなければ猫は守れません。
グーちゃんを守る私の方法が安楽死なのです。

それから、
公園の猫たちの中で、若くて元気な子から家庭に復帰させたいという願いで「里親募集」を始めたところで、皆様がブログを立ち上げて下さったり、紹介をして下さったり、沢山の応援を頂いています。

今、猫白血病がどれくらい罹患しているのか分からない状態で里親募集を続けることは出来ません。
本当に本当に、残念だけれど、里親募集は一旦中止しようと思います。

これは負けたと言うことではなくて、どうやれば解決できるか、考える時間が必要なんです。
私には殆ど金も力もないけれど、後押しして下さる人がいる限り、「やめた」と言うことはありません。

グーちゃんを検査したおかげで、山の猫たちの状態をかいま見ることが出来ました。
これも継続した保護活動があったから分かったことだと思います(西部衛生監視事務所の言葉)
グーちゃんを引き取っても良いと言って下さった方に、ご迷惑をかけることを避けられました。
グーちゃんをのたれ死にから救うことが出来ます。

今日、グーちゃんに病気の説明をして、もう死ぬんだよと伝えてきました。
あっちで会おうね、迎えにくるんやで。って。

追伸
ふくちゃんの血液検査を水曜日にして頂くよう、予約しています。
出来れば彼女の里親募集はうまくいって欲しいのです。
場所が山の南面と北面で分かれていて交流がないので、
親からの感染がなければ無事だと・・

0707mussyu-1-2.jpg


こういう経緯があって、昨日、ムッシュをY先生の所に連れて行った。
先々週くらいから具合が悪そうだったけれど、グーちゃんのことやふくちゃんや、色々あって馬力のない私は一つずつしか出来なくて。
昨日やっと、ムッシュを治療と一緒に検査をしてもらおうと連れて行く。
洗濯ネットのファスナーを開くとムッシュは自分から入った??
キャリーで運ぶと猫も重くて仕方ないのだ(やせても5,5キロある)
先生に預けると、キャリーの奥に小さくなって震えている。

今朝、電話をかけて結果を聞く。
ドキドキ。
「あ~陰性やったで」
とこともなげに告げられた。
良かった、ありがとう、、、涙って良く出るモンだな。
すごーく嬉しかった。

夜、迎えに行くとキャリーの奥で小さくなって、
「ムッシュ」とこえをかけると小さな声で「ナー」って鳴いた。
先生「見てみ、鳴いたやろ。今まで鳴かなかった、分かってるねん」
ムッシュ、ムッシュと呼ぶと奥から出てきて大きくなった。
[血液検査と涙の理由]の続きを読む

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

ふくちゃん京都へお試し預かりに行く
9月8日
今日、ふくちゃんはお見合いに行きました。
今朝はずっと一緒にいるのでご機嫌なふくちゃん。
遊び疲れて寝始めた頃、お出かけの時間になった。

かあちゃんは乱暴にもふくちゃんの入ったキャリーを肩にかけ、バイクで駅まで走った。
ふくちゃん「怖いよ~怖いよ~」
無謀なかあちゃんのせいで神戸駅に着いたふくちゃんはウンコをもらしてしまった・・

JR新快速で京都駅へ1時間。
気分が悪くて鳴いてしまった。
それからバスで30分、車酔いがひどくてとうとう鳴く元気ない。
なのにかあちゃんは、バスの方が楽なんだな、なんて思ってる。
          ふくちゃん出発前
20070909213423.jpg

バス停には里親候補者様が迎えに来て下さっていた。
若くて美人、しっかりして優しそうな人だ。
昔からの住宅地で一戸建ちの二階が住居だ。
家のすぐ後ろは吉田山、空気がきれいで車もあまり通らないので静かな所だ。

キャリーから出たふくちゃん、初めてのところでビックリ、車酔いで吐いていたことが初めて分かった。
ごめんね、ひどいことばかりしてほんまアホなかあちゃんだ。

お家には3ヶ月の「小歌ちゃん」がいる。
保護されたときはノミと耳ダニなどでひどかったそうです。
この子の相棒にふくちゃんが呼んで頂けたと言うことです。
黒っぽいキジ模様に黒く縁取られたまん丸な目でふくちゃんを見つめている。時折「フー」って。
ふくちゃんは平気。
気分が悪くてかあちゃんにもたれていたけれど、少しずつ回復。
ソロ~リ探検を始めた。
  微妙な間合い 1
微妙な間合い

小歌ちゃんの魅力的なおめめが、ふくちゃんの行くところを追っていく。小歌ちゃんも少しずつ移動していく。
ふくちゃん、少しずつ間合いを縮めようとする。
          微妙な間合い 2   
微妙な間合い

今日は「お試し預かり」で一週間ふくちゃんと小歌ちゃんと里親様で過ごして頂く。
彼女は猫を飼うのは小歌ちゃんが初めて。
「猫がこわいんです・・」と言われて、なかなかふくちゃんを触って頂けませんでした。
でも、優しくて誠実な方なので、一所懸命ふくちゃんと仲良くしょうとしておられる。
そのうち「うちの小歌」が「うちの小歌とうちのふくちゃん」と言って頂けると思います。
      小歌ちゃん
20070909225300.jpg



私の感想
ふくちゃんを観察すると、精神状態がとても安定していて、動じない。
性格も穏やかで好奇心が強く活発です。人が好き、犬も平気です。
体もよく育っていてこの一ヶ月でとてもしっかり大きくなりました。
心身共に欠点のない子だと思います。
欲目でいえば、ふくちゃんを家の子にされた方は、きっと猫と暮らす楽しみを満喫出来ると思います。

ふくちゃんにとってこの一ヶ月は激動のネコ生だった。
9月6日に捨てられて怖い目、ひもじい目、酷暑の中での野外暮らし、蚊の大群の中で。こうちゃんとの別離、そして予防注射・避妊手術・全身麻酔を打って検査。そしてバイクや電車やバスに乗せられ知らないところへ。
たった4ヶ月の子猫にはつらい一ヶ月だった。

ふくちゃんを捨てた人は最大の虐待をしたわけだけれど、家で飼っているときはかわいがっていたと思う。
ふくちゃんはのびのび育った子です。人の手が好き。人の手は優しい物だからナデナデして欲しい。(叩かれた子は手を怖がる)

ふくちゃんがいなくなって寂しいわが家。
今もふくちゃんのミャオ~ 、ク~ と話しかける声が聞こえます。
           猫の幼稚園 仲良し
猫の幼稚園、仲良し

帰りに「猫の幼稚園」さんへ寄る。
いつもお世話になって、教えて頂くことばかりです。
卒園した「十兵衛」君が里帰りしている。一人っ子になった「十兵衛」君、噛んだり蹴ったりしているので再教育とか。
一人っ子はこうなることが多いので相性の良い子を兄妹に迎えたいとの里親様の意向だそうだ。
おきにいりの永遠君、しばらく会っていなかったけれどあまり育っていない・・元気なら良いけど。抱いて帰りたいくらいいじらしい。
病気中のチビーズちゃんたち、早く元気になってね。

小さい子が永遠君(赤ちゃんの時ネバネバネズミ取りにかかっていた)
20070909225331.jpg

今夜でお別れ ふくちゃんねんね
9月7日
ふくちゃんは明日京都のお家にお見合いに行きます。
きっと優しいママさんと、一ヶ月小さい妹が出来ると思います。
今夜はふくちゃんと最後の夜・・
なのに、私が遅くまでこんなブログに時間を使ってるもんだから、
せっかくお布団で待っててくれたのに、二階に上がってしまった
ZZz・・
20070907234314.jpg


ふくちゃんが家に来て以来、もんちゃんは家なき子にもどってしまった。
ふくちゃんの声が聞こえると「ウ~」といって出て行ってしまう。
今朝から姿が見えなかったモンちゃん。
夜遅く来たのでおいしいご飯を持っていったけれど、ふくちゃんが呼ぶ声を聞くと食べずに車の上に・・
「モン様、食べて下さい、おねがいします」
・・モンちゃんの寂しげなお姿、見て上げて下さい。
モンちゃん、明日からお家で暮らそうね。
20070907234349.jpg

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

ふくちゃん検査しました
検査後お迎えにいくと麻酔が覚めずもうろう状態。
それでも「出してよ^だっこしてよ~」と両手を出しています
20070906214326.jpg


ヒザの上でねんね。眠いんだけど眠れニャイ
20070906214155.jpg


ヒザの上でねんね。
20070906214226.jpg


検査キット
20070906214350.jpg

 右の線が陰性の印、陽性は左に線が表れる。ふくちゃんは陰性です
20070906214258.jpg

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

嬉し涙の検査結果
9月5日

今日はふくちゃんの血液検査をしました。

朝、病院に連れて行き、ふくちゃんをお願いして、晩に連れに行きました。
検査結果が不安で一日暗かった。
ダメだったらどうしよう・・そればっかり。
エサやりを終えて病院に行く。
「電話しょうと思ってた」
ドキッ
「両方ともよかったよ」
思わず涙・・
うれし涙です。
キャリーに入っているふくちゃんを出して抱きしめた。
なんだか手足からだが冷たい。
まだ麻酔から覚めていなくてボーッとして歩けない。
それなのに、私のヒザを求めてくる。
キャリーに戻すと、格子の間から長い両手を出してくる。

自宅に帰ってもよろよろしているのに自分でトイレに行った。
私が歩くたびについてくる・・ヨロヨロ・・
今も(10時)まだヨロヨロしてる、大丈夫だろうな。

今夜は今からダッコして寝ます。
これでふくちゃんは、安心してお嫁に行きます。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

みんな家出だ、なんなんだ
9月2日
  ふくちゃん おもちゃで遊ぶ
20070902235654.jpg

  ふくちゃん 元気すぎ
20070902235736.jpg


里親様募集中で、ありがたいことに今週末にお見合いをさせて頂くことになった「ふくちゃん」
もう公園に戻すと、こうちゃんのように連れ去られるのが心配なのでなんとか家においてみることにした。
家の子達の協力?なしには出来ないことなので戦々恐々・・

今朝、お隣に預かって頂いていたふくちゃんをもらってきた。
さっそく我が家のラッキー姉ちゃんは「フー」と言ったきり出て行ってしまった。

帰ってきたばかりのモンク兄ちゃんも「ウー」と言って後じさりしてでて行ってしまった。

しんちゃん兄ちゃんも知らん顔して寄りつきません。

チビ猫ふくちゃんはご機嫌で家の探索。
走り回っています。
爪研ぎ器を見つけてカリカリもできたし、姉ちゃんのトイレでオシッコもウンコもできました。
おもちゃで遊んで疲れたら伸び~~と。

私が留守の間はケージです。外まで不満の声が聞こえる。
帰ると又放牧すると甘えっぱなし。
子猫は可愛い、やっぱりメロメロかな~

エサもよく食べるし、問題の少ない子のようだ。
手足が長くて体がしなやかなのでよく飛び上がる。

モンクが網戸を開けて帰ってきた。
ふくちゃんが唸って、モンちゃんは固まる。
エサも食べずに出て行った。
私に当たって手を噛んでいった。

びびっていたけれど、大人猫の方が遠慮してくれて助かります。
ラッキーちゃんが帰ってきたのでふくちゃんをケージに入れたら、鳴いて「出してよ~」
可愛い声で鳴いている。あ”~怒ってるわ~

ラッキーちゃんもご飯を食べたら「フー」と言ってまた二階に上がってしまった。
こうして、みんな家出だ、ふくちゃんの一人勝ちだった

テーマ:里親探し - ジャンル:ペット

今日も猫びより
  今朝のふくちゃん 公園にて
20070901232007.jpg


ふくちゃん、けさ5時過ぎに捕獲、なんて言うことない。
いつものところで座っていただけ
ご飯まだもらっていないと思って少しだけ食べさせた。
これが間違いの元だった。
すでにエサをもらっていたようで、手術前に吐いたそうだ。
それであと具合悪くなって、朝一番の手術だったのにDrは点滴までして夕方まで様子を見ていて下さった。
忙しいのにえらい目に遭わせてしまった。

ふくちゃんにもつらい思いをさせてしまった。
迎えに行くと一寸元気が足りない。
でも、車の中では甘えて手を出したり頬を寄せてきたり。
体を伸ばして眠る余裕も。
メチャ可愛くて、猫友さんの言うとおり、メロメロになった。
抱きしめてやりたい・・手術したあとだよ~~ダメです。

点滴をしたので食べると吐くかもしれないと言うことで、お隣に一晩ケージごと預かって頂く。

 病院のケージにて
20070901232100.jpg


ふくちゃんを預けてから6時半頃グーちゃんを連れに病院に行く。
土曜は昼までだった・・先生不在。
とにかく、ベルを鳴らして奥様に出て頂いて、グーちゃんに合わせて頂いた。
グーちゃん、フーと言う。
こんなこと今までなかったんだけれど、忘れてないよね~
でも、こんなに元気になったかと思うと嬉しい。
目にも力があるような。
エサも食べられるようになったみたいだ。
今日はグーちゃんの顔を見られただけでよかった。

家の猫の事情を説明すると、もう少しここにいても良いですよと言って下さった。
私的には、一度家猫修行させてやりたい気がする。
そうしたら、里親様も少しでも楽にして頂けるのでは。

猫友の皆様が色々力を貸して下さいますので、
グーちゃんにとって良い方向で予定を組み立てることが出来そうな気がする。
まず、明日先生と相談したいこともある。
里親様関係者の皆様とも話し合いたいと思っています。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット