公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
エサやりトラブル話し合い
11月29日
夕方ハーさんのエサやり場で保健所の人たちと現場を見る。

朝のエサやりをしておられる方も来てくださった。
彼女は猫の名前を書いた紙を何枚も持ってきた。
たくさんたくさんの名前が書いてある。
「これはみんな地震から後、世話してきた子の名前を書いてる。
空き地になったところでエサをやっていたが、最初ご苦労さんと言っていた人も苦情を言うようになった。
いなくなった子もいるし、泣く泣く獣医さんで安楽死させた子もいます。
今も思い出すと辛い」

不動産屋が男女二人やってきた。社長、自分の言い分だけ押しつけうるさいだけだった。
女性は落ち着いて理論的に話をする。地域猫の勉強もしている。プロだな。

苦情についてまとめると
1.猫の飛び出しがあって危険だ。
2.住宅の敷地に猫の糞が多くある。
3.猫アレルギーの人が困っている。
4.住宅の敷地や玄関先にエサのトレーなどが入れられている。ラップの上におにぎりが置いてあった。

どれもエサをやっている5匹の猫だとは断定できないけれど、住民から見ればみんな同じなのだ。

1の「交通事故の誘因になりやすい危険がある」と言われると、否定できない。
どこでも起こりうることだと言っても、実際この場所がその危険があり、原因を5匹の猫だと言われると「問題の解決」としては猫に不利だ。

2の敷地内の猫の糞に関しては、人命に関わらないので猫のトイレの設置など提案はできるだろう。

3の猫アレルギー云々はもし猫を飼っているのが賃貸でなく持ち家だとしたら文句の言いようがないと思う。

4のおにぎりやトレーについてはこちらも初めての情報だった。
ほかにもエサやりする人がいるってことだ。
こういうやり方が猫の排除につながってしまう。反対派にとってはエサやりは皆同じだ。

今回痛感したことは、自分が関わっていないことを代弁するのは難しい。
地域猫活動などしているので、理屈が分かって反論しにくくなる。
地域の事情や会長の立場も分かるだけに突っ張りきれない。

猫の飛び出しによる交通事故が起きる可能性と責任の発生、猫たちが虐待を受ける可能性のあるこの場所の他に、5匹の猫たちが生きていける道を考えたいと思う。

住宅地でのエサやりトラブルで、エサやりする人たちが人の説得などを聞かない、聞けないのもよく分かった。
反対する人が多い中で取り囲まれれば背を向けるしかない。

その人達は人間の中でも一番心の優しい人なのだから。



テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

ハーさんエサやりトラブルに悩む
20070801222724.jpg
       7月31日、この場所でTNRしました
11月27日
仲間のハーさんは一番最初にエサやりに加わってくださった。
彼女のおかげで私達は活動を広げることができた。

ハーさんは公園のほかにもエサやりをしている。
私の住む自治会の住宅地だ。
気を遣いながら暗くなってのエサやりだ。

26日、自治会の倉庫の上(昔は家の車庫だった。家が地震でなくなり上はコンクリート)
でエサやりをしていると最近近くに引っ越してきた女性がえらい剣幕で怒鳴り込んでトラブッてると。
私の地元なので出かけて話をすることにした。
女性が車で帰ってきたかと思うと、Uターンして急発進して走っていった。
自治会長のところに行ったのだ。

会長「ここでエサやらんといて、エサやるから来るんや・・」
あ”~みんな同じことを言う。

「エサやるなってことは餓死させろってことやで。それならはっきり殺せというたらええ。殺したらええやん。去年ここで3匹毒殺されたんよ。そんな危険な人間がいることの方が問題や」
「野良猫は長生きできへん。避妊手術して増えないようにしてエサやってくれてるやん。
ほんまは地域の人がせんとあかんのちゃうの・・」
「公園でも地域ネコとしてやってる。そういう時代になったんやで」

会長は「会長が許可したというてる言われた。許可してない」と言って帰られた。

直に女性が帰ってきて、大声でギャンギャン言いつのる。
「ここでエサやらんといてください」
・・・・
女性が小学生の子どもに「おじちゃん呼んできて」
会長がやってきた。
「エサをやったらあかんとは言われへん。あんたらで話し合ってもらわんとしょうがない」と言って会合に出かけた。

女性はネコのえさ入れや水入れを捨てている。
ハーさんは「あなたは心がないのよ」と怒る。

女性の言い分は「車がよく通って、この間ネコの子が轢かれた。ネコをよけようとした車がハンドルを切って自分の子が危なかった。ここでネコにエサをやるから集まってくる。自分の家に連れて帰ったらええでしょ」

「そういうことはどこででも起こりうることや。自分で気をつけるしかない」
「自分の家に連れて帰れというのは、財産権の侵害という罪になるんやで」
「エサをやるから集まると違う。ここの子は元々隣に住んでいたおばあさんが飼っていたり世話をしていたけど、おばあさんが老人ホームに入っていなくなったので行き場をなくした子らや。だからここでエサをやるのは必然なんよ。」
いっぱい話をしたけれど、こういう話はお互いが平行線になる。
ここでのエサやりは譲れません。
(ネコは5匹です)

結局、ネコが食べ終わるまでハーさんがついてみておくと言うことになった。

なお、エサやりは朝は近所の人がやっていて夕方がハーさん。
隣保の人も会長も誰が世話しているのかご存じです。
会長は温厚で人望も厚く、私は好きです。
自治会活動は「会長に言われたら断られへん」と常々話しています。
私のエサやりも、公園の活動もご存じで、行政がどう指向しているかも分かっています。
「ネコのことまで手が回らへん」と言われています。

女性の子どものことが心配なのも分かります。
話をしながら自分がそうだったらどうするかと考えました。
でも、いつも子どもと一緒にいても事故は起こる。・・難しい問題です。
家の階段を下りたら、車が頻繁に通る狭い道。路上駐車もあります。
そんな賃貸住宅を選んだのも問題ないのかなって?

今日、エサやりから家に帰ってくるとハーさんがやってきて、不動産屋がきてエサやるなって言ってるので話をして欲しい・・
待っているというので行くといない。
なんで不動産屋まで出てくるの?
区役所に行って話をしてきたそうだけれど、話の内容を聞きたかったです。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

猫バザーは日差しも地域も暖かかった
11月24日   三角屋根の広場
11/24桜あいさつ
第7回目の「桜の園づくり」は、とても気持ちのいい小春日和の一日でした。
私たちの参加は2回目。
「今年もするやろ思って小銭もってきた」と言う方もいて嬉しかった。
「猫は嫌いや」と言っていた○丁目自治会の会長も品物を持ってきてくださったり、公園で集めたシイの実を煎って「食べよ~」って。
公園管理会の会長も買い物をしてくださった。
近所の友達もたくさん来て手伝ってくださった。
公園ミーティングに声をかけてくださった緑地係(今は転属)のOさんも顔を見せてくださって嬉しかった。
「まだ続いてますね~Iさん(緑地係)はあちこちで公園の話をしてますよ」と教えてくださった。
みんなの笑顔が暖かかった。

お昼には豚汁が・・たくさん炊いたのでめちゃおいしかった
恒例の大バームクーヘンはとても上手に焼けて竹の芯からきれいに抜けました。
焼き芋、今年は真っ黒にならずおいしく焼いてくれました。
何も手伝わなくてごめんね。
みんなめちゃおいしかった~
        バザー風景
11/24桜バザー1-2

私たちの猫バザーも皆様のおかげで順調。
売り上げ 19,100円
募金    5,050円

その他、猫友コウボウさんがたくさん募金してくださいました。
皆様ありがとうございました。
「里親募集」頑張ります

公園の地域の皆様との交流もたくさんあって、温かい笑顔に包まれてうれしいバザーでした。

私たちの仲間もたくさん参加してくださって、「みんなで」やることの力強さを実感しました。
普段会えない仲間達と、犬や猫の保護について語ることができて有意義な時間でした。
ただ、時間がなくてゆっくりお話しできなかったのが残念です。
「猫の縁が人の縁」になり輪が広がってきました。

エサやりに力を貸してくださっているMさんは忙しいのに差し入れを持ってきてくださった。
長田のエサやりさんにTNRの必要性を説き続けている若い女性のmakiさんが駆けつけてくださった。
香川県からいつも応援してくださっているコウボウさんも遠いところを日帰りで来てくださった。
猫たちはお昼寝タイムだったのと人の喧噪にビビッタのか出てこない。
ポチ子だけが住み処のそばなのでやってきて、コウボウさんのヒザがべったりお気に入りになりました。
子ども達も「ポチ子ポチ子」とダッコしたり携帯で写真取りました。
子どもはいい写真を撮りますね。
        みんなに囲まれてポチ子ご機嫌さん
11/24コウボウさんポチ子320


プレーパークのみなさん、お世話になりました。
緑地係のみなさん、ありがとうございました。
来年も・・
         ペンキ塗り ママは服が心配や
11/24桜三ーペンキ塗り

11/24桜ロープ遊び

11/24桜ネット遊び

全国の皆様、この公園で「地域猫保護活動」が成功している理由は、
こういう暖かい地域が育ってきていることにあると思います。
私には日本全体が社会問題として猫保護に動き始めているような気がします。
「山が動いた」動き始めているのは確かのようです
         ポスター動物福祉協会さんからいただきました
11/24桜三ーポスター切り抜き-2


テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

明日は公園イベント・ネコバザー開きます
20071111220128.jpg
11月23日
明日は公園で「桜の園づくり&プレーパーク」
私たちもネコバザーを開きます。
「TNR]と保護活動の成果を実感していただきたいと思います。
お近くの方、時間がありましたら遊びに来てください。

スケジュール
9:30 受付開始
10:00 ~桜の苗木植栽・林の手入れ・バウムクーヘン作り
12:00 昼食 各自弁当持参 豚汁用意しています(マイカップ持参)
13:00 プレーパーク(冒険遊び場)・バザー・焼き芋
15:00 終了


主催:公園を考える会
中部土木公園緑地係・区役所まちづくり推進課
私たちは「公園を考える会」のネコ部会として活動させていただいています。


去年初めて若い仲間が提案してくださった。
おばさん達は「ネコバザーって何?」程度だった。
ただおばさん達はもの集めが上手なのです。
若いメンバーは残念ながらやめていったけれど、これからおばさん達はフリーマーケットに進出したのです。

一年間、みんなでほんまよく頑張りました。
たくさんのこと、経験して泣いたり笑ったり。
たくさんの皆様のご支援のおかげです。
そして明日はきっと地元の支援者の皆様も手伝ってくださると思います。
明日一番嬉しいことです。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

猫のおもちゃは毛皮を使って作られてる!?
11月19日
先日、瓦屋さんに屋根修理をしてもらって(神戸震災後に建てなおしたけれど施工不良です)
屋根の上をガンガン音立てられ、
その夜からモンちゃんストレスで「ワォワォ」鳴いて寝られませんでした。
猫のおもちゃを買ってやろうとペット用品でさがしたら、みんなというかほとんどか、毛皮(ファー)を使っている。

中国製だとしたら、この毛皮は猫の毛皮の可能性高いじゃない。
猫に猫の皮で遊ばせるなんて、こんなことさせられないわ。
結局胸くそ悪くして買わなかった。

何でも反対とは思わない、
でも、
本当に毛皮でなければならないのだろうか?
ほかの物では代用できない物なのだろうか?
昔毛皮の服を着ていたことがある。
知らなかった。
知った今、毛皮を持っていることが恥ずかしい。


毛皮は必要ですか

毛皮は動物の物


テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

未来の日本へ・大切な若者達
11月14日
   まん丸 ギャオのお尻
20071114224605.jpg


一昨日、嬉しい電話を頂いた。
近郊の方がエサやりを手伝ってくださるという。
夕方、早速来てくださった。急な坂道をチャリンコに乗って。
会えば見上げるほどに背の高い凛々しい若者でした。
今日もイナさんと一緒にエサやりに来てくださった。
「ネコを覚えるより覚えてもらった方が早いかも

イナさんは今年初めにエサやりに参加してから休みなしで頑張ってくれています。
でも、仕事の休みの日も病院に薬を取りに行ったり、入院中の親を見に行ったり、ご夫婦で忙しい。
そんな彼女にとても嬉しい助っ人様なのです。

昨日、暗くなった東屋に、この前猫小屋作りに来てくれたピー助ちゃんが猫缶を差し入れに来てくださった。
仕事から帰ってすぐに来たのだそうです。
一緒にギャオやグリーンに会いに行き、ギャオのお尻を品評会しました。
絶対「はっちゃん」よりかわいいって。
この子を一番に里親募集しようって。
かわいい写真を写しますね

昨日夜、えのきちゃんが猫バザーの品物を持ってきてくださった。
若いけれど彼女は一人で垂水の公園の猫保護を始めた。
エサをやりながら、一人でTNR活動をしている。
そして最近、猫の縁が人の縁を広げたそうで、ネコ友が増えました。

この頃、えのきちゃん、いい表情。
なんだか一皮むけてしっかりしています。
今日は自信に満ちた女性に見えました。
頑張れ
いつも応援しています

垂水の近くの獣医さん情報など教えていただけたらありがたいと思います。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

猫にも使える歯槽膿漏の特効洗口液と歯磨きからのお知らせ
11月14日

デンタアプローチの製造が間に合いません。
購入ご希望が殺到したようで製造が追いつかなくなりました。

「いまのところ製造間に合いません、今日からの注文来年発送になるんです」(11月12日)
とのことです。

猫のことの問い合わせも多いそうです。
我が家のモンちゃん、モニターしていますが、
5回ほど塗布して、もう2ヶ月近く再塗布やめていますがきつい歯垢のにおいは消えたままです <やったね>
  モンちゃん こんなメタボになりました
20071114225857.jpg


使用の時は、デンタアプローチ洗口液10倍希釈でお願いします。
原液ではきつすぎますし、15倍では効き目は感じられませんでした。

関心を持ってくださった皆様にお待たせすることになり申し訳ありません。申し込みは受け付けていますのでよろしくお願いします。
高野槇をつかった天然素材を丁寧に抽出するようなので大量生産というわけに行かないようです。

え~と、私のところ別にCM料頂いてる訳じゃありません。
共感しての応援です

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

公園ミーティングにて
11月10日
  ご飯の後で おいしいものは後出し、別腹ニャン 
20071111215912.jpg

「公園の猫」についての報告は、猫小屋を作って置かせていただけることがどんなに先進的なことか、全国から反応が多かったことを報告しました。
岡山動物愛護会の講演会に行き話を聞いてきてきたことの報告。
神戸はTNRが進んでいること。
それは動物福祉協会のみなさんや個人のボランティアさんが頑張っておられること。
私たちのところは今年10匹くらいの捨て猫があり、公園で暮らしている子もいる。
公園猫の里親募集をしていること。できたら地元での里親募集をしていきたいこと。「契約書」を交わしていることも報告しました。
今度の「桜の園づくり」では猫バザーを開きたいこと、
など話をしました。

川池婦人会活動
西部衛生監視事務所から報告、
川池婦人会さんが猫活動として地域の一軒づつに「正しい猫の飼い方」リーフレット700枚を配布し、猫を飼っている家(18軒?マンションなどは分からなかったようです)に迷子札をプレゼントした。
次回は隣の町170世帯に対して実施されるそうです。

自治会は動きませんが、婦人会さんは着実に実施してくださっています。
    三角屋根の広場「桜の園づくり」会場
20071111220128.jpg

11月24日(土)に、恒例の「桜の園づくり」イベントをするのでそのうち合わせを兼ねました。

もうさくらの苗を植えるスペースがなくなってきたので、希望の「枝垂れ桜」を3本植えることにする。

今まで植えた桜の養生をする。

木々が大きくなり眺望がないので頂上付近から、神戸市の花火大会が見られるように木の剪定をする。

恒例の大バームクーヘン作りについて
「あんなものいらん」という男性がいたが、これを楽しみにしておられる方もたくさんいます。今年もお願いします。
焼き芋、上手に焼いて欲しい。
今年はおにぎり持参で参加して欲しい。
豚汁100人分を作ろう。

ブログを見てくださる皆様、一度遊びに来てください。
ネコバザー、手伝っていただけたらうれしいです。

  公園ミーティング 名コーディネーターさんお世話になります  
20071111215947.jpg


8月のミーティングの議題で中部土木(公園緑地係)が3カ所に掲示板を建てたので、その管理ついて。
各掲示板はそれぞれの管理会が管理する。
掲載するものは地域と公園に関係するものとする。
各管理会に連絡を取り許可を得てから貼る。

公園の膨大な落ち葉を再利用する方法として、堆肥化をするための囲いを作ったこと。
管理はプレーパークが行います。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

応援「猫の小屋は壊させないから」
11月9日

070612beru-3jpg.jpg

7日に病院から帰ってもまだ麻酔が覚めないベルを一晩保護していて、毎日ラジオ体操に参加する人からもらう朝のエサタイム頃にリリースしてみようと連れて行った。
グループの猫たち全員集合してみんなにエサを食べさせた。
ベルもエサは食べるがまだ足腰がしっかりしていないので連れ帰ることにした。

猫たちを見つけて声をかけてくださったラジオ体操会の男性が、
「猫の小屋を壊わさせないから」と声をかけてくださった。
ほんまに嬉しい応援です。

ここでも猫たちのための水入れが盗まれ続けていたのが最近やっと止まっている。
こういう方々が応援してくださっているおかげだと思うのです。

皆さんの声が、目がある限り、「捨て猫犯人」はいずれ捕まえられると思うのです。
そういう地域になったら、公園の猫は増えません。
でも、周辺の地域からあがってきます。
自治会のみなさん、「猫が迷惑」だと思うなら自分たちの地域を守ろう。
捨て猫をする犯罪者を捕まえてください。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

山の子「ベル」のホッペが腫れた
11月6日
20071106233432.jpg


公園猫の保護活動をするきっかけになったのが「山の子ベル」との関わりだった。
神戸大震災の後、家を再建したら犬でも猫でも最初に来た子を飼ってやろうと決めていた。そして三毛猫が来た。最初の我が輩の猫である。
よく一緒に公園を散歩に行ったので公園猫事情が分かりました。

公園にはたくさん仮設住宅が建っていて、犬やら猫を飼っている人もいたようだし捨て猫する不届きものも多かったようだ。
赤い首輪をした黒猫が捨てられた。
仮設住宅から復興住宅に移るとき、犬のハナちゃんは連れて行ったけれど猫のしんちゃんは置いて行かれた。
毎日、空き家になった仮設の玄関先に座って戸があけられるのをずっと待っていたしんちゃんだった。

黒ちゃんはグレーのしんちゃんの子を二匹産んだ。
その一匹の子(グーと呼びました)が生んだのがベルなのです。
しんちゃんと黒の孫猫です。
7年前の夏生まれ。今年6才になりました。

超恐がりでエサを食べているときもドキドキ。良く心臓が持つな。
この子が2歳の時子供を産みました。雨の降る中、ベルの鳴き声がするので藪を見ると横たわったベルの横で小さな小さなのが濡れた落ち葉の上で動いていた。
助けるべきか、一瞬迷った。私の目の前で子供を産んだベルの瞳が訴えている。
箱を持ってきて親子とも収容。
4匹の子供だった。

我が家に引き取っていっぱいの出来事があって、4匹の子猫たちはもらっていただくことができました。その頃は我が家の猫は2匹目のラッキーが大将。
メス同士なので病気になるほどトラブルが起こった。
ベルは自ら山に去っていきました。

この子のために、猫を避妊手術して定員制でエサやりを始めたのです。

20071106233512.jpg


最近2度左のほほが化膿し、自分でひっかいて膿を出す荒療治をやったベル。今日見ると右のほほが腫れている。早速Y先生に連れて行ったが、おびえて逃げ回ってしまった。縄状の捕獲器で捕まえられ、狭いオリに閉じこめざるを得なくなってしまった。そして麻酔をする。体重3,6キロ。

外傷は見られないが引っかかれたのだろうとのこと。口の中は前歯など数本折れてはいるがきれいで心配していた歯槽膿漏もなく安心した。
化膿止めとステロイドを注射していただいてよく眠っているベルを連れて帰る。一時家の中に寝かせてみる。
一度は家の子にしてやりたかった。
ベル、あんたは母ちゃんの子やで。
11時半、車の中にいる。少し目が覚めたようで毛布の中に潜り込んでいる。きっとこんなに深い眠りは母猫の懐で眠っていた頃から始めてのことだろうな。
カイロを入れたので寒くはないだろう。
早く風邪を治してあんたの小屋を造ってあげるね。いつも後回しだもんね。
20071106233547.jpg

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

11月10日に公園ミーティングします
私たちの公園では公園周辺住民や自治会、公園利用者の会などで「公園を考える会」という集まりがあります。
「地域猫保護プロジェクト@神戸」もこの中で「猫部会」として活動させていただいています。

毎年11月に「桜の園づくり」というイベントも行われるようになり、公園の環境つくりや啓蒙活動などをしています。
桜の植樹や木の剪定、伐採。
大きなバームクーヘンつくりはみんなの楽しみになっています。私たちも昨年初めて「猫バザー」をさせていただきました。
今年も期待しています。

近くの方で興味のある方はぜひ一度おいでください。
_______________________________

公園ミーティング
主催 「 」公園を考える会
日時 11月10日(土)午前10時から12時
場所 松本地区まちづくり会館(松本うめ公園西側)

「  」公園ミーティングとは・・
日頃から公園を利用しているみなさまの話し合いの場です。
アイデアを出し合うことにより、公園が抱えている問題を解決し、公園の将来に活かしていける場になればと考えています。

第9回目の今回は

11月24日(土)に開催予定の「 公園桜の園づくり」などの話題を予定しています。興味のある方、初めての方も大丈夫なので、ぜひご参加ください。

              <区局連携事業>
              神戸市兵庫区役所まちづくり推進課
              神戸市保険福祉局西部衛生監視事務所
              神戸市中部土木事務所公園緑地係
078-511-0515 担当 井川・志方

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

猫・風邪・「インカ・マヤ・アステカ展」
 左オマケ君”仲良くしようよ” 右さざえ”近寄らないでョ!”
20071029220118.jpg


先週火曜日の朝、のどが痛くて目が覚めた。
夕方医者に行こうと思いながら、東屋にいる体格の悪い「ゆたか」がうずくまって食べにこないのでY先生に連れて行く。
みんなは「この子はいつもこんなんやで」と言われるので連れて行ってもと思っていたけれど、一度でも先生に見てもらったら気が済むので見てもらった。ダッコしても軽い軽い子だ。
先生は「細いけれどしっかりしてるで大丈夫や、生命力の強い子や」と言ってくださった。診察台で逃げようとするもんね。
点滴と栄養剤と抗生物質の注射。元気になろうな。
あちこち見ていただいて口の中は歯がない・・右上に数本、歯垢がついて汚れている。
次はデンタアプローチできれいにふいてやろう。
きっと逃げるだろうけれど。

帰りにK先生のクリニックでいつもの薬を処方していただいて、仲間で分けていざというときに備えている。

私の風邪はその夜から猛威をふるった。
朝、筋肉痛と関節痛と熱・咳で足がガタガタしていた。

20071105230640.jpg

週末は良くなったみたいで5日ぶりに朝風呂に入り、午後から友人と神戸市博物館で開催中の「インカ・マヤ・アステカ展」を見に行く。
83才の友人はかって一緒に登山を楽しんだ仲間だ。最近奥様とスペインに行ったそうで二年前はタクラマカン砂漠に行っていた。今年は心臓が悪くてニトロ持参だそうだ。今は「奥の細道」に行くと言われる。元気がなにより。

「インカ・マヤ・アステカ展」は2時間かけて見入ってきた。内容のある展示でした。これらの新大陸の文明は理解し難いものがある。
自然と死と生の一体感は人類共通の哲学だけれど、ここでは神は何よりも生け贄を要求する。生け贄を確保するための戦争。日常の中での神への生け贄。私には「暗黒」としか浮かばなかった。
明るい太陽の下での日常生活、いつ戦争が起こり捕虜になって生け贄になるのか、
楽しそうな子供達、いつ生け贄に抜擢されるのか、
それが普遍な生活だとしても、真の幸せとは思えない。
平和でなければ個人の幸せはない。
生け贄を要求するような神は神ではないと思う。
熱帯雨林の中の生活はそれほど闇の恐怖が大きかったのだろうな。

ミイラを見た。大人のミイラもとても小さくてドライミイラだもんね。エジプトのとは全く違う。自然乾燥。ウエットな感情にならない。
犬のミイラもあって白っぽい薄茶の毛がそのままだ。丸くなって眠っているみたい、きっと家族が生前のように寝かしつけたんだろう。

その夜からまた風邪がぶり返してしまった。今日は仕事を休み病院でレントゲンを撮り吸入をして6種類の薬を飲んでいる。
でも、エサやりには行きました。みんな心配してくれるけれど猫たちの顔を見れば安心だ。
きっと保護活動をしておられるたくさんの皆さんもこうやって多少の病気でも頑張ってエサをやり続けておられるのだろう。
早く元気になって冬小屋を完成させなくちゃ。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

猫にも使える歯槽膿漏の特効洗口液・歯磨きデンタアプローチのHP
やっとホームページがアップされました。

http://denta-rescue.com/

ただいま無料サンプルをもらえます。

開発された竹内さんは、この開発で得たお金は、子供達のために使いたいと言う夢を持っておられます。
そんな夢を語る彼女のまじめさを応援しています。

感想などお聞かせくださいとのことです。
よろしくおねがいします。

ブログ掲載中
7月26日 口内炎・歯槽膿漏の人・犬・ネコに特効効果

10月26日 猫にも使える歯槽膿漏の特効洗口液・歯磨きを紹介します デンタ・アプローチ


<7月26日のブログ記事転載>
デンタル レスキュー とは

日本古来の植物である高野槇から長時間かけて抽出したエキスです。
植物の持つ有効成分が加齢に伴って口臭のもととなる歯周病菌に働き、抗菌作用を発揮することが阻害活性実験で証明されました。
<デンタルレスキュー>には主成分として当エキスを配合し、口臭の除去口中の浄化も目指しました。

**なお、デンタルレスキューは、8月中旬に発売開始予定です**

以前骨と皮になって迷い込んできたネコは、ひどい口臭と口からの出血で苦しんでいました。
獣医に連れて行って去勢したオスだと言うことが分かりました。

性格も素直できっとかわいがられていたのだと思うのに、歯槽膿漏がひどくなって余りの悪臭に捨てられたとそのとき推測しました。
我が家の猫たちもこの子には怒ることもなく、自然に庭ネコ「カリン君」として2年あまり楽しく暮らしました。

特に夏場は臭いがひどく、痛みも相当のようで本人もかわいそうでした。
エサに補助食品の乳酸菌を混ぜて飲ませると少しましのように思えましたが軽快することはありませんでした。

最近、猫友のまみりんさんから友人が口の臭いのトラブルに悩む人モニターを募集していると教えて下さったので、さっそく「モンク」のために分けて頂き試してみました。
「モンク」は今年3月に肺炎になって回復が遅れたため「2度捨てることになる」気がして家猫修行してきた子です。
元気になると口臭(歯垢)のきつい臭いが鼻につきます。
歯磨きをしたくてもさせません。
心配していたところなのでデンタルレスキューに巡り会って本当に嬉しかった。
カリンの二の舞はさせたくありません。

デンタルレスキューは、濃縮洗口タイプ(オーラルケアリンサー)とジェル歯磨きがあり、猫に使ったのは濃縮洗口タイプです。
10倍に希釈してカット面に浸して口の中に注入して使用、3回で臭いが消えていてその後経過観察のため使っていませんがいまでも口臭はありません。

公園猫のポポは、前歯がなくていつも舌を出しています。
口の周りがベトベト
汚れていて前の手が茶色くなっていました。
この子にもデンタルレスキューをカット面に浸して口の中に注入したら口の周りが綺麗になりこの頃では舌も出していません。
手もこころなしか綺麗になりました。

まみりんさんの金ちゃんは、口内炎が治らず口臭に悩まされていましたが今では綺麗になって口元も上品になりました。
(舌ガンの人も傷にしみなかったそうです)

我が家のラッキーとしんちゃんは毎夏ヤブ蚊に刺されてミミズが這ったような傷になっています。
「高野槇エキス」なのでもしかして蚊除けにならないかと思って塗布しましたら耳の傷跡が綺麗になってきました。

私もエサやりタイムに手のひらに塗布したら、先ほどまで群がっていたの蚊の大群が少なくなりました。
効果の持続性など分かっていませんが、猫たちの蚊除けにも一役買ってくれるかも。
舐めても口の中が綺麗になるのなら一石二鳥?

ついでに??人間様の歯槽膿漏などについて。
この薬を開発されたTさんは普通の奥様です。
ただ一つちがっていたのは実験をしたり結果を出すための努力を怠らなかったのです。
彼女は自分もひどい歯槽膿漏でDrから「いつ抜くんや」と言われていましたが高野槇の煎じ汁でブクブクを続けていると歯茎がしまってくるのを感じたそうです。
2年後歯医者に行くと歯の間があいているのに歯茎がしっかりして歯を抜く必要がなくなっていたそうなんです。
それを聞いたまみりんさんが大阪歯科大学薬学講座の実験室を紹介してデーターを得た上で今回の商品化に至ったしだいです。

歯槽膿漏や口内炎の病気で命を落とす犬やネコは多いと思われます。
人間でさえ歯を全部抜かなければ完治しないと言われる歯槽膿漏。
その治療が簡単にできそうなのです。
(歯医者が儲からなくなって困るかもしれません)

良いことばかり書きましたが、マイナス面はどうか分からない部分もあると思います。
ただ、思いつくのは花粉症などのアレルギーの人はどうなんだろう・・


私の期待はふくらんでいて、病気や寝たきりで歯磨きが出来ない方など。
物言えぬ動物たちへの利用。

それでもまだまだ効能や利用法がありそうな、期待のデンタルレスキューをご紹介しました。