公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
不幸な子猫を生まないように生ませないために!今必要なこと
1月29日
一月二月、この時期は猫の繁殖期なので、家猫もホームレス猫も是非不妊手術をしたいものです。
不幸な子猫を生まないように生ませないために。
「捨て猫」はネコも地域の住民も被害者です。


昨年の今頃は公園の猫たちのTNRのため、連日捕獲に頑張っていました。
今年手術が必要なのは昨年取り逃がした♂と住宅地から通ってくる親子3匹、捨てられ子猫の「ビビ」くらいです。

昨年私たちがTNRを依頼した、ホームレスアニマルクリニックから新しいパンフレットが届きました。
「挑戦 5日で 200匹」
「まず、春に産まれる300以上の小さな命を未然に防ぐ試み」

「神戸市では毎年4,5,6月のたった3ヶ月だけで、一年間に殺処分される子猫の50%以上が産まれては処分されています。
(数字やグラフで説明されていて、私にも理解できます)

ホームレスアニマルクリニックの趣旨と、私達の願いは一緒なのです。
以前、山崎氏は「5年間ここで頑張れば神戸の猫は確実に減ります」と言いました。
すごい事業だと思うのです。
私はホームレスアニマルクリニックのような「TNR専門」の動物病院がもっともっと全国に増えて欲しいと思っています。

頑張って欲しいと応援しています。
・・だけど、なんで専属のDr.がいないのだ。

ホームレスアニマルクリニックの現況について

現在のホームレスアニマルクリニックについては昨年秋から、専属のDr.がいない状態が続き、希望の日に受けていただけないなど、とても残念に思っています。
他院のDr.が休みの日に来院して集中手術を行っています。
月に二日程度、あるいはもう少し。
いつでも手術可能というわけではありません。
12月にクリニックを訪問したときは、前日30匹、本日10数匹の手術をしているとのことでした。
「5日で 200匹」と言うことは、一日40匹平均です。
Dr.と看護士一人のチームで多いか少ないか分かりませんが、是非ともネコに優しい医療を期待しています。

例えば、集中的にいろいろな場所からネコを一カ所に集めて、順番を待ち手術後を同じところで接触することによる、感染病の伝染なども心配をしています。
少なくともグループごとに部屋を分けていただくとか。
手術室や保護室の消毒等、心配りをお願いしたいところです。

私的には、前のK・Dr.を信頼していたので、とても残念です。
仕事で腱鞘炎になって1ヶ月ほど休んでおられたのですが、退職勧告されたそうです。
「一度腱鞘炎になると再発しやすい」「一日10匹程度では仕事にならない」と言った話を聞きました。
それなら、K・Dr.と応援のDr.と両輪でやっていただけるのが最善だと思ったのですが。

獣医師の皆様、動物たちの福祉のために、
ホームレスアニマルクリニックで頑張っていただけませんか!

獣医病院の皆様
動物保護の基本は「避妊去勢」にあると考えます。
どうか、手術費だけは儲けを度外視して、社会貢献していただけますように


神戸市の犬猫不妊手術補助金の真実
神戸市保健福祉局(保健所)では、犬猫不妊手術費の20パーセントを補助しています。
内訳は、獣医師会10パーセント、神戸市10パーセント。
ただし、獣医師会に所属する獣医病院でしか補助金を受け取ることができない、ヒモ付きなのです。

私は「神戸市の10パーセントだけでも受けられるような選択ができる制度にして欲しい」
と申し入れしていますが、獣医師会の力とは比べようもありません。
できるなら、神戸市のボランティア達が力を合わせて陳情できたらと思うのです。

(10パーセントの補助金が目的ではありません。
旧態依然に獣医師会が圧力団体であることが、今のTNR活動と合致しないと思うのです)
獣医師会にとっては、
TNRによって野良猫の数が減ると患者が減ることになるから・・と穿った考えがアタマをよぎりました)

(・・失礼、ノラネコは見ていただけない先生が多かったんですね)

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

芦屋・ばあちゃん達のがばいTNR活動開始
1月24日
1/24PICT0031
  庭のネコハウス・箱の中に子猫3匹

 芦屋に住む従姉(83才)の友達(95才)のOさんの庭に、毎年ネコが投げ込まれる。
そしてOさんは不妊手術をしたがらなかったため、子猫が増えた。
今では十数匹いるとか。
このままではOさんも猫たちも倒れてしまうだろう。

従姉や近隣の「ほっとけない」人たちが、OさんのネコのTNRをしようと立ち上がった。
芦屋で長年TNR活動をしておられる「芦屋動物愛護協会」様に連絡をとらせていただき、TNRのお願いをしたところ、快諾して頂いた。
早速、下見に来てくださった。
捕獲の予定も何度も作ってくださった。
でも、この頃の雨続きや今冬一番の寒さなどで様子を見てくださっている。

一ヶ月前にOさんは寒さのためか、ネコ達のエサをやったあと、立ち上がれなくなったのでそのまま入院されている。
猫たちの世話はご近所に住むTさんが朝晩エサやりに通っておられる。

Oさんはやっと明日退院して自宅に帰られることになった。
従姉は
「二年前に手術しとけば増えなかった。今度はやらなあかんと言う」と意気込んでいる。
従姉は杖がないと歩けないくらいだが、アタマと口は達者なのだ。

内緒で結構な手術費を託される人、
みんなの善意のお金を管理してくださる人、
この辺りの方々は、こうやって動物のためにと協力を惜しまない人がいる。
きっと文化度が高いのだろうな。
さすが芦屋である。

私はTNRはできることは自分たちでするのが原則だと思っているが、
いざ出動に間に合わない。
芦屋動物愛護協会様は、「気を遣わなくてもいい」と言って下さった。
あとは地域の皆様も少しはお手伝いされると思う (居ない方がいいって

私ができるサポートは、
知っていますか?
捨て猫は犯罪だ!
罰金50万円!
捨て猫犯人を捕まえよう!


捨て猫犯人を見つけたら・・
1.(携帯)の写真は証拠になります。
2.警察に電話しょう・・110番が早いです
3.声を上げて周りにしらせよう


のチラシを作って家の周りに貼ってきた。

あと、ネコ小屋をプレゼントしたいな。
1/24小屋
公園の小屋

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

命を守るには、自分の意見を発信しなければ
1月16日
今日、日本熊森協会のホームページを見て島根県隠岐諸島 知夫村(ちぶむら)の狸のことを読みました。
メールで意見を送りました。

<意見をお送り下さい>
人間が持ち込んだタヌキ、大量駆除再開">▼「人間が持ち込んだタヌキ、大量駆除再開 (2008.1.4)
 島根県隠岐諸島 知夫村(ちぶむら)

先日、TVで狸の捕獲に針金の罠を仕掛けていたのが映っていました。
あと、殴り殺しているのです。虐殺です。
どんなにか苦しんで殺されるのだろうと思うと黙っていられませんでした。

農作物が荒らされて困っているみなさんはお気の毒です。
立場が違えば意見も様々ですが、みんな人間がまいた種。
自分たちで狸たちにとっても良い方向に解決していただきたいと思います。
100年の計というように、後々のことを考えておくべきだったのだと思います。

○ 島根県タヌキ駆除即刻中止を!
     プリント用タヌキ駆除中止の嘆願書.pdf  
      ご協力、宜しくお願い申し上げます。



○ 福井県動物愛護管理推進計画(仮称)の策定に関する県民パブリックコメントの募集 
(1月31日まで)

○ 岩手県動物愛護管理推進計画(案)に対するパブリックコメント(意見募集)について
     (2月6日まで)


 秋田県動物愛護管理推進計画(案)に関する県民意見の募集について   
    2月7日(木)まで


○ 静岡県動物愛護管理推進計画(案)意見募集
    (2月8日まで)

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

大阪・名古屋・神戸の猫ボランティアの集い
1月13日
大阪で里親募集ボランティアをしておられる「猫の幼稚園」さんには、いつも教えていただいたり助けていただくばかりお世話になっています。
今回は、名古屋で公園猫の保護活動をしておられるPaw Aid のtakaさんが、猫の幼稚園訪問のあと、いよださん・ミャンミャンさん・ぶいぶいさん達と一緒に公園の見学をしたいとのことで遠路訪ねてくださいました。

夕方のエサタイムの前に、狭い我が家で行政との連携をどうしていけばいいかなどの話をしました。

私たちの活動は、2006年暮れにTNRをやり始めた時から急速に進み始めました。
その年、公園ミーティングで「公園の野良猫の悲惨な状態と保護活動」について、話をさせていただくようになったのです。
公園ミーティングは、
 ○ 神戸市公園緑地係・・公園管理
 ○ 区役所町づくり課・・自治会対応
 ○ 神戸市保健福祉局西部衛生監視事務所・・地域猫保護モデル地区指定を提案指導
「区局合同事業」として取り組んでいただきました。
一つの課だけではできなかったと思います。

ミーティングには、講師として町づくりコーディネーターのTさんが、にこやかにミーティングを速やかにケンカのないようにまとめていってくださいました。
公園で子ども達を自然と一緒に遊ぼうと活躍している「プレーパーク」のメンバーの皆様も、協力してくださいました。「○公園新聞」に記事を書いてくださいました。

私たちの公園猫の保護活動が曲がりなりにもうまく活動できるようになったのは、こういった行政や応援してくださる方の協力のおかげです。

公園を利用されるたくさんの人々には、よく「チラシ」を読んでいただきました。(チラシには「公園緑地係の許可を頂いています」を書き込みました)
チラシはとても有効な広報手段です。けっこうみなさん読んでくださるのです。

看板も公園のイベント「桜の園まつり」で、小学生や高校生の皆様に書いていただきました。
インパクトのあったのは「捨て猫罰金30万円」(今は50万円)

・・話をしている間に、私たちの活動ってたかだか1年あまりの間にこれだけのことができたんだなと改めて走り抜けてきたこの一年の成果に驚いています。
できたこと、できなかったこと、様々ありました。
救えなかった猫たちにはごめん。
これから、捨て猫をさせない町づくりを頑張るからね。

エサタイムには、皆様と一緒に猫を見ていただきました。
きっとこのブログも見てくださって「おんなじや」と思われたと。
寒い日だったので、小屋にはカイロを入れました。
おいしい「シーバ」をもらって猫たちお客様が好きになったことでしょう

小屋も上手に造れたものじゃないですが、「小屋を置かせてもらえることがすごいこと」と言っていただきました。

皆様が来てくださるとのことで、私たちの仲間達、イナさんご夫妻・M王子・ピー助ちゃん・Sさん・垂水で一人でTNRとエサやりを頑張っているHちゃん達などが集まってくださいました。みんな自慢の仲間です。
仲間がいるからできる。
一人では一人分しかできないんです。
Hちゃん、私たちも仲間だからね。

最後にアイドルの「ギャオ」に会いに行きました。
ギャオ、あまりの人気ぶりにとまどい気味。
でもシーバをもらったもんで、ご機嫌でした
PICT00241/13-2



テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

雨の日だって
1月11日
今日は雨。先日からの予報が当たった。
今日の雨は冷たくなかったけれど、年末幾度か降った雨は冷たくて。

エサタイムに出かける時に「しんどいな」と思ってしまった。
それからちょっと体に応えるなって。
調子の良くないときにはいろんなことが頭に浮かぶ。
一歩家を出たらすっきりするんだけれど。
1/11雨の日ベル
          遅れてやってきたベルは一人でお食事

ぬかるみに足を踏み入れたとたん、靴はびしょ濡れになった。
そんなときに、エサやりびとはみんな同じ気持ちで頑張ってるんだなって思った。
「猫が待ってるから」って。
なんだか、見知らぬえさやりびとを身近に感じた。

雨の日、猫たちは小屋から出たがらない。
エサを食べたらそそくさと戻る「シマコ」「オマケ君」
出てこないので小屋まで迎えに行った「ベル」はようやく小屋から出てきました。
「キーちゃんとびび」は何度も呼んでやっと出てきた。
エサを食べているとき、イナさんがやってきて「雨だから早めに出てきたらみんなついてきたから少しずつやった」

屋根のある間伐材置き場でみんなを呼ぶ。ピューちゃんとオイちゃんがすぐに来たけれど、
「グレース」と「ポチ子」は小屋まで呼びに行く。

二階小屋や周辺からも呼べば出てくる。
三々五々と言ったところ。

東屋には「きしろ君」が待っていた。
呼ぶと「ブラッキー・テンダー」がやってきた。

冬の雨の日は猫だって嫌なんです。
早くご飯食べて、小屋に帰ってゆっくり毛繕いでもしたいもの。
1/11しいたけ
        関係ないけれど我が家の椎茸・5個も採れた

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

クレゾール石けん液
1月9日
先日のクレゾール騒ぎのことで、いろいろ調べた結果、私たちの認識にあった「消毒用クレゾール」や「消毒用石けん」というイメージではいけないと言うことが分かりました。

今日神戸市保健所に電話で、神戸市ではクレゾールの取り扱いをどういう指定をしているのか問い合わせました。
「ネコ」という言葉を使ったとたん、「ネコ係さん」につながってしまいました。
化学薬品の担当者に直接聞きたかったのですが、「ネコ係さん」がきちんと調べて折り返し電話を頂きました。

クレゾールは「劇薬・毒薬」なのです。

ホームセンターなどで売られている、市販の「クレゾール石けん液」は5パーセント以下のものです、
(5パーセント以上のものは一般には売ることはできません。)

しかし、5パーセント以下でもクレゾールには違いなく、今回はそれであっても強烈な臭いが充満し続けました。
臭いは化学薬品の成分ですから、人体に悪影響を及ぼします。

神戸市ではネコの防除には使わないようにお願いしているそうです。
犬やネコの足に付着すると、皮膚から吸収しやすいので足が「びらん」を起こしてしまいます。

神戸市保健所では、別の忌避剤のサンプルを用意しているそうです。
木酢を固形化したようなものだそうです。
お問い合わせ下さい。

もし、皆様の近くでこんな異臭騒ぎが起こったら、何事も間違いが起こらないうちに、警察に通報されるのがいいと思います。
警察がまいた人を取り調べますので、ご本人も納得の上反省すると思います。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

ご近所の・・トラブル、クレゾールをまかれる
1月7日
とうとうご近所トラブル。
12月からひどいクレゾールの臭いが広範囲にするようになった。
通りの端から公園の中まで臭うくらいだ。
ご近所で「臭い臭い」と言い合っていたが、ある家の主人が道路にまいている。
どうも猫の防止にしているようだとは思っていたが、普段から奥さんとは仲良しなので苦情は言われていなかった。
お正月もそのあとも、ひどいにおいが体にもついてくる。窓からも入ってくる。
ご近所でも奥さんに苦情を言った人もいる。
でも相変わらず・・

で、6日夜温泉から帰ってきて、昼間奥さんが水で流していた道路に新たにまいているのを発見。ブチッ。
ピンポーン。
直接ご主人に苦情を言う。
『何の薬まいてるの』
「石けんや」
『石けんと違うでしょ、クレゾールを原液のまままいてるでしょ』
「原液と違う」
『何倍に薄めてるン?
道を通っている人からも苦情を言われてる。
クレゾールは体に危険やから友達はこの道通らずに迂回してる。
迷惑やって言われたよ』

「猫が車の上に乗って傷だらけや、足跡だらけや。
まくのはやめるけど見たらど突き回すからな」

車を人一倍大事にしている人だから野良猫が許せないのは分かります。
言って行けないから自衛するのも分かります。
ごめんなさい(心の中で)
でも、クレゾールなど薬品をまいて環境や健康被害を引き起こすようなことはやめて欲しいな。

例えば妊婦さんがいます、幼児がいます、子どもがいます、老人もいます、犬や猫がいます。私は喘息です。
もし化学薬品アレルギーの人がいたら大変なことになります。
ご近所だけでなく毎日通る人々からもひんしゅくを買ってしまいました。

ど突き回すのはやめて欲しい(シッシと追い払ってください、怪我させたら
薬をまくのはやめましょう(今度まいたら警察を呼びます、ゴメン)
車・・他のご近所様は「カバーしたらええねん」・・そんな申し訳ないこと言えません。
私の車をやられたら、腹立つのは分かります(ゴメン)
(デモ、我が家の車の場合、猫は爪を出して登らないように思います。
肉球でフリクションを使って上り下りしています)

昨夜も人が通るたびにセンサーのピーピーという音が朝まで響いておりました。
なお、クレゾールの酷い臭いにもめげず、犬も猫も行き来しています。
苦情を言うのは人間様だけでした。

参考 
EICネット・環境Q&A 「クレゾールについて」

1)ICSC(国際化学物質安全性カード)ではメタでもオルトでもパラでも「環境中に放出してはならない」物質となっています。これでみるクレゾールと同等のものかは判りませんが、もし同じものであれば散布するのはどうかと思います。
また、同カードから見る限り、人へも影響があるようです。(ホームページを忘れてしまいましたが、子供がやけどやめまいを起こした例があるようです)

http://www.nihs.go.jp/ICSC/  で「クレゾール」を検索してご確認下さい。

2)世界保健機関・国連環境計画・国際労働機関 による
環境保健クライテリア では
http://www.nihs.go.jp/DCBI/PUBLIST/ehchsg/ehctran/tran3/ehc14/ehc14.html

「高濃度のクレゾールは、ヒトにおいて、経皮あるいは経口暴露では腐食性を示し、速やかに吸収されて死亡に至る強い毒性を示す、という明らかな証拠が存在する。

a) クレゾールおよびクレゾールを含む混合物については、家庭用品も含めて、急性毒性と腐食性についての警告を明らかに表示すべきである。
b) クレゾールは皮膚を容易に浸透できる。直接触れた場合には、直ちに汚染部位を水で洗い、汚染された衣服はすべて除去すべきである。クレゾールあるいはそれを含む溶液を使用している作業者は、保護衣を着用すべきである。
c) 職業暴露は最小にすべきである。 」

とあります。普通の環境中の濃度では問題がないとされていますが、大量に散布した場合は懸念があると思います。
また http://www.eic.or.jp/qa/?act=view&serial=4019
の平井さんの回答の中でもインターネット上の情報が紹介されています。
 
その他 「クレゾール中毒」ネコは敏感・人間にも危険!">

滋賀県 医務薬務課 クレゾール

正露丸(セイロガン)とはどんな薬なのか?

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

シマコとポチ子「いつでも里親募集中」掲載しました
1月2日
新年の抱負。
今年は公園の猫たちに新しい「本当の家族」を見つけたい。
そう心に決めて、元旦に「いつでも里親募集中」に掲載を依頼しました。

公園の猫たちはどの子も可愛いです。いい子ばかりです。
ほとんどの猫たちは人間に捨てられました。
人間に不信感を持っていた子も、今では優しい人たちを待っています。
エサだけでなく、愛情を求めています。

公園の猫はほとんど2~3才くらいです。
その歳ほどしか生きられなかったと言うことなのです。
厳しい環境では健康で生き抜くのは困難です。
人に捨てられた猫たちを、暖かい家庭に迎えていただけませんか。

「ネコたちの挑戦・公園から里親様募集中」
チャンスを下さい。
私たちには一時保護場所がありません。
今までそのために里親募集をあきらめていましたが、
「公園から直接家庭に行ける子だっているよ」と話し合いました。
獣医さんに行っても家猫よりおとなしいくらいの子もいるのです。

里親様のご理解をいただければ、必ず愛しい伴侶になってくれると思います。

「いつでも里親募集中」
1月1日 シマコ:C50195
1月2日 ポチ子:C50203


あなたの愛を待っています

犬だけど子猫の里親募集します


関連アーカイブ
12月16日 シマコ編
12月19日 ポチ子編

里親様募集中のお願い(希望条件と譲渡契約のお願い)

・この子を家族の一員として、終生責任を持って飼育くださること
・家族全員の同意が得られること
・脱走防止の上、完全屋内飼い
・年1回のワクチン接種
・ペット可住宅にお住まいの方
・譲渡時、誓約書への同意、サイン
・譲渡後も定期的に近況報告をしてくださること
・譲渡は里親様のご自宅にて行いますので、よろしくお願いします。

*お問い合わせの際、下記項目をお知らせくだされば助かります。
・掲載番号・氏名・年齢・居住地域(市・区・町)・家族構成・住居形態・猫飼育経験・先住ペットの有無

・1週間程度のお試し保育可能です(長くなると縁のなかった場合、公園にリリースすることになるので2度捨てることになります)


テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

感謝の気持ち・今年もよろしくお願い申し上げます。
12/30シマコ

昨年はたくさんの皆様方に応援していただいたおかげで、
私たちの公園猫保護活動は、この一年間で思いもかけなかったほどの進展を見ることができました。

たくさんの猫を保護したものの、どうして捕獲したり手術ができるのだろうと悩んでいましたが、
ホームレスアニマルクリニックというTNRを専門に行う病院と連携することができて初めて私たちの保護活動が全国レベルに達することができました。

資金のあてもない状態で「全頭手術の決断」をしたのですが、ブログを見てくださった皆様からのご支援や、動物福祉協会様からの補助金を頂いてなんとか分割支払いも滞ることなくすませることができました。
フリーマーケットに足を運んでくださって、商品を持ってきてくださった皆様方。
猫の缶詰やフードを送って下さった皆様。
寒かろうと猫小屋に敷く衣料品を送って下さった皆様。
カイロを送って下さった方もいらっしゃいます。
フロントラインを譲って下さった猫の幼稚園さんや
猫の薬を持ってきて下さった友人や
野良猫でも同じように治療して下さる獣医の先生方。
いつも励まして下さっている猫友の皆様方。
公園の猫を家族に迎えて下さった皆様方。
地域猫保護モデル地域指定に力を貸して下さった神戸市西部衛生監視事務所の皆様・
公園緑地係の皆様・兵庫区役所町づくり課の皆様。

すべての方に心からの感謝を申し上げたいと思います。

これからの活動については、「捨て猫は犯罪だ!」運動を広げたいのが私の願いです。
何十年も「猫捨て山で有名」だった公園も、昨年は10匹程度ありました。
(私たちが発見する前にカラスに連れ去られた子猫は含まず)
多いか少ないかは別にして、
「最近まで大きな顔をして段ボールに猫を入れて捨てに来ていた」
「段ボールをガムテープでふさいで持ってきていた」状態が少しでも抑止されて来ているような気がします。

私たちが手を引けば、又元通りの「猫捨て山」に戻ってしまうことのないように。
子ども達が「捨て猫は罰金50万円やろ」と言ってくれます。
子ども達の力は大きいと思います。

大きな公園に不特定多数の市民がやってきます。
この公園の猫たちを見て、自分の地域でも捨てられ猫に理解を持って下さる方が増えることを願っています。
捨て猫はあかん!
家の猫を避妊去勢したらなあかん!!
と話をして下さる市民が増えたら、神戸市も少しは文化度が上がるかと思います。

このブログを見て、かわいそうな野良猫を何とかしたいとコメントを下さる方もいます。
怪我をしているから獣医さんに連れて行こうと思ったが、野良猫を見て下さる獣医さんがいなかったと言われる方もいます。

未来の子ども達が、かわいそうな野良猫に心を痛めることがなくなったらいいな。
野良猫が死語になって「昔はそんなことがあったらしい」って言える時代がいいな。
野良猫でも治療して下さる獣医さんが増えたらいいな。
お金では買えない「命」だもの。
1/1モンちゃん2-2
モンク・06年12月に捨てられた。07年2月風邪で死にかけたため我が家の子になりました。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット