公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
頑張っています、阪神・神戸のTNR活動
2月19日

先週、動物福祉協会阪神支部さんにお邪魔しました。
第一第三金曜日は月に二回のネコバザーの日です。
出かけるといろいろなお話を聞かせていただけるので楽しみです。
福祉協会さんには去年、手術費の助成をしていただきお世話になりました。
おかげで分割後払いながら毎月支払いができました。

昨年私たちのTNRは58匹。

福祉協会さんが助成金を援助された件数は
(06年度4~3月)1,361匹。
(07年度4~ 月) 657匹

私は目前の公園猫の保護と捨て猫防止の啓蒙活動しかできません。
でも心はみんな一緒だと思うのです。
日本から不幸な動物が生み出されない社会を願う気持ち。
次の世代には、「猫にエサをやるな」などの言葉を言わせたくありません。

2010/07/09
不適切な紹介記事がありましたので一部削除させていただきました。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

神戸の猫の処分数が減ったのは・・
2月18日
去年の神戸の猫の処分数が減ったと言われます。

それはたくさんのボランティアさんが頑張ってきた、長年の成果だと思います。
「一人でできることは一人分」
長年続けてこられた方々のご努力の上に、今私たちの活動が認められるようになったことを忘れないようにしたいと思います。

たくさんのボランティアさんが自分たちの周りの猫をTNRしてこられました。
最近ではその熱気が伝わってきます。
決して、誰か一人だけの功績ではありません。
間違えないで。
神戸の猫の処分数が減ったのならそれは「みんなの努力」なのです。

・・これだけみんなが無私無欲でTNRを続けてきても、
不幸な猫が減らないと嘆くことも耳にします。
保護すればその場所に捨てに来ます。
最近、私たちの公園や住宅地に新しい捨てられ猫が複数見られます。
1才くらいでしょうか、いずれも若い。
ペットを飼うことがおもちゃ感覚なのでしょう。
大きくなったら捨てる・・面倒だから?言うことを聞かないから?
自分の子だったら虐待するのでしょう。

貧しい国です、日本の心は。
捕獲依頼で走り回っている友人は「以前より人間の心が後退している気がします」
「以前ならご苦労様、ありがとうと言う言葉が返ってきたけれど、
今頃は迷惑やから持って帰って」と言われるようになった。

豊かさとは何か?
老いも若きも「足るを知る」という言葉を知らない。
欲の世界に動物たちを犠牲にしたくない物だ。


2010年7月9日
ブログ記事に不適切な部分がありましたので削除させていただきました。
この頃は中○会の活動について信頼と尊敬を持っていましたのでご紹介させていただきましたが、
その後各方面からの情報でボランティアでないと判断しました。
この記事を参考にTNR依頼をされて迷惑をおかけした方が居られましたら心からお詫び申し上げます。



テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット