公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
溝にスッポリ挟まった酔っぱらい
12月22日
先週、公園で困った酔っぱらいさんと遭遇した。
エサタイムを終えて帰る途中、犬を連れたCさんと出会った。
犬は私を見て喜んで来ようとする、Cさんはフラッとする。
「飲んでるの?」
『大丈夫、一人で帰るから』
気をつけてね
・・・・・
タスケテ~~
ワンワン・・

荷物をほっといて見に行くと、幅30センチあまりの溝に人間が頭から足の先まですっぽりと挟まっていました!!
まず信じられん。
こんな細い溝にスッポリ・・
こんなにうまく?溝に挟まるって、事実は小説よりも奇なりだわ!
このまま誰も気がつかなかったら身動きもできず死んでしまうでしょう。

どうして助け上げたらいいのか
私一人では腰を痛めそう(私の)
でも助けてって言ってるし、誰もいない。
背中と腰の服をつかんで引っ張り上げる。
なんと私って力持ちだった!
骨折していないかな?
ケガは?
顔を打ったらしく口あたりから血が出ているのでティッシュを上げた。
救急車呼ぼうというと
『救急車も警察も大嫌い!』
立つと言うので立たせるとありがとうと言ってヨロヨロ歩いていきました。
・・犬は心配そうにリードしています (犬のリードでリードされています!)

タスケテ・・
再び。
犬の散歩のおじさんとともに見に行くと又転んでいる。
『しんちゃん、助けて!』
このままでは一人では帰れません。
おじさんと相談して110番して警察を呼びました。
私はネコを動物病院に迎えに行かなければならず、おじさんが見ていてくれることになりましたが、
Cさん
『行かないでー側にいて下さい、助けてください』
と足にすがっています。
・・助けてくださいってこうなんか。

結局警官が来て『第一発見者の名前を教えてください」ってことで住所氏名年齢電話番号を書いて、後をお願いしてネコのお迎えに走りました。

Cさんは1週間前にもホームレスと一緒に飲んでグデングデンだったところに遭遇して、家まで連れて帰ったんです。
『寂しくてさみしくて淋しくて、ホームレスにお酒を飲ませてあげて話を聞いてもらってる』って。
『助けてください~おかあさん』
公園入り口まで必死で支えて帰ったけれど『ここで寝させて』というので、隣のDさんに℡で応援お願いして来ていただきました。

できることをサポートしてあげようと思ったけれど、
ネコは今からのことだけだけど、
人間には表面だけでなく背負っているたくさんの事柄があります。
『孤独」という背負いきれない悲しさは、これまでどう人と関わって生きてきたかと言う人生があります。
行政や介護でサポートできるようにコミュニケーションがとれるようになればいいな。
悪い人間もたくさんいるけど、心優しい人間だって巡り会えます。
たくさんだまされたり虐められたりしたとしても、人を寄せ付けないでは楽しみも生まれないでしょう?
Cさんを気遣って、振り向きながらリードしている犬ちゃんやお家で待っているニャンズのために、
元気でいて欲しいと願っています。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット