公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
ノラ猫一期一会 「12匹の猫」の命の重み
3月21日

13日(金曜日)
この日はHさんのエサヤリ猫の未手術♀3匹捕獲の予定だった。
Hさんはその他でも10数匹のエサヤリをしており、その大半が新築移転した市営住宅に移った住民達が置き去りにしていった猫とのこと。
日々のエサ代が精一杯というので、公園猫の仲間の窮状に、他の仲間の了承を得て、
公園猫の基金でTNRしてあげられることになった。
15匹中手術済みは4匹のみという、
この猫たちの捕獲は、先日聞いた「ア○○ルレスQ」のキャンペーンに申し込めばいくらかでも安くなると思い、その日に予定しようと考えていた。

夕方、他地区のリリースが終わって帰るMさんが立ち寄ってくださり、
「どの猫も妊娠してるか発情中、明日生まれるかもしれない猫もいた。
一日でも早く手術した方がいいよ」
ここの捕獲では出産後の猫が一匹いて、子猫たちは胎盤がそのままでみんながくっついたままというのを始めて見た(6匹中2匹が生き残り保護されました)
生まれてからでは遅いし、猫の安全を考えると一日でも早いほうが良い・・
今日なら、Mさんも手伝ってくださるし、車にはたくさんのトラップが乗っている。
善は急げだ。
キャンペーン利用の費用の軽減より、猫の安全を選択することにした。

捕獲器が足りないので芦屋のFさんに応援をお願いすると快く引き受けてくださった。
本当に猫つながりの友達はありがたい。
(近くのSさんからもトラップお借りした)

以前猫トラブルがあった所の猫たち。
ここの猫は以前にも毒殺されるなど環境が良くないところだ。
Mさん
「ここは前に来たことがあるわ。
ほ○所に頼まれて(日本動物)福祉協会の○さんに連れて来られた。
階段があっておばあさんがいた。
猫を三匹捕って帰った。
ここの猫はかからなくて取り残しがあった・・」
        (駆除とも言う)

サビ猫はトラップを見ただけで姿を消した。
エサヤリHさんの誘導でもなかなかかからない・・やっと一匹かかったが時間がかかりすぎる。
後回しにして旧市営住宅の公園に向かった。

ここの子達はHさんを見ると走り寄った。
そして簡単にトラップに入る。
3時間ほどで11匹がご用になった。
最後のオスは、ウロウロするだけでかからないな~と言っていたら、みんなの足下に置いたトラップにとことこ入ってかかってくれた(笑)
君はきっと幸せになれる。

近くの優ママさんは新聞紙とペットシーツを差し入れしてくださった。
Uさんも見に来られた。
こうして猫12匹は6人の人間の善意(?)で無事捕獲終了できた。

しかし猫たちの受難はこれから起こることになった。

続く・・・

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット