公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
他人の猫を勝手に譲渡できるのか?
6月22日

このところ、私の知らないところで起こった「里親トラブル」に巻き込まれている。
飼い主の承諾もなく、勝手に猫を里子に出して自画自賛している人がいる。
「良いことをした」とミクシーに書いている人がいる。

愛猫を勝手にどこかにやってしまわれた飼い主は、
譲渡先の名前も、住所も連絡先も教えられず、猫たちの安否を心配して、
怒りのあまり私の所に電話をしてきたのだった。
勝手に譲渡した人は、電話に出ないと言って。

話は昨年8月に始まった。
マンションを引き払って、母子猫を抱えたAさんは途方に暮れていた。
「拾ったところに放そうか」とか。
Bは『猫が可哀想』といってキャリーを抱え私の車に乗り込み、
Cシェルターに預けた。
最初、預かり料はBが払うと言っていたが、
その後飼い主Aが払い続け、
「Cさんに宜しくお願いしますと伝えてね」とBに毎月のお金を託した。
その間、AはBに対し、「絶対に里親に出さない」とハッキリ断り続けた。

Aが2月28日に引き取るからと言ったところ、
Bは「5月に娘さんが帰ってくるのだからそれが終わってからで良いのじゃない」とアドバイス。

4月、Cシェルターの猫をもらい受けるため訪れたDさん。
目当ての三毛が寄りつかず、目の前のケージにいる猫が気に入ったようで、
娘猫一匹では淋しかろうと母猫も一緒にもらいたいと言って下さったそうです。
Cさんが『この子達は預かり猫です」と言ったが、飼い主に譲渡を聞いて欲しいとのことで、
いつも連絡のあるBに電話すると
『私が責任を持つから宜しくお願いいたします」

そして親7歳・娘3歳は譲渡誓約書を交わした後、もらわれました。

問題は、
絶対里親に出さないと言っていた、飼い主Aに無断で譲渡したB。
譲渡先の情報を何一つ教えず、納得できる説明もしなかったB.
Aが毎月払っていた飼育代を、Cさんには自分が払っていたと思いこませていたB.
Cさんは
「一言里親に出さないと言ってもらっていたら絶対に出さなかった」と悔やんでいます。

Aから私に怒りの電話があって始めて猫たちの譲渡を知った。
Cさんも、里親Dさんも、仲介されたEさんも、みんな善意の人たちです。
その人達に迷惑をかけられない。
どうすれば元飼い主Aの気持ちを納得させてあげられるのか。

Bの仲間のOの所に行って『迷惑をかけないように里親さんの所に確認に行くよう」指示をした。
(Bは私の電話・メールにでないと言っているとのこと)
そして、BはOの車でAとともに、里親Dさん宅を訪問した・・
『私が保護をしていた」
『他にも3匹この人の猫を保護してるんです」
なにもかも事実と正反対のことを言うBに対して、Aは余計に腹を立てて帰った。

今もAは里子に行った猫たちの様子が気がかりだが、どこの誰だか分からない・・
(今は仲介者Eさんとコンタクトをとりました)

こんな猫の譲渡は正常なんだろうか?
私には「法律違反」に見えるけど。
Bは顧問弁護士もいるそうで「告訴する」が口癖だ。
告訴されるべきはBではないのだろうか?

毎月Aが支払っていた飼育料が、正しく受取人に伝わっていなかった、Bが払っていると思わされていたことは・・???

Aはちょっと変わった人です。
でも嘘はつきません。
Bはまともに見えます。
でも、180°逆なのです。

Bさん、
話が違いすぎます。
みんな集まって話をしよう・・
申し入れたけど「二度と会うつもりはありません!」って逃げていったね。
でも話し合いは必要です。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ


テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット