公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
神戸猫ネット会議12月4日(日)
11月29日

神戸猫ネットの12月会議
12月4日(日)pm1~4時


神戸市立総合福祉センター
http://www.city.kobe.lg.jp/life/registration/room/sougoufukusi-center.html

神戸市中央区橘通3丁目4番1号 〒650-0016
問い合わせ先 078-351-1464 神戸市立総合福祉センター

場所
神戸高速鉄道高速神戸駅徒歩2分、地下鉄大倉山駅徒歩4分、JR神戸駅徒歩6分(湊川神社西門前)


○ 神戸市衛生課と会議しました。
○ 神戸市建設事務所に「大阪市公園猫サポーター制度」について提案しました。
○ 11月のTNR223匹 実施報告(兵庫区・長田区地域限定)
○ 地域猫活動コーディネート報告
○ 今後の活動について討議


神戸市で飼い主のいない猫について関心のある方はぜひ参加していただき、いろいろな立場から発言をお願いします。

心ある市民が提案し行動することで動物愛護・環境問題である「飼い主のいない猫」問題を解決する道が開けると思います。
猫が好きな人も猫が迷惑と思う人も一緒に取り組めたら神戸の街はもっと住みやすい街になります。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

11月27日はフリマの日
11月21日

日時:11月27日(日) AM9時~PM3時

場所 : 新長田六間道商店街    

     JR新長田駅下車南へ徒歩約8分
     地下鉄海岸線 駒ヶ林駅下車すぐ



暑い位の日もあるし、日が落ちると一気に寒くなるので体調管理が難しい気候です。
外暮らしの猫たちは大丈夫だろうかと気に掛かります。
来月になれば大あわてで頑張るからちょっと待ってね

今、神戸猫ネットの仲間と160匹TNRの終盤戦です。
すでに155匹。
しかし25日までの期間中にまだ55匹TNRをしてあげたい猫たちが待っています。

フリマの用意も、26日(土)に恒例の公園イベント「サクラの園づくり」にミニ猫バザー予定しているのだけど用意ができません。
イベントでは子供達にプレゼントコーナー作ろうと思いますができるかな。
フリマは11月は27日(日)、12月は11日(日)
忙しい日々が続きちょっと一休み欲しい状況だけど、猫と人と共存するためにみんな精一杯頑張っています。

今から仕事前の30分、サクラの園づくりのチラシを配ってこよう。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

シロ お別れだね
11月15日

シロともう少し一緒にいられると思っていた。

13日の5時頃、ケージの中でごそごそ音がする。
ベットからでて横たわっている。
カイロ二つで暑かったのか、オシッコで濡れたシーツがイヤなのか。
初めてシロを撫でてみた。
シロがグルグル喜んでこっちもあっちももっと撫でてと撫でさせる。
あんた、こんなに喜んでくれるン?
仲良くなるまでこんなに時間がかかったんやね、いつも逃げ回って。
でもうれしい。
体中撫でてみた。
どうってことない普通の飼い猫やん。

同じ部屋で寝起きすることが生活になじみやすいのでみんなの動きが分かった方がシロにとっていいだろう。
子猫たちは寝る前も起きてからも私のフトンの上を走り回り顔にケリを入れドタドタ・・病猫には騒がしいかも。

朝、ミルク飲まず缶詰半分くらい。
寒くないようにお腹のあたりにカイロを置いて出かける。
この日、私は朝8時半から昨夜捕獲した猫を病院に搬送しTNR司令塔Sさんと別れた後、シロと一緒に入院した口の腫瘍で重体の子が亡くなったため引き取りに某市病院に走った。
昼に帰るとシーツの上にオシッコ(茶色い)しているので重ねたシーツの一番上を少し体を浮かせて引っ張ると楽にシーツ交換できる。
シロたちにご飯を食べさせ、シロに行ってくるからねと撫で撫でして1時に出かけた。
夕方帰ってシロにご飯、缶詰少し食べただけで、昨日から良く食べてるから大丈夫と6時に2カ所目の捕獲に出かける。
シロが気になっているが晩張らなくちゃ。
9時45分家に帰ってすぐにシロを見るとハウスに入って苦しそうに口呼吸し目が虚ろだった。
シロ、シロと呼びつ話しかけ続けた。
シロ、楽になるんやね。
辛いことばかりの生活やったね。
背中に二度も大ケガさせられたけど復活した生命力の強い子やった。
最後まで見届けて上げること。
息が浅くなって体に手を置くと、
グルグル
グルグル
そしてシロは行ってしまった。

孤独死ではなくて良かった。
最後にグルグル幸せやって伝えてくれて有り難う。

動物には感情がないと思いこんでいる古い考えの人には理解できないだろうけど、動物も喜怒哀楽があることを知っている人たちは幸せだ。
同じ時を共有できて楽しかった。


捕獲中に公園にもエサヤリに来るおじさんと出会った。
「みんな手術したら種が絶えてしまうやンか」って

増えすぎて嫌われる事がないように。
産みすぎてボロボロの母胎がかわいそう。
増えすぎた猫で困っている環境を改善しなければ人と猫と共存できない。
不妊手術で適正管理してもらって、猫も人も楽しく暮らせる社会でなければ。
不幸な猫がいなくなるように。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

シロ、一緒に暮らそうか
11月12日

先日来、お寺のこわがりシロが腰砕けしたようにヨロヨロしている。
その前4日見なかった。
腰に障害を受けたのか?外傷はない。
病気なのか?普段からの様子を見てエイズくらいはあるかもと思っている。
病院に行けば元に戻すことはできないだろうし。
保護すると言っても保護場所に困るし。
馴れない子は具合が悪くてもすぐに治療をするのも難しい。

今週初めから神戸猫ネットの仲間で、「160匹TNR」を実施していて
公園猫のエサヤリは毎日イナさんと春から週一エサヤリをして下さる赤さんとで頑張ってもらってる。
シロだけは私がエサと薬を飲ますのでTNRの時間を空けてエサヤリに行っていた。
シロは一番手のかかる子で、この子のために20~30分くらいあっという間に時間を取られる。
「シロ~~シロ~~」と呼ぶと鳴いて応えるけど近づいてこないしなかなかご飯も食べなくてイライラ血圧が上がる子だ。
「人間やったらええ加減にせえってどついてるところや」と動物愛護からはほど遠い台詞が飛び出す。

10日に公園南の住宅地で13匹TNRしたとき、シロのいるところはほんの目の先、
先日から保護しようと洗濯袋やキャリーを持って行っても捕まえられなかったが、弱ってきて今回はすんなりつかむことができた。
翌日、TNRの病院に搬送した後、捕獲した中にひどい脱腸の子と口に腫瘍ができて出血がひどいと言う子を別の病院に連れて行くのでシロも一緒にお願いした。

シロはWキャリアでした。血糖値が非常に低く、肝臓が非常に悪く、血尿、膀胱内にも血尿がたまっている、Wキャリアが発症している可能性もあり等々で今日明日持たないかも状態とAさんが電話してくださった。
治療をどうしますか?
今必要なことをお願いした。
公園猫の仲間達と常々、「延命治療はしない。苦痛を取り除く治療はしてあげたい。自然に穏やかに」と決めた。
ホスピスと同じ考えだ。
今日病院に行きDRから説明をお聞きして、「連れて帰って一緒に暮らします」
車の助手席でシロと呼ぶとニャーと返事して上半身起こし前足をモミモミ。のどを鳴らすので驚いた。
シロがこんなに喜ぶなんて。
日差しが暖かくて車の中は心地よくてシロは安心して体を伸ばしてまどろんでいる。
渋滞気味の高速だけどシロには良い時間が続いてる。

家に帰ってケージの中に発泡スチロールでハウスを造る。
保温がいいからあったかい。
シーツとフリースとカイロ2個入れてシロはのどを鳴らして喜んでいる。
好きなミルクを少しのみ、レトルトスープ1個食べ、2時に捕獲行く前に缶詰1個、帰ってきてミルク少しと缶詰一個。
公園で見るシロとは全く違うまなざしのシロがいる。
どの子も本当はこういう暮らしが幸せなのかも。
今、シロのことが書きたくて。
シロと呼ぶと頭を上げ、のどを鳴らし、そして寝返り打って寝ている。
ゆったりとした呼吸、今生きている。
どれだけの時間があるか分からないけど、みんなで一緒に暮らそう。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

幸せ暮らし お家の子になった大人猫達
11月5日

クロちゃん
11/11クロちゃん2
11/11クロちゃん3

先日クロちゃんの爪切りに行って下さるAさんとクロちゃん宅訪問。
一年前、お家の子にしていただくことになり血液検査をしたらWキャリアであることが分かり悲嘆に暮れていたけれど、今年春にAさんのおかげで優しい家族に迎えていただきました。
「行き場のない子なんやね」と。
高齢のお母さんとクロちゃんの二人暮らし。
クロちゃんは8畳の部屋をもらってストレスなしの悠々快適な毎日。
ごちそう攻めで毛づやピカピカ、大関、、お嫁さんBさんは横綱にするって(笑)
Bさんが後見人なので毎日ブラッシング、スキンシップに1時間はかけて下さる若様なんです。
お手伝いさんも大好きでついて回るそうでご家族や皆様に可愛がっていただいています。
お母さんはダッコしたくて。
でもクロちゃんは・・今回体重計ろうとダッコしたら逃げられたけど8㎏くらいありそうです(^-^)
Aさん「クロちゃん足が短いね」
Bさんと私「足は長いよ、太ってるから短く見えるだけよ」
座布団6枚重ねた上に電気座布団。どうね!
お母さんのベッドの下で寝ているそうで、「一緒に寝たい」とおっしゃるけど、巨体に押し出されますよ。


ポッキーちゃん
11/10ポッキー

今年は一匹里親様の元にでると又一匹と順調??にやってくる。
ポッキーは狭いケージで可哀想だった。
猫ボラ仲間のAさんに預かっていただいてそのままAさんがとても素敵な里親様を見つけて下さった。
足が長くてイケメン天然系のポッキー君。
猫飼い初めてのパパママさんの元で幸せにしていただいています。
「さざえさん家のどら猫してます」って(^-^;
お魚が好きでテーブルの焼サカナ盗んで逃走!
いまではちゃんとポッキー君用に焼いて下さってるとか。
ちょっと太ったそうで今が見頃。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット