公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
公園猫たちの大みそか
12月31日

皆様、今年もお世話になりありがとうございました。
公園の猫たちはまるまるぴかぴか元気にしています。
みんなそれなりに歳をとりましたが、これまでがんばって生き抜いてきたたくましさのある子たちが残っています。
現在公園猫は48匹ほどです。初めて50匹を割りました。
2007年にTNRした58匹のうち、今健在なのは16匹になりました。
公園に居れなくて流れていった子、死んだ子、もらわれて幸せになった子。
もっともっとたくさん、幸せ家族にもらっていただきたかったけど、私たちの力不足でした。

公園では猫小屋も置かせていただき、ご飯もおなかいっぱい食べ、人なつっこい子は通院もでき、ある程度のけがや風邪などは薬も与えることができても生存率は高くなくて、外暮らしの厳しさが再認識されます。

今年2月にロビンがいなくなり亡くなったと思われます。
5月9日にオイちゃんが事故でなくなりました。えさタイム来ないので探していたら近所のおじさんが「朝黒猫が道路で死んでいた、警官が5人くらいきていた」というのでビックリ。朝坂道に大きな血の流れが2カ所あり猫ではないかと見に行ったけど猫にしては多すぎる。散歩の人から死んだオイチャンの横に男性が気を失って倒れており救急車で運ばれたというので警察に聞きにいったが個人情報で話せないとか。オイチャンとおじさんの関わりは確認できませんでした。

5月26日腎不全だった武蔵が点滴やステロイドも効なく公園で亡くなりました。
二匹とも第一世代。
世話をする私とイナさんも健康や事情でいつまで世話ができるのかと心に問いながら通っています。
寂しいけど第一世代が旅立ったときが一区切りかと思っています。
5月に二匹をなくした後、すぐに6匹の新猫が参入しました(保護子猫除外)

猫が嫌いな人も毎日公園を歩き回って猫をみていると猫がかわいく思う時がくるようだ。
お花見に来ていた公園管理会会長と話をした。
「新しく捨てられたり流れてくる子がいなかったらもっと減ってる」
会長「そらそうやな」「キジで足の白い奴と黄色いのン、可愛いな」と言ってくれた。
ミルクときーちゃんのことだ。
ミルクは3丁目で産まれてやってきた、公園一大きくなった。
きーちゃんは07年にやってきたときは気の弱い心配な子だったけど今では一番人気になっている。
「ワシは猫は嫌いや」と言っていた人が「可愛い」と言ってくれるだけで嬉しい。

大晦日の今日もみんな変わりなく、ご飯をたくさん食べると安心だし、そうでないと心配したり。
小屋をひっくり返す哀れな人がまだいるので、小屋の確認にあちこち歩き回っています。

建設事務所の方に掲示板に里親募集のチラシを貼ってもいいといっていただいてるのだけど、よけいに捨て猫が増えないかと心配もあります。でも公園からいっていただける事に感謝でいっぱいです。
来年には大阪公園猫サポーター制度の事を聞いてくださるようです。
衛生課より建設局の方が許容性があるようなので期待できるかもしれません。

一歩一歩、前向きに行こう。
猫ボランティアが必要でなくなる日が来ますように。

ギャオ君(公園から初めて里子に行きました、A家17匹目のニャンでした)
gyao11
ギャオも あと3ヶ月したら うちの子に なって4年になります
うちでは ギャオの存在感はピカイチです
今年は 人も動物達も 胸が痛くなる一年でした
来年は みんなが 心温まるような 年になってほしいですね
よいお年を お迎え下さい
 ギャオのママさんより

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

環境省 動物愛護管理法改正に関する最終報告書まとめる  
12月25日

全国の動物を愛するみなさんががんばって送ったパブリックコメントの最終報告書がでたそうです。

ペット大好きさんが紹介されています。

環境省 動物愛護管理法改正に関する最終報告書まとめる」  
http://www.petoffice.co.jp/wpn/news.cgi?shop=honten&no=n2011122201

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

ニャン達のメリークリスマス! =^0^=
12月24日

北国はホワイトクリスマス。
といっても今年は辛さが先に立ちます。
人も動物たちも寒さの中で立ちすくんでいるような気がして。


今夜も寒さが厳しいというので、年寄りのベルに段ボール箱と波板で「仮設住宅」持って行った。
さっそく点検のために入っているのを目撃(見たよ~笑)

今日はクリスマスなので公園の猫たち、ごちそうだ。
焼津のまぐろと金缶とデザートに焼きカツオ半分づつ。
やっぱり今日はみんなご機嫌でよく食べた。
焼きかつお、予期せぬごちそうにビックリか?
みんなもっと欲しそうだけど、今度はお正月やね。
いっぱいプレゼント頂いたのでお正月もあるよ。

「のらねこ募金&フリー素材」のモン様から焼きカツオ&1万円プレゼント。
017_convert_20111224231358.jpg

   しんのママ様から毎月プレゼント、贅沢になりました。
045_convert_20111224231955.jpg


今年の春に仲間入りしたポポ(♀)が11月から怖がって逃げ回ってる。
ビビに追いかけられたようでどこにいるのか、毎日エサタイムの帰りに再度探しに戻っている。
今夜は御馳走なのに出てこなかった。
皆勤賞のミリーも今夜呼んでもこなかった、昨日よそから来たオス猫が怖いのかビビっていたから?

チビ(♀)がせきをしているので12月初めからカイロを入れてる。
おかげで最近せきをしていない気がする。
今夜もカイロ、あったかいね。
MMさんが毎年贈ってくださるカイロのおかげで年寄りや弱い子たち、あったかく過ごせています。
フリマで売れなかったセーターや頂いたフリース、毛布など貴重品です。
公園には20数個の猫ハウス置かせていただいてるのですが今も少しずつ修理中。
一巡したら衣類を又足してやろうと思います。
お正月も猫ハウスの修理になりそう。


今夜はメリークリスマス!!
我が家はケーキならぬ、焼き芋、保護チビ猫の絆&ナナと食べてます(^-^)

11・11絆&ナナ1

里親様募集中

絆(きずな)オス 推定4,5カ月
ナナ    メス 推定4か月


穏やかですなおな良い子たちです。
ラブラブの仲良しなので二匹一緒に育てていただけますようにお願いいたします。


皆様の応援のおかげで、Aさん預かり中のアップル&クーチャンと合わせて4匹、不妊手術ができました。


 里親様募集中!
アップル(メス)&クーチャン(オス)兄妹 5か月

アップル
11・11アップル
クーチャン
11・11クーチャン

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

笑 エリザベスカラー
12月22日

里親様の元でかわいがっていただいている、ミント(みーちゃん)バニラ(はーちゃん)
先日4か月で発情、避妊手術をしました。
麻酔がさめてバニラちゃんはえらく興奮状態になり病院に一泊。
翌日家に帰ってから落ち着いた様子のシャメをいただき・・爆笑

こりゃなんだ(^-^)かわいそうなのですぐ取っちゃいました
11・12・21エリザベスカラー

かわいい手作り術後服(ボロボロになったので作りました)
11・12・21手作り術後服

手術がんばったね
11・12・14術後

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

TNRの彼方
12月20日

11月に神戸猫ネットのメンバーと223匹のTNRを行った。
日本動物福祉協会(元)阪神支部の先輩と話をしたら「それだけしたらもうTNRする猫は少なくなったでしょう」
『とんでもない、氷山の一角ですよ、TNRしてるその先にいっぱいいます』
「こっちではもうそんなにいないと思うし、A市の○さんもそう言ってたわ」

神戸はめちゃ居ります、みんな一所懸命がんばってるけど限りなく。
どれだけの猫口がいるのか?
行政は全く関心ないけど、アニマルレスキューシステム基金さん辺りは把握しておられるのかもしれない。http://www.animalrescue-sf.org/index.html

TNRをして不幸な猫を増やさない、今いる猫たちに天寿をまっとうさせてあげたい。
それが目的だったけど、その先にあるものは。
猫ネットの集会に参加してくださったAさんは
「TNRの目的は猫の絶滅ですか?」
『ぅん違うよ、不幸な猫の絶滅ですよ』

TNRが広く行われて生物繁殖の70パーセントルールに達すれば10年先には野良猫はほとんど見かけなくなるだろう。
毎月、100匹不妊手術することが可能になれば、神戸市の飼い主のいない猫は目に見えて減少する。
動物管理センターで手術できないというなら、
どこの局でも行っている「外部委託」を取り入れることは可能ではないのだろうか?
NPOアニマルレスキューシステム基金にはそのノウハウがあります。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

転載「みどり町の野良ねこ問題を考える」シンポジュウムのお知らせ
「みどり町の野良ねこ問題を考える」シンポジュウムのお知らせ

【日時】 2011年12月17日(土) 13:00~16:00
【場所】 亀山市総合保健福祉センター「あいあい」
三重県亀山市羽若町545 
※JR亀山駅から亀山市バス「さわやか号」11:38発に乗車25分、またはタクシー10分

【主催・問合せ】 NPO法人グリーンNet d-kaihou@onyx.ocn.ne.jp
http://greennetmie.web.fc2.com
【協力】 THEペット法塾

講師
◆ 黒澤 泰(横浜市港南福祉保健センター獣医師)
◆ 工藤 久美子(NPO法人ねこだすけ代表理事
◆ 植田 勝博(THEペット法塾代表・動物法ニュース事務局長・弁護士)

パネルディスカッション
◆ 小林 正人(三重県議会議員)
◆ 武藤 安子(NPO法人グリーンNet代表)       
◆ 細川 敦史(THEペット法塾事務局長・弁護士)  
◆ 黒澤 泰
◆ 工藤 久美子
◆ 植田 勝博


<参加申し込み方法>先着150名
E-mailまたはFAXに 『シンポジウム参加希望』 と明記し、
① お名前 ② 電話 ③ メールアドレス ④ 所属団体 ⑤ 参加人数 をご記入の上、お申込みください。
尚、閉会後の懇親会への参加を希望される方は、「懇親会参加希望」と明記し「参加人数」を記入してください。    ◆ E-mail d-kaihou@onyx.ocn.ne.jp  ◆ FAX 059-389-5340

************
皆様もご存知の通り、三重県亀山市みどり町の自治会で野良猫一斉駆除計画が立ち
全国のボランティアやマスコミが注目しました。
新聞記事はコチラ http://mytown.asahi.com/mie/news.php?k_id=25000521110210001

動物愛護法の不備、地域住民の意識、行政の役割、いろいろと問題点は多くありますが
地域猫として活動を進めている地域があることも確かです。
この問題の地元である亀山市で開催するこのシンポジウム。
興味のある方はぜひご参加いただき、この問題の大きさと、今後について解決方法を
地元の県会議員や行政職員、地元住民にも真剣に受け止め考えていただけるように、
そしてご自分の地域に持ち帰って生かしていただければと思います。

===転載歓迎===

■□■THEペット法塾■□■
http://www.the-petlaw.com

ミドリ町ネコシンポジュームちらし

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

ネコ小屋のススメ
12月4日

昨日は雨の予報が晴れたので老いた従姉訪問を延期して、気になっている猫小屋の修復にかかった。
一番古いのは5~6年、隠して置いてもいじわるされ壊されても使ってきた小屋が2個、
寒い冬子猫の命を守ってくれた。
今も猫の生活に役立っている。
公園に置かせてもらってる小屋は20個を越える。
草刈りや木々の剪定のときも作業員の皆さんが配慮してくださり、周辺をうまく刈り取ってくださったり。
今年は公園を明るくするという要望でだいぶん刈り込んで隠していた小屋が丸見え(笑)
たまにいじわるする人もいるけど、心の狭い哀れな人だと思う。
ほとんどの人々は温かい声をかけてくれるしありがとう御苦労さまの声がうれしい。

猫の小屋を置かせてほしいとお願いした頃は、猫のためだけの思いだった。
今では公園に猫が定住できれば人と猫の棲み分けができ、猫が迷惑という摩擦を軽減できると思っている。
衣食住、猫に衣は不要だけど食べ物と住むところがあり安全であるなら猫はそこにいる。
小屋があっても安全でなければそこに住むことはない。
猫の安全を守ることは地域の安全を守ることでもある。
いつも言うのだけど、私たちは猫のえさやりに回るだけじゃなく地域の防犯に役立っています。
「一人だと怖くて散歩に来れないけどあなたたちがいることがわかってるから歩きにこれる」と言ってくださる女性たち。
子供たちにも暗くなったら「気をつけて帰りね」と注意ができる。
不審な人と出会ったらこちらから「今晩は~」と声をかける。

今日は昨日移動した猫小屋の場所が気に入らず移動しに行ったら女性警官が巡邏しておられ、小屋を設置している私に「御苦労さま」と声掛けてくださった。
地域猫のことや防犯のことなども話をさせてもらったのでまた一人、理解者が増えました。

猫小屋の修理はなかなかはかどらない。
せっかくチビの小屋、中の発泡スチロール箱大きくて快適なのにかえたのにボロ小屋に籠城。エサタイムに二個目のリフォーム小屋に放り込んだ。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

気がつけば冬の風
12月3日

11月はTNRでいっぱいで公園の猫たちも家の子たちもほとんどほったらかしだった。
キャパを超えるとほかのことに目が行き届かないのはわかってるけど。
保護子猫たち、里親活動しないうちにどんどん成長して(^-^v 
いい子たちです。
きっと良縁を信じています。


26日(土)
公園イベント「桜の園つくり」
猫バザーを出させていただく予定が準備できなくて、せめて子供たちにプレゼントをと思ったけどそれもできなくて。
26日は朝からリリースに走り回った。
4匹の子猫を「老母が家で飼います」といううれしいお話。3匹は先にTさんが捕まえ手術を終えたが1匹だけつかまらなくて、25日朝5時半に出掛けると隣のコンクリート塀の上で一人さみしく座っていた。
近づくとすぐ逃げてしまい結局いつものえさ場に捕獲機を置き夕方にかかったと依頼者からの電話あり。
これで4匹兄妹みんな幸せにしていただけた。
あとあちこちリリースに回る。
そんなこんなで公園に着いたら11時半ころ。
受付の皆さんが手を振って歓迎してくださる。
公園猫たちの写真(地域猫写真展に出したもの)、里親募集の子猫たちの案内版、捨て猫防止のポスターなどをいつもの気持ちのいい場所に張らせていただく。
町内でたくさん手術して保護しておられるという方に初めて会えた。

「豚汁できた~」の声に手伝いに行くと子供たちがわんさかやってくる。
今年は参加者190人にもなり、豚汁が足りなくてお代わりがない。
焼き芋も手際良く新聞紙を巻いて水につけ、アルミホイルに巻いて焚火に放り込む。
だんだん上手になってホコホコおいしい焼き芋にみんな大喜び。
メインイベントのバームクーヘンつくりは太い大竹にバームクーヘンの元を一回焼いてはまたかけ、焼いてはかけと何十回と繰り返して作る。
焚火の炎で顔が焼けて竹を回す人は大変だ。
2時間半かけて焼いたバームクーヘンを竹から抜くのは一番難しいが、ベテランたちが抱えながらきれいに抜いた。今年のバームクーヘンは最高の出来!!
これに値段をつけたらどんだけになるやろうって。きっと一本10万はするだろうねと。
もらったのを翌日のフリマにもっていきDさんとお茶して食べたがおいしかった。

27日(日)
今日のフリマは人が少ない。午前中は活気がなくてボョ~っとしてたら、
クー子さん、望ちゃんことマオチャンのかあちゃん、鈴子ママパパとかわいいジュニア!ジュニアは初対面で写真で見るよりずっと大きくなって抱っこさせていただいたらめちゃ重くてばあちゃんは子守りできへん。
腰が痛くなります。自分の足で歩けるようになったら一緒に遊びたいよ。
動物好きな少年が一人増えました。
もうお一人はシンガポールから一時帰宅されて手作りピアス作ってくださったMさん。ポチ子に会いによくきてくださっていました。
福女、福男がたくさん来てくださったので
 15,950円売り上げできました!!

さりげなく応援してくださる皆様に感謝しています。
猫と人が共存できる社会をめざしてがんばろうと思っています。
仲間がいるからできること。
ありがたいな~幸せを感じて生きていけます。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット