FC2ブログ
公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
TNRの彼方
12月20日

11月に神戸猫ネットのメンバーと223匹のTNRを行った。
日本動物福祉協会(元)阪神支部の先輩と話をしたら「それだけしたらもうTNRする猫は少なくなったでしょう」
『とんでもない、氷山の一角ですよ、TNRしてるその先にいっぱいいます』
「こっちではもうそんなにいないと思うし、A市の○さんもそう言ってたわ」

神戸はめちゃ居ります、みんな一所懸命がんばってるけど限りなく。
どれだけの猫口がいるのか?
行政は全く関心ないけど、アニマルレスキューシステム基金さん辺りは把握しておられるのかもしれない。http://www.animalrescue-sf.org/index.html

TNRをして不幸な猫を増やさない、今いる猫たちに天寿をまっとうさせてあげたい。
それが目的だったけど、その先にあるものは。
猫ネットの集会に参加してくださったAさんは
「TNRの目的は猫の絶滅ですか?」
『ぅん違うよ、不幸な猫の絶滅ですよ』

TNRが広く行われて生物繁殖の70パーセントルールに達すれば10年先には野良猫はほとんど見かけなくなるだろう。
毎月、100匹不妊手術することが可能になれば、神戸市の飼い主のいない猫は目に見えて減少する。
動物管理センターで手術できないというなら、
どこの局でも行っている「外部委託」を取り入れることは可能ではないのだろうか?
NPOアニマルレスキューシステム基金にはそのノウハウがあります。
スポンサーサイト



テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット