公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
公園の樹木伐採でネコ小屋丸見え(--;
1月31日

最近公園の樹木の伐採をかなり大がかりに行っている。
南斜面の住宅地との境にある木々が倒れたりすることがないように。
公園内があまりにも密生していて暗いから。
「公園ミーティング」での要望でもあるのを、迅速に確実に実行された。

うっそうとしていた林はスッキリ根元から切られたり剪定がされたりで公園内はものすごく明るくなった。
そして、隠れていたネコ小屋が丸見え(^^;
あるところでは5個が一カ所に集められていて、昼間行くと小さな小屋からアズキ達2~3匹飛び出して逃げる。
下の空き地で黒猫がまったりしているのも丸見え。
見えなかった住宅も丸見え。
   石垣の下に5個
007_convert_20120131225321.jpg
それにしてもボロ小屋になった。
素人大工で急造したものだけど、4~5年雨風に耐え、猫たちを守ってくれた。
そして、小屋に猫たちが住むことで、住宅地に降りる猫が減り、トラブルも減ってくれると思っている。

丸見えになった小屋たち、中には又意地悪するアホがいるそうで。
情けない大人が絶えないね。
ビービー弾ピストル持ってる子供達に注意したら「みんなでやめる」って。
子供の方が賢いです。

先日、神戸市建設局の公園担当者会議に、大阪市ゆとりと緑の「公園猫サポーター制度」担当者さんが正式にまねかれた。
まだ結果などお聞きしていないが、神戸市建設局のみなさんの「すぐやる気」が、エサヤリ禁止だけでは解決できないことを認識下さったと思う。
神戸市の公園でも、たくさんのボランティアがTNRを行い、適正管理をしつつ猫の保護活動をしておられる。
それらは神戸市衛生課の「地域猫認定」受けてないようだが
(地域の合意を得るという一項、印鑑がもらえない)
公園管理課から「サポーター制度」が提案されれば、公園が地域猫発信地になっていく。
動けばこっちの方が踏ん切りがいいと思う。
その次は・・住宅局だね。
 
    新入りはアジを咥えて遠くで食べる
006_convert_20120131225608.jpg

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

2月5日は神戸猫ネット会議です
1月31日

神戸猫ネットの2月会議は2月5日(日)pm1~4時

神戸市立総合福祉センター
http://www.city.kobe.lg.jp/life/registration/room/sougoufukusi-center.html

神戸市中央区橘通3丁目4番1号 〒650-0016
問い合わせ先 078-351-1464 神戸市立総合福祉センター

場所
神戸高速鉄道高速神戸駅徒歩2分、地下鉄大倉山駅徒歩4分、JR神戸駅徒歩6分(湊川神社西門前)



神戸市で飼い主のいない猫について関心のある方はぜひ参加していただき、いろいろな立場から発言をお願いします。

「飼い主のいない猫」問題は環境問題であり、私達は社会活動として取り組んでいます。
心ある市民が提案し行動することで動物愛護・環境問題である「飼い主のいない猫」問題を解決する道が開けると思います。
猫が好きな人も猫が迷惑と思う人も一緒に取り組めたら神戸の街はもっと住みやすい街になります。

今年はこれまでのみんなの努力を形にできるかどうか、
提言してきたことに対して、行政がどういう解決策を実施されるのか、期待するところです。

昨年から、保健所や動物管理センターでも愛護動物ひきとり時、これまでの対応と違ったようです。
「段ボールに入れておいたら引き取りに行きます」だったのが「簡単には引き取れません、氏名や引き取り理由などお聞きします」とのこと。
一歩一歩前進中です。
仕事だとしても、誰も安易に殺処分したい人はいません。
「保健所に持って行く」という意識改革が必要です。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

大阪公園猫の会「罰則付き禁止条例考えていない」大阪市が明言
1月23日

 公園猫の会さんのブログより
http://inunekoosaka.blog25.fc2.com/blog-entry-34.html

大阪市維新の会、東市議が提案している、「罰則付き餌やり禁止条例」について、
大阪市健康福祉局より、
「大阪市として餌やり禁止条例を制定するという思いは持っていないと明言されたそうです。

街ねこ事業も公園猫サポーター事業も継続して行うと言うことで、安堵しています。

大阪公園猫の会さんの結束力とご努力に心から感謝申し上げます。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

何かが起こる~
1月19日

外猫とつきあっていると毎日のように何かが起こる。

15日に捕獲した猫は、避妊手術の時、膀胱にオシッコが一杯たまっていたので絞り出してもらったら、
下部尿路疾患(ストラバイト)だとわかり血液検査などもしてもらい膀胱炎治療もして下さった。
女の子だから詰まりにくいけどフードを変えなければならない。
先生はストラバイト治療用試供品をたくさん下さり、私は公園猫達にファーストチョイスの低マグネシウムドライをたくさん買っていたところなので一緒にお届けした。
依頼者はエサをやり始めたばかりで、23年飼っていた猫と同じフードなのにと意外そう。
なんとか元気に生き延びてもらいたい。

この子をリリースしたとたん、隣の敷地からやせた猫が鳴いてご飯をねだる。
ムム、、一匹手術してこの子をしないのもかわいそう・・費用はこっち持ちなのでためらいあり。
でも、かわいそうやもんな~
「私が手術します」
病院に℡をして昼からの手術予約お願いした。
避妊手術とワクチン、レボリューション、ミミカット。
一度にするのは体に負担がかかり可哀想だけど、外の子には一回だけのチャンスとなる。
特に若い猫にワクチンをしておくと生存率が高くなる。
この猫は「若くないわ、犬歯がグラグラしてたから抜いておいた」

若くなくて捨てられてガリガリで。
せめて術後二日はしっかり食べさせて休ませてやりたい。
良く食べ良くウンチ、良くオシッコ。
翌日、クシャミと鼻水。風邪引いたようなので治るまで置いてやりたいと思ってしまった。
今は誰も捕獲していないので車は「空き」
パセトシンのませ、高栄養食なども食べさせ体力をつけて元にリリースしよう。

017_convert_20120120000418.jpg
12日(木)からチャトラケンタがいなくなり心配していた。
初めての人にもダッコされるくらい人なつっこいので里親募集している。
ケンタとケンジ兄弟は昨年5月頃に公園入り口に現れた。
今年2才くらいの♂。
里親様、いませんか~
いつ里に掲載しているけど一件もオファーがない。
月曜朝一番に動物管理センターにも電話を入れた。
18日、「行方不明の猫を探しています」チラシを作ってラミネートして、いざ貼りに行くと家を出たら
ピュ~と鳴き声。
ケンタが帰ってきた!!
うれしくってさっそくおいしいご飯、がっついて食べる。

公園内に小屋を置いてやれば住宅地にいることが少なくなると思うので、他の所の小屋を担いできて補修。
急斜面の上方に小屋を置き、晩にご飯を持っていって小屋を教えた。
シャーがケンタを追い払う意地悪をする。
弱虫シャーが、おとなしいケンタ兄弟を追い払うなんて弱肉強食ってことゆるさんわ。

公園の猫模様は心配なことがいっぱいあり。
カリンは右前足をケガしてるようで、かなりのビッコ引いてくる。
毎日ビブラマイシンのませてる。

006_convert_20120119235850.jpg
今日は終日の雨。
みんなご飯を食べに来たけど、ポポだけ消息不明が続いてる。
誰もいなくなってからご飯を食べに来ていると信じて、きまった所に置きエサしてる。
ポポ、会いたいよ。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

去勢したら弱くなるって本当?
1月15日

以前ベテラン猫ボラさんに質問されたことがある
「オス猫を不妊手術したらメスに虐められて可哀想だから手術しない方がいいかしら?」

へ~ぇ、知らなかった。
私達の公園猫で見る限り、去勢したからメスに虐められるオス猫はいない。
相棒のイナさんも同意見。
「去勢手術してもしなくても弱いオスは弱いよね、どっちにしてもメスに追い回される子は同じや」
「やっぱりオスがメスを追いかけて、メスが怖がってる方が多いもの」

去勢手術しているオスと、していないオスではどうだろう?
一説では去勢したオスは弱くなると言うけど?
私的には、そのときの条件ではないかと思う。
公園の猫たちは自分の縄張りに入ってきたらジッと観察したあと、弱いと見れば追い出すし、
でも、強いオスが入ってくること無いな~
強ければ同じ縄張りにいられるんだし。
弱いオスだって、いつの間にか入って定住している。
弱いなりに処世術があるってこと。

グループにより、許容性が違う。
新入りが入りやすいところとそうでないところはハッキリしてる。
たくさんいるところの方が新入りが多い。
家の猫が一番新入りを受け入れがたいと思える。
とにかく、オスだって手術をしてあげないと、デメリットが多すぎる。

11月のTNR作戦の時、♀104匹全員妊娠していなかった。
繁殖期前に手術をすることが猫たちにとっても体に負担をかけないので良いのだけど。


今日は知り合いの依頼で猫一匹捕獲に行った。
家の周りに来るようになりエサをやっていたら、「お腹が大きいんじゃないですか?」と言われたそう。
呼ばれるとすぐに出てくる素直な子、でも逃げる。
あっという間に捕獲完了したら
ご主人「何でそんな簡単に捕まえられるンや」

考えてみると「猫の気持ちが分かるから」って事かな。

お茶の先生なのでおいしいお手前とお茶菓子を頂き満足。
自分で立てたお茶も格別。
家で立てたらおいしくないのはお抹茶とお湯の量があってないから。
お茶を知らない人はお湯が多くなるそうだ。納得。

帰って夕方、家の近くにいる兄弟猫でまだ手術していない黒猫ケンジを捕獲。
今夜は二匹、車の中でホカホカ、でも不安な一夜を過ごしてる。

11・11クーチャン
11・11アップル
里親募集中  くーちゃん♂5ヶ月・アップル♀5ヶ月

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

里親詐欺情報が入りました
1月14日

新たな被害者を出さないために転載します。

転載

〈里親詐欺情報〉
名前: F (○じ)
31、32才
男 一人暮し 一戸建て(2階建て文化住宅)。
ひらかた市どう○町○丁目。
072ーXXXー7920
070ーXXXー0182

豊中・伊丹のボランティアの人が騙しとられています。
ぱど、いつ里に接触してきています。

被害者おそらく数名。
誠実そうで、誠意の有る返答する、 家も見に来ていいと言い、間取りや家賃4万円も伝える、パニック症候群の通院して薬を飲んでいる、医師から動物が癒しになると言われて、と全てを包みかくさずに伝え、誓約書も交わす、自分は一人暮しだしダメだったらあきらめます、と言う、猫もやさしく抱えこんで目を細めながらジヤラシで遊び、不信な点が何もないように思う。
お試し2週間で渡し、その後逃げた、いなくなったと伝えてきた。
問いただすと、男友達が殺したと言った。
虐待し殺している模様です。猫のお世話が出来ない時は猫好きの男友達がみてくれると言うので、男友達と凶暴してるかもしれません。手にケガも無くまるで二重人格じゃないかと思うほどの怖い人です。
猫ボラの人4人が男性を取り囲むようにして聞き取り審査したのですが、騙しとられてしまう、穏やかで優しそうです。
注意して下さい・・

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

警察を呼ぼう♪
1月12日

お正月から何にもできない無気力状態。
そろそろなんとかしなくっちゃ。

昨年11月のTNR事業が終わって、エサタイム代わってていただいていたのを復帰した頃から、
公園てっぺんの「きーちゃんとビビ」の小屋がほぼ毎日ひっくり返された。
中の発泡スチロール箱を引きずり出して植え込みの上に投げ出していたりとエスカレート、あまりにしつこいのでいっちょ捕まえたろか~!
どちみちアホのすることだから腹も立たないけど、ええ加減にせんか~!

12月に小屋の前に、「意見のある方は公園管理事務所か衛生監視事務所に電話して下さい」などの文言を書いたチラシを貼ったら、直後破り捨てられていたので、犯人の来る時間を推定することができた。
お正月三が日は被害なし。

今日、反対側の木の陰で張り込みをした。
なんだかワクワク(^-^;
どんなおっさんが来るかナ~、逃げたら蹴り上げたろ、、暴力ふるわれたら傷害罪で逮捕やな、とか。
待つこと10分、右の方から水色ズボンと暗い色のジャンパーと緑の毛糸帽子かぶった男が後ろを振り返り人がいないのを確認しながら小屋に近づき、又も後を振り返って、ネコ小屋を担ぎ出して中の発泡スチロール箱をひきずりだし、木の本体を担いでいる。
「何しとんや!」
「やっと会えたわ」
「警察呼んで話ししよか」
「そこ座り!」
男はコックリするだけで無口。
110番するとGPSですぐ場所が特定できる。
警官が4人来て下さった。

この公園で許可をもらって地域猫活動をしていることやネコ小屋も管理会などの合意を頂いておかせてもらってる事など説明し、猫小屋への妨害を最初から説明する。
いつも警察署に行ったり110番で来てもらっているのでスムースだ。
男は74才で、警官から職質を受け、保健書提示など求められおとなしい。
「なんでこんなことするンや」と聞くと「分からん」
「なんでしつこくやったんや」・・「今日だけや」
「コソコソするようなことするな」というと「ゴミを片付けてる」
警官「掃除道具何も持ってないやん」
おっさん「こんなとこに猫の小屋置いてるから」
警官「猫の小屋って分かってるやん」

オジイは都合が悪いとだまり、惚けたふりする。
「もうせえへんな」オジイ「せえへん」
私「ちゃんと謝まらなあかんやろ」
オジイは座ってポケットに手を入れたまま「すんません」
警官「それじゃ謝ってないで、立たなアカンやろ」
オジイは立ち上がって「済みません」

警官の皆さんと猫ボランティアの話をした、中で「行政はあかん」という意見も。
保護した犬を家に引き取ることになって動物管理センターに連絡したら「飼い主以外引き取りできない」と断られたと。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

「THEペット法塾」動物愛護管理法改正 意見交流会 1月20日
「転載」

動物愛護管理法改正 意見交流会
『真に動物を守る法律へ』
~殺す行政から生かす行政へ、今こそ転換を~

【開催日時】 平成24年1月20日(金) 13:00~17:00

【開催場所】 衆議院第一議員会館 大会議室


東京都千代田区永田町2丁目-2番1号
・東京メトロ/丸の内線/千代田線 国会議事堂前駅下車
・有楽町線/半蔵門線/南北線 永田町駅下車

【主   催】 THEペット法塾
http://www.the-petlaw.com
 2012年に改正される動物の愛護及び管理に関する法律について検討してきた
環境省の動物の愛護管理のあり方検討小委員会も終わり、意見の調整ができていない部分については、今後、国会議員にバトンタッチして、内容が審議されることになっています。

特に、業者規制の要でもある、生後8週齢未満の子犬子猫の流通を禁止する改正案については
多数のパブリックコメントが寄せられたにも関わらず、業者の強い反発を受け、最終的には議員の方々の判断に委ねられることになってしまいました。
前回の改正で見送られた8週齢規制が、今回の改正でも実現できなければ、
過密飼育・劣悪飼育によって苦しむ動物達の状況はこれまでと何ら変わることはなく、
業者の利益だけを守ることになってしましいます。

また、三重県みどり町問題のような、駆除目的で捕獲した野良猫を行政が引取り殺処分ができるという
誤った法解釈がまかりとおるということについても、この法律改正において明確に修正する必要があります。
この部分(動愛法35条、引取り義務規定)が変わらなければ、いつまでたっても猫の殺処分数を
減らす事はできませんし、地域猫・TNR活動に尽力されている方々の努力が報われません。

今回の意見交流会は、主だった署名やパブリックコメントも終わった今、改正の鍵を握る国会議員の方々に
私たちの熱意と思いを伝える、最後のチャンスとなります。

動物愛護管理法の基本原則を尊重した「真に動物を守る法律」への改正にむけて
皆様のご参加をよろしくお願い致します。

【主な内容】 

テーマ① 動物愛護管理法35条 行政の引取り義務の制限(撤廃)についての意見
◆意見発表 
松崎正吉(熊本市動物愛護センター所長)
黒澤泰(横浜市港南福祉保健センター獣医師)…他
      
テーマ② 野良ねこ等所有者のいない動物について「行政の保護義務」及び
「国民の愛護・保護義務」規定についての意見
◆意見発表 
高木優治(新宿区保健所衛生課職員)
工藤久美子(NPO法人 ねこだすけ代表理事)
山田佐代子(財団法人 神奈川県動物愛護協会会長)…他

テーマ③ 動物取扱業者の規制についての意見
◆意見発表 
野上ふさ子(NPO法人 地球生物会議ALIVE代表)
エリザベス・オリバー(NPO法人 アニマルレフュージ関西代表)
◆取材報告 
太田匡彦(朝日新聞社 「犬を殺すのは誰か」著者)…他

□■意見交流会(パネルディスカッション)
◆パネリスト 
岡本英子(衆議院議員)
野上ふさ子
工藤久美子 
松崎正吉
高木優治
細川敦史(弁護士・THEペット法塾事務局長)
各党国会議員(依頼中)
…他
◆司会
植田勝博(弁護士・THEペット法塾代表・芦屋市教育委員長) 

※内容は変更になる場合があります。

参加ご希望の方は、THEペット法塾HPの申し込みフォームよりお申し込み下さい。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/22537f60148740
先着300名。

【後援】
NPO法人 地球生物会議ALIVE
NPO法人 ねこだすけ
NPO法人 アニマルレフュージ関西
NPO法人 動物実験の廃止を求める会(JAVA)
財団法人 神奈川県動物愛護協会

**転載歓迎**

この意見交流会は、THEペット法塾初の東京開催です。
今まで大阪ばかりの開催で足を運べなかったという方も、もちろん関西圏の方もぜひご参加ください。
すでに多数の申し込みがきていますので、早めにお申し込みください。
北風ピューピュー
1月11日

PICT0024_convert_20120111221046.jpg

昨日まで穏やかな日が続いてのんびりした気分でいられたけど、今夜は寒風が吹きすさび、体感温度は0度を下回ってるんだろう。
外暮らしの猫たち、小屋のある猫はそれなりに落ち着いて眠ることができる。
小屋のない猫は。
保護活動も知らなかった頃に経験した、深夜雪降り風が吹く公園の植え込みの何もない所で7~8匹の猫たちが頭を寄せて輪になり、クシャミをしながら小さく竦んでいた光景が思い出される。
家の猫がいなくなり何度も家の周辺~公園の山の向こうまで探しに行ったときの光景。

家に帰り発泡スチロール箱を持ってきて、全員が入れなくてもなんとか弱い子だけでもと置いてきた。
翌朝、太い竹の棒と割られた箱が散乱しているのを見たとき、ザラザラした気持ちがあった。
やった人間の醜さに怒りが湧いた。
「地域猫の作り方」の「寒かろう のら猫」

家の中はストーブの暖かな空気が満ちて、家猫、保護猫たちはそんな世界があることもう忘れたことだろう。
保護チビ達、二匹一緒じゃダメなのかな?
一匹ずつにするのは忍びなくて決心できない。
すぐに忘れるんだろうけど二匹一緒にもらってくれないかな。
絆はともかく、ビビリのナナは一匹ではもらい手ないもんね。
今日「○○」に広告申し込んだ。

お正月も猫たち、ご馳走。
人間より猫のご飯を気にするお正月(^-^v
年末に確保しておいたマグロの剥き身をたくさん持って行った。
上等の猫缶も惜しげなくふるまったし。
チーズもいつもより多めに。
猫「今日はなんやろな~いつものまずい缶詰とちゃうやん、毎日もってこいよ」って言ってた(と思う)
  あられ
007_convert_20120111220344.jpg
  ウルサ
006_convert_20120111220444.jpg

お正月明けには又ネコ小屋のリフォーム。
アラレが入ったらいいと思っていたらウルサが入り、写真撮ろうと思ったら出て来て、ブラッキーが入って、
後ウルサはどうしても入らない。
そしたらショーがちゃっかり入ってブルーとルンルンで、「ご飯もってきてぇな」とばかりご飯食べに来ず。
今日は「食べに来んかったらやらんよ!
  大ちゃん&ハーちゃん
009_convert_20120111220213.jpg
せっかく大ちゃんの小屋リフォームしたのに、誰か他のキジが入っているとイナサン情報。
みんな入り乱れて小屋の取り合い。
空き小屋もあるのに移動せねば。

年寄りベルの為に作った仮設小屋はすぐに意地悪シロに乗っ取られた。
毎晩空き小屋にベルを押し込んでは逃げられる。
なんでやん?
なんで入らんの??

毎日ネコ小屋ひっくり返すアホがいる。
今日こそ張り込んで「会えるのを楽しみにしてました」と言えると思ってたけど来客ありで行けなかった。
小屋もひっくり返して無くて今日は寒いのでお休みだったようで。

病猫テレサも我が家に来て丸二年たった。
いつ死んでもおかしくないと言われたけど、頑張ってます。
寒くなって少し痩せたし階段を上る足取りは少し落ちたけど、食欲もありお腹が空くと降りてきて口音モシャモシャ音させて意思表示。
ヒザの上、誰もいないと飛び乗って来る。
019_convert_20120111221543.jpg

ストーブの前で一家団欒・・とは行かないけど(家の猫たち子猫嫌い)
毎晩平和・・ではないけど、チビ達走り回って大人猫の怒声が続く。
今年もよろしくお願いいたします。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット