公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
223匹TNR活動 その2
2月23日

短期間に多数捕獲を実施するために必要なもの。
情熱のある仲間達。
捕獲器
捕獲器を包む大風呂敷
ペットシーツなど
エサ
引き受けて頂ける動物病院(一日約50匹手術可能)

主力3人の他に、土日や夜などに参加してくださった仲間達。
長田のH夫妻、東灘のTさん、兵庫区のKさん・Sさん・Mさん、長田のTさん・Sさん。
みんながTNR依頼情報やノラネコ情報を持ってきてくれた。
捕獲終盤に、アニマルレスキューの獣医さんがSさんに質問された。
「なんでそんなに連れてくることができるんですか?」
S「ボランティアのネットワークで情報が共有できるから」
他の人達が予約数を確保できないことが多いけれど、神戸猫ネットは「あとどれくらい入れられますか?」と予定数を上回って手術を行ってきた。

捕獲器
仲間達からも借り31台、アニマルレスキュー10台、尼崎OCNさん5台。合計46台。
これだけあってもローテーションギリギリだった。
1日目 捕獲
2日目 手術→保護
3日目 午前中リリース
空くとすぐに洗浄、消毒をして次に使用する。(洗剤で洗い、ハイターで洗い、消毒薬を噴霧)
Sさんは病院通いが忙しいのでTさんか私ところに捕獲器を降ろしてもらい、できるだけ負担分散を心がけた。TさんグループのAさんが捕獲器と風呂敷の洗浄を応援してくださったそうで感謝です。

大風呂敷
私たちは捕獲したら捕獲器をすっぽり包む大風呂敷を利用している。
真ん中にペットシートを敷き、尿などが漏れないようにし、全体を覆うことで猫は落ち着く。
すっぽり包むことで病気やノミなどの感染を防ぐことができる。
いろいろな場所から集めるため、一番大切なことはパルボなど感染をさせないこと。
間違いなく元の場所に返すこと。

メモ
一匹ずつを確実に元の場所に戻すために、荷札に捕獲場所・毛色・担当者名を書き、捕獲器に付ける。
他にアニマルレスキューの伝票、ボランティア名、℡、住所、捕獲場所(住所)目印(毛色)必要な手術、薬その他をチェックシートに書き風呂敷に貼り付ける。アニマルレスキューはこれを資料としてデーター管理する。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

2月のフリマ出店します!
日時:2月26日(日) AM9時~PM3時

場所 : 新長田六間道商店街    

     JR新長田駅下車南へ徒歩約8分
     地下鉄海岸線 駒ヶ林駅下車すぐ



寒い寒い日が続きますが、日差しは日一日暖かさを増しているように感じます。
2月22日はニャンニャンニャンの日。

猫たちの春、フリマで少しでも不妊手術の啓蒙できたらいいな。


テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

223匹TNR活動 その1
2月16日

223匹TNR活動 (11月7日~25日)

10月に神戸猫ネット仲間のSさんより、アニマルレスキューシステム基金が無料手術キャンペーンを行う予定があり、兵庫区と長田区地域限定で、Sさんに120匹枠を提示されたことを聞いた。
「無料」なんて考えられない吉報だ。
一も二もなく「やろう!」
Tさんはすでに前シーズン120匹TNRを実施経験がある(3,000円キャンペーン)
メンバーは司令塔Sさん・Tさん・しんの3人がフル出動である。

その後、Sさんからノルマ160匹になったと連絡あり。
他のグループに振り分けられた無料枠が達成困難で降りたため、私たちに上乗せが回ってきた。
120匹は楽勝と思ったが、160匹は重い。
無料と言われたが実際は160匹以下であればその数に応じて有料になると言うのだ。
Tさん達が行った3000円キャンペーンでは120匹の半分くらいしかお金を払ってもらえず自腹を切ることになった。
今回は赤字にする気はない。
160匹目指して頑張るしかない。

猫ネットの事業として捕獲搬送リリースを行い、1匹3,000円を協力金としていただくことにした。
全ての雌猫にコンベニア(2週間効く抗生剤)をこちらの負担で入れる。
TNRには想定外のリスクがつきものだが、今回も多くのリスクが発生した。

司令塔Sさんに指示を仰ぎ、3人それぞれの行動、連携をとりながら捕獲開始!
まず、依頼のある捕獲を優先させる。
依頼者のない捕獲は繁殖地になっていて地域の問題が大きいところなどに重点を置く。
○○地のエサやり達が「ただやったらやってもええ」と言ってると聞いて
「あかん、そんなこと言うところはせえへんで!」猫はかわいそうだけどエサやりの性根があかん。

キャンペーン開始すると、一日の手術数割り当てが少ないので2週間足らずの日数で160匹は達成できない、できるだけつっこめるようS司令塔に病院と連絡を密にしていただき、一日10~20匹位をめどに多めに捕獲するよう心がけた。
持ち込み枠と捕獲場所の猫数を計算しながら三人が別々に行動することが多い。
司令塔はメンバーと病院との連絡だけでも大変な重圧がある、他に病院への搬入とお迎えとリリース。
20匹乗せられる車は彼女しかないのと、戦場のような病院に精通した人に連れてきて欲しいと病院側の希望もありSさんは走り回ってくださった。

続く

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

足下のTNR
2月15日

今日で三日続きの雨。
曇りだと書いてあったのに天気予報当たらないな~
カラッと晴れて欲しいとびっしょり濡れた公園を歩きながら寒くて冷たくて不愉快な環境で暮らす者を思う。
明日は晴れ!

最近、我が家の庭に見知らぬ猫が複数到来している様子。
昼間に大きなシャムとサビを見かけた。
夜から朝にかけてオス猫の歌声が聞こえるしグッドチャンス、自宅庭でTNR実施することにする。
11月のTNR作戦の時に聞き込みしたけれど、情報がなかったのでここらは手をつけていない。

庭と隣家の路地に数台仕掛けておくと、サビがかかった。
確認するとミミカットあり、数年前に町内で捕獲した猫のような気がする。
昼間に見たサビは短毛でこの猫は長めの毛だった。

今回の予定は4匹、公園に行き一番若い福ちゃんを捕獲予定に入れているので夕方出かける。
イナさんがエサタイムに来ると出て来たけど、超こわがり。
車の音に逃げ、場所替えてイナさんが誘導したらすんなりご用。

亡くなったこわがりシロを保護するときにも捕獲を試みたが捕獲器を見て逃げていったチャトラ。
大分馴れて今回は捕獲成功。

家に帰ると大きなキジオスが入っており、今回オス3匹。
後も捕獲器設置していたけど雨が降ってきて撤収。

翌日午前中に手術してもらい夜お迎え後、順次リリース。
チャトラは私の顔を見上げてしっかり見ていたのでしばらく来ないだろうな~
去勢手術と3種ワクチン、レボリューション。
一度にするのは負担が大きいのは分かっているが一生に一度のワンチャンスなので頑張ってもらう。

術後どれくらいでリリースするのか、いろいろな考えで実施されていると思う。
私達は翌日リリースが多いが今回のオスのように当日リリースのこともある。
数日も保護されている人もおられる。
怖がってエサも食べず、トイレもガマンし、術後汚れた捕獲器内で保護すると傷が汚れる心配もある。
良く食べるくらいなら良いけどそうでないならストレスのリスクが大きいと考え早めのリリースを実施。
それでもメスは一晩は様子を見ておきたい。
家猫の場合、メスは二日くらいはジッと動かない事が多い。
三日目くらいから食べたり動いたりしている。
外猫は条件が悪いのでもっと長くジッとしてるのかもしれない。

行政が無料あるいは原価で不妊手術をしてくれる日を心から期待している。
それでなければ、「不幸な猫がいなくなる日」はいつまでも来ない。
市民ボランティアの善意におんぶにダッコ、
飼い主のいない猫問題は行政の仕事と思っている市民は多い。
市民が身を削って行なう限界を超えている


「予算がない」なら稟議書もって取りに行かねば何もしなくて出してくれることはない。
「殺処分半減」目標を達成しなければならない今こそ予算獲得頑張って欲しい!!
大阪公園猫サポーター制度の
「ふるさと納税制度を利用しての寄付」をモデルにしたらどう!


アニマルレスキューシステム基金の「2000頭調査など見て欲しい。
http://www.animalrescue-sf.org/index.html

育ち盛りでモリモリ食べます。しっかり身が詰まった健康優良児。二匹一緒にというのは贅沢な望みでしょうか。
ただいま、里親募集中!
11・11絆&ナナ1

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

「大阪市ふるさと納税」で公園猫サポーターをサポートしよう!
2月9日

ご紹介

おおさか公園猫の会
http://inunekoosaka.blog25.fc2.com/blog-entry-31.html

大阪市では、ふるさと納税制度を利用して公園猫サポーター制度の寄付を募っています。
という記事を読んで目から鱗、こういう形で行政が行う事業をサポートすることができるんだと初めて知りました。
これならどこの市町でも行えるって事ですよね。
市民のために行う事業を直接サポートできるのは目に見える応援なので、こういう制度、おおさかからの発信は広まって欲しいです。

「維新の会」市議が猫のエサヤリ罰金条例を議会に出したこともあり、新行政体制の中でサポーター制度が今後どうなるのか案じています。
サポーター制度に寄付など目に見える形でサポーターが多ければ、制度の後退はあり得ないと思います。

せっかくできた、私達が目指そうとしている「サポーター制度」のサポーターになりましょう!!

詳しくは「こうえん猫の会」ブログを読んでください。

絆&ナナ
ただいま、里親募集中!
風邪は少し良くなりましたが、まだ鼻水とばしています。風邪薬替えてみました。至って元気でごんたしています。二匹そろってお家の子にしていただけると幸せです。
11・11絆&ナナ1

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

寒さ厳しく雪降り積む
2月2日

どこからか雪がちらほら飛んできた。
エサタイムになると風と雪とであっというまに公園は白くなった。
年寄りベルは来ない、きっと小屋にこもってるんだ、帰りの分をまってるンやろな。

ピュー太とブラッキーは風あたりの少ない植え込み近くで食べさせるが、食べてる間に背中に雪が乗っていく。
「一杯食べよ」
食べたら死なへん、と言うのが公園猫への口癖。
この頃、口の中トラブッてる様子のブラッキーは歯にエサが挟まるなどで小食になった。
今日のトッピング、半額で買ったツバスと鶏肉。
ブラッキーには多めに食べさせる。

グリーンはブルーが使っていた発泡スチロールの小屋から出て来た。
彼はみんなからウ~~と唸られる嫌われ猫。
メスとか気の弱いオスを追いかけ回す意地悪だから。
でも、ウルサに攻撃されて転がされたことがある。
好き嫌い激しく、何食べるン?いらんのやったらええよ、と食べなかったら片付けてしまう。
で、いつまでもウロウロついて回るのだ。

ウルサとアラレが一緒に迎えに来てくれる。
ウルサを小屋に入れようとダッコして(腕の下を持ってぶら下げて)小屋につっこむがウ~と抵抗。
入っては出て来、3回目にちょこっと引っかかれてしまった。
023_convert_20120202222517.jpg

チビは自分の小屋に入らず、アラレの小屋に引っ越し。
昨日は追いかけ回したら、ココアの小屋にまで逃げ込んだ。
チビの小屋、カイロを回収したら、なんと12個も出て来た、
これで居心地が悪かったのか。アラレの小屋から毛布持ってきてカイロ入れて、ご飯終わったチビを抱えて入れ直した。

みんな、それぞれ個性があってほめたり怒ったりしながら毎日のエサタイム、2時間半かかっています。
帰りにポポにエサヤリに戻る。
ベルが近回りして来ると、甘えて鳴くポポを追いかけ回し木の上に追い上げた。
せっかく慣らせようとしてるのに!
ベルを追いかけ回して、でもやっぱり寒いから小屋にカイロを持って行く。
あんなに嫌がっていた小屋だけど、あんたがいっつも寝てるのを知ってるんだから。

あと、家の近くでケンタケンジにエサヤリ、今夜はケンタが来ない。
どこかでエサをもらってるんだろう。
最近首輪と迷子札つけた、誰か電話してくれるかな。
里親募集中。


絆&ナナ、風邪引いてひどいクシャミとキーという鼻音に心配だったけど、やっと少し元気になった。
風邪の間にナナは私のヒザを占領するようになり、一番にフトンに潜り込む。
ただいま、里親募集中!
11・11絆&ナナ1

うれしいご報告です。
アップル&くーちゃん姉弟はそろってお家の子になりました。
くーちゃんをと言うお話しだったのですが、仲良しのアップルもお願いしましたら喜んでと言っていただきました。
お届けの翌日には、アップルはお父さんのヒザの上で甘えん坊。
くーちゃんは二代目タマ君、アップルは姫となりました。
応援してくださった皆様、有り難うございました。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット