公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
避妊手術にもっとも適さない時期
4月10日

今頃のTNRに出かけると、お腹が横に張り出した臨月の猫か、出産直後の猫に行き会う事になる。
臨月でもDrは避妊手術(堕胎)をして下さる。
不幸な猫を増やさない、そのために申し訳ないけど捕獲する。

出産後の猫は子育てが一段落するまで捕まえたくない。
特に出産一ヶ月までは体に良くないと言われている。
産後と分かる猫は、捕獲器から牽制しているが、捕獲してしまったら二度と捕まらないから仕方なく手術になる。

9日にオスだと思って捕獲した猫だが帰ってからの連絡で、出産一ヶ月くらいの子がいたと分かった。
10日朝一番に病院に入れたから午前中の手術と思うが、本来なら一泊様子を見、食べさせてからリリースするのだが、仔猫の安否が心配なため、できるだけ早く帰してやりたい。
「ゴメンね、ゴメンね、頑張って生きてね」
謝りながら扉を開けてゆっくり帰って行く姿に無事を祈る。

11月のTNR作戦時の仲間達はそれぞれに依頼されたTNRをあちこち行っている。
Tさん、Sさんと「お腹が大きくなってからギリギリに依頼する人ばかりだけど、妊娠していない時期にガンバラなあかんね、10月~11月に今年もできたらいいね。
それと、あちこち分散しても流れてくるし点ではダメでエリア全体をしないとあかん」
やっぱり、これは行政のする仕事やわ。
無料か実費でしてくれるなら、捕獲器積んで走っていて見かけた猫は片っ端から連れて行ける。
本気で猫を減らしたいなら行政が手術するべきやね。

今夜から又雨、
あの子達の町はまだ人情がましかな。
ご近所の方々が話しに来られて、
TNRの説明をして帰ってきたら宜しくお願いしますと言うと「有り難うございます」と返ってくる。
多くの住民がそうだといいな。


テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット