公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
今年最後のTNR
12月28日

給食は整列をして

今朝六甲山は白く雪化粧。
このところ、カッパを着てエサヤリに行く日が多いです。
冷たく寒い中、猫たち頑張って食べてくれます。
一杯食べて丸々してくれたら安心できます。
マグロ刺身が一番人気、でも少ししか当たらない。
サーモン、スープ、チキン、鶏レバー、小アジ、など温かいトッピングでちょっとでも温かく感じて欲しいな~
牛乳も少し温めるけど、チンしすぎると飲まない?味が変わる?贅沢ですわ。
缶詰もレベルアップしてミニ缶やパウチを入れると食い付きがちがうんです、甘甘です。

年寄りオマケ君は、即席の猫ハウスが気に入ったようで、外で食べたエサの残りを小屋に入れておくと次の日にはからになっています。
カイロ付き住宅で手を入れるとホッコリあったかいので、この寒さもしのいでくれると思います
(M・Mさんカイロありがとう!)

25日に今年最後の捕獲に行きました。当初10匹の依頼だったけど、気の強い三毛が気の弱い子達を追い払いこなくなったそうで、結局7匹の捕獲になりました。
この依頼者は、エサを買いに行ったとき、買い物をしている人に話しかけられて手術をしたいけどどうしたらいいか分からないというと、私の電話番号を教えてもらったそうです。
どこの誰か分からないけど、少しずつ私達の活動が認知されてきたのだと思います。
しんどい事だけど良かったと思います。
近くに10匹ほどエサをやっている人がいるというので、手術の話をしていただくようお願いしました。

25日、病院に猫を預飼ってもらって、オマケ君の様子を見に行くと初めて見る猫を発見。
捕獲器と大風呂敷などを持って、大きなキジ猫を素早くゲット!
小型捕獲器なので窮屈でゴメン。
翌26日朝病院へ連れて行き、合計8匹の手術をお願いしました。
この日は病院が昼までで27日まで病院で預かってくださり、27日仲間のTさんにお迎えとリリースをお願いしました。
公園猫は捕獲器に入れたエサを食べていないので、寒い夜は保護しておきたかったけどリリースしました。
「またご飯食べにおいでな~」

この子が今年最後のTNRになりました。
13年ラストTNRは君

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

杉本彩さんのブログ「アニマルポリスホットライン」のお話し
杉本彩さんのブログ「アニマルポリスホットライン」のお話し
http://ameblo.jp/sugimoto-aya/entry-11733283834.html


公明党谷井議員(尼崎)
特定非営利活動法人尼崎C.O.N の皆さんが率先して活動されました。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

youtubeアニマルポリスホットライン兵庫県警
12月21日

女優の杉本彩さんが、兵庫県知事と懇談しました。
兵庫県公明党議員団の谷井議員(尼崎市)が中心となり、兵庫県警と協議された。

youtube 
anipoli hyogo 2013.12.20 nhk

http://www.youtube.com/watch?v=6gavgP3-Lq4&feature=share

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

兵庫県警「アニマルポリス・ホットライン」を新設!!
拡散希望!

12月20日

兵庫県警
アニマルポリス・ホットライン

(動物虐待事案等専用相談電話)新設!

http://www.police.pref.hyogo.jp/topics/animal/index.htm?__from=mixi

動物の虐待に気付けば通報を

兵庫県警察では、県民生活の安全と平穏を確保するため、重要凶悪事件の前兆事案である動物虐待事案への的確な対応を図るべく、

動物虐待事案等専用相談電話 「アニマルポリス・ホットライン」 を設置し、

平成26年1月6日(月)午前9時から運用を開始します


動物虐待事案とは
◦犬や猫などを殺したり傷つけたりする行為
◦犬や猫などに餌を与えず衰弱させる行為
◦犬や猫などを捨てる行為


受付時間 

平日 9時00分~17時30分
(夜間、土・日・休日は受け付けていません。)
動物愛護関連の法令に詳しい警察官が対応します。

携帯に登録しましょう!
電話番号 078-371-8974みないちばんにぎゃくたいなし

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

自分の人生は自分で決める
12月15日

4月に脳出血で倒れ、6ヶ月入院後施設での生活になった山の仲間がいる。
入院してすぐにDrに「家に帰るならリハビリ、施設に行くならリハビリは要らない、車いすで生活できる」と言われた。本人は家に帰るためにリハビリに励んだが左半身麻痺、左手拘縮あり、左足は装具つければ動く。
頭は無事、話もできる、右半身異常なし。要介護2.
時間と共に息子は「仕事から帰ってきて倒れていたら困る」と消極的になり、
周囲は「今の状態で帰っても何ができる、ここにいた方がいい」と言う意見。

ここにいたら食べられるし部屋の中のトイレに数歩歩けば届くけど「何かあったら困るから職員を呼んでください」食堂へ行くのも装具つければ行けると思うけど「車いすで連れて行きます。
ここにいれば何もしなくていいのだけど、心は死んでいくだろうしできることが何もない。
・・私なら・・何が起こるとしても家に帰ると思います。

友達に会いに行った折言ってしまった。
「自分の人生は自分で決めたらええんやで。できへんこと数えるよりできること数えられるやん。麻痺が左で良かった、右手が使える。自分で立てる。装具つけたら自分で歩ける。まだ呆けてへん。
家で一人倒れていたとしても誰にでも起こりうることや。隣で寝ていても気がつかへんこともあるやろ。
メリットデメリットはどこにでもある、選ぶのは自分と違うん?

本人はお正月までに帰りたい。 
希望を叶えるために、仲間の○山岳会の会長が役所関係やら一杯動いてくれました。
部屋にベッドを置き、新しい生活を始められるように、仲間達で男所帯のゴミ屋敷を掃除にいきました
14日は私も朝からゴミ袋12個作りました。
午後から「現役高齢者アルピニスト」二人も来てくれて、不燃ゴミや大きなゴミを車で家に持ち帰ってくれました(市の処理施設に運びます)

お正月には間に合わないけど帰ります。
さっそく頑固わがまま復活><
あれもこれも捨てたらアカン。
捨てなかったら帰られへんで。
仕事関連と必要品以外のゴミは全部捨てよう。

・・わたし所も一緒やナ~
フリマの荷物、片付けないと死なれません(笑)

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

年寄りオマケ君
12月14日
  オマケ君
オマケ君10月

オマケ君が弱っている。
毛がボサボサ、年寄りっぽい背中・・
歯が悪くなって食べにくいから、ちょっと食べるとお皿から離れてしまう。
持って行くとまた気分を変えて少し食べる。

帰り道に待っているのが習慣だけど、この頃出て来ても食べなくて心配。
とても寒くなり、昼間にチェックに行くと小屋に入っているので安心したけどその後、海老蔵がその小屋から出て来た。オマケ君は溝の中(高いところなので水で濡れないが風は通る)
雨の降る夜、明日から寒くなると言うので発泡スチロールに波板を巻き付けて簡易小屋を作り持って行ったら、翌朝そこから海老蔵が出て来た!!!

オマケ、なんで逃げるん?捕まえられたら小屋に放り込むんだけど、捕まりません。
こんなに寒いと弱った体では早晩あの世行きだ。
心配ばっかり。
今日のエサヤリは赤さんに代わってもらったが、フードを持って見に行ったら海老蔵だけやってきた。
赤さんに尋ねると、「同じ小屋に入ってる見たいよ~一緒に出て来たから」
それならとてもうれしい。
一緒に入っていればどんなにあったかいだろう。

オマケ、今では家まで迎えに来てくれる子は君しか居なくなったね。
シマコもクロちゃん、意地悪シロ、おいちゃん、むさし、、、みんな居なくなってしまった。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

今年最後のフリマは12月15日です
12月11日

フリーマーケットに出店します

日時:12月15日(日) AM9時~PM3時

場所 : 新長田六間道商店街    
     JR新長田駅下車南へ徒歩約8分
     地下鉄海岸線 駒ヶ林駅下車すぐ


今月は師走。
フリマが早くなりました。
毎度ですが、全然用意ができなくて今日Dさんが来てくれて一緒に準備する予定が猫の会議になりできません><
木曜日無理を言って来ていただきます、遠いところをバイクなので心配。

みんないそがしいのが当たり前。
私は能力不足でキャパオーバー。
次々新しい問題を抱え、積み残しで前に進む。

公園の猫たちは食欲旺盛。
た~くさん食べて元気でいて欲しい。
オマケくんが少し弱り年寄りっぽくなりました、小屋に入らず暗渠(みぞ)の中にいるのでどうしょうかと考え中。
家の前のシャーは、隣りに来た猫に追い出され、家の前の猫こやも奪われ、エサ小屋にも近づけなくなりました。
けさは離れたマーのエサ場に持っていったし、夕方はベルオマケの所に来ます。
ネコ小屋移動してやらねば。
猫同士の縄張り争いだけど、人間もストレス。

しんのママさん、なつ&まゆのママさん、福○さん、おいしいフードを有り難うございます。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

クローネ (wキャリア)
12月8日

3年前、公園から幸せになったwキャリアのクローネが6日に死にました。
一ヶ月くらい前に発症したそうです。

2010年10月、公園に会いに来てくださる優しいご夫婦のお家の子になるはずでした。
お渡しする前に検査をして、wキャリアと判明しました。
ご夫婦には申し訳ないけれどあきらめていただきました。

狭い家で他の猫と隔離するため締め切った部屋でクローネと泣き暮らしていました。
猫仲間が里親さんを連れてきてくださいました。
「行き場のない子なんやね」

クローネ1

クローネ2

クローネ3

ママのお姑さんの子になりました。
お母さんはダッコできる猫が欲しかったので、6~7キロもあるクローネを膝の上に乗せ・・
半分はみ出したクローネはジッとガマンの子(笑)
ママは毎日、クローネに会いに来てくれて30分もブラッシング。
お家のみなさん、お手伝いさんたちに一杯可愛がっていただきました。
wキャリアは1年もたないと言われる中で、分かってからで3年あまり、猫生幸せでした。
一ヶ月前に発症したそうで入院治療し、元気になってお家に帰りました。
先日、お手伝いさんが来ていつも迎えに出るクローネが居ないので探すと、倒れているのをみつけました。
意識不明。でもママが来ると大きな声で「ニャー」と鳴いてくれたそうです。

危篤と聞いて木曜に病院に行くと休診で会えませんでした。
金曜朝なくなったとメールいただき会いに行きました。
トイレで亡くなったとのこと、箱に入ったクローネは首を上げ体を丸くして穏やかでした。
ダッコすると腕の中にピッタリのカッコウで、丸かった顔が細くなり、大きかった体は小さくなり(それでも大きい)
ママの車の助手席に乗せてもらって霊場に去っていきました。

保護したころ3歳くらいなので、~6歳ですが、天寿を全うしました。
ママ「長い間楽しませてもらいました。有り難う」

テーマ:犬猫のいる生活 - ジャンル:ペット