公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
保護猫の多頭飼育も多頭崩壊の恐れあり
10月22日

「ホーダーは病気です」 アニマルポリスシンポジュームにて

この頃、多頭崩壊の話を聞くことが増えた。
メールでどこのことかわからない件までSOSが飛んでくる。
ネットで検索して見ると、胸が圧迫されたようになり何とも言えない気分になります。
ブリーダー崩壊や不妊手術していなくて家の中で自家繁殖・・
ブログなどで書かれているのは、救済の手が入ったところなのでしょう。
団体なら人が多いから一匹ずつ引き取ったら良いなんて言われても。
私にはできません。

無責任な多頭繁殖で崩壊だけでなく、ボランティアが保護して多頭飼育になった場合も崩壊はあり得ます。
個人で保護している以上、その人が倒れた場合や維持できなくなれば「崩壊」します。
「遺書を書いてる」「安楽死してもらう」
アホなこと言わんといて。
誰が執行しますのや。
管理センターに送るんだったら、最初から保護しない方がマシや。
いくら可哀想でも、自分が見られるキャパがあります。
と言って、見て見ぬふりができないのが人情だけど。

捨て猫の通報があったり、捕獲に行って子猫を保護する、人なつっこいから里親捜してみよう、虐待地域で置いておけない。
そうして家の中に猫がギッシリ。
これも又、虐待の一つのケースでもあり。
何より、猫たちは幸せなの?
今日、聞いた話も本人が虐待だと思う・・ほど狭いところにいっぱい保護。
自分が倒れたら見る人はいない。
家庭崩壊。
こんなのやめようよ。
人も猫も幸せ程度にと、年寄りは思うんだけど。

  おはちゃん、11月の譲渡会は頑張ろうね。
アイドルおはぎちゃん