公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
困った相談ー2
2月24日

ゴミと糞便の室内しか知らない猫たち救出のため、地域の方二人、合計三人のおばちゃん達はまず掃除をして猫たちを置く場所を確保することにした。
分別してゴミ出ししようとしたが、あまりの量と仕分けの手間に袋に入れたゴミをそのまま使わない店舗側に積み上げることにした。時間がドンドンかかってしまう。
事務所側の部屋を片付けてそこに三段ケージを置き、この中に不妊去勢手術・ウイルス検査・ワクチン・レボリューションなど必要なことをすませた猫を保護し、おじいさんしか知らない猫たちを人慣れ修行させる計画を立てた。

ものすごい臭気の中、おばさん達はゴキブリ以外目をつぶって、室内の不要品を全て撤去した。
使い捨て手袋の威力、猫の糞もドッサリ捨てた。
すっきりとは思えないけど、まずまず受け入れ体制を構築。

明日捕獲の予定だが、イナさんのご主人の葬儀の手伝いがあるので、猫ネット仲間のAさんに後をお願いした。
Aさんはこの付近の猫状況をよく知っておられ、依頼者Bさんも信頼されている。
Aさんが20日メスと中猫、21日朝オスを捕獲してくださった。
猫たち3匹とも検査陰性でとりあえずホッとする。メスは5匹妊娠していた。
     ビフォー
・搾シ兩convert_20150225002540
・搾シ托シ神convert_20150225002613
    アフター (網戸の向こうはゴミ屋敷)
・搾シ論convert_20150225002638

23日Aさんに猫たちを三段ケージに入れてもらった。
私は昼に行って猫たちと対面。
みんな警戒心マックスでメスのみーちゃんは一番人慣れしていそう。
おじいさんは毎日猫の世話に来るそう。
私たちおばさんは、合い鍵を作って来れるときにきて、猫と仲良くなるようにする。
  一日目 オスのみーちゃん
・搾シ棒convert_20150225002713
 二日目 警戒中だけどおやつの後はリラックスして毛繕いするメスのミーちゃん、中猫みーちゃんも安心モード
PICT0039_convert_20150225002933.jpg
・搾シ托シ胆convert_20150225002807
・搾シ托シ農convert_20150225003044

23日夜、Aさんは自治会の依頼でメス猫2匹、捕獲。
24日もメス猫を見つけ捕獲に来るというので私も手伝いに行く。
ミーチャンズの所からすぐなので、ミーチャンズにチュールとシーバとカルカン缶詰を持って行く。
メスのミーちゃんがすぐにシーバとチュールに寄ってきた。
オスのミーちゃんはそばでみているが近寄らない。
2段目で警戒していた中猫ミーちゃんはおそるおそる2匹の真ん中に入り、チュールをちょうだいするようになった。
これなら慣れるのは早いかもしれない。

捕獲はAさんがサビ猫1匹、。
ャムオスがメスを追いかけ回しているので捕まらない。
夜8時Aさんからシャムが捕獲機に入ったとメールあり。
野良猫はまだまだいます。
土曜日に二人で頑張る予定です。

訃報
2月21日

相棒イナさんのご主人が急死されました。
19日朝、夜勤を終えて会社で具合が悪くなり、車で送ってもらう車中で意識不明。
搬送された病院で心肺停止状態でした。
昨夜お通夜、今日はお葬式でお別れしなければなりません。
突然のことですがイナさん気丈に頑張っています。

いつも一緒に行動して、仲の良いご夫婦でした。
公園猫の世話にも、よく一緒に来てくれました。
仕事の帰りにも立ち寄ったり、イナさんがまだ公園に居る時間だと迎えに来てくれたり。
「給料もらったら一緒に食べに行きましょう」と言ってくれていたのに。

これからも、イナさんと仲良く変わらないおつきあいをしたいと願っています。
困った相談
2月15日
ある自治会のTNR依頼からもたらされた相談。
高齢者の猫問題。

PICT0061_convert_20150215090440.jpg

PICT0060_convert_20150215090658.jpg
 メス猫
PICT0059_convert_20150215090400.jpg

PICT0066_convert_20150215090601.jpg
 オス猫
PICT0063_convert_20150215090526.jpg

昨日案内されて訪れた家は、商店だった空き家に猫が3匹。
家の中はこの寒いのにアンモニア臭と猫の臭いと・・(帰ってから衣服全部洗濯しました)
飼い主は長い間地域の野良猫の世話をされて、嫌がらせも多く受け、捨て猫もされ、それでも猫たちを慈しんでおられたようです。奥さんが脳梗塞で長く入院。自分も転んで足と腰を骨折したため店舗を売却。
今のところ取り壊しまで使っていて良いと言われているそうですが。
自宅は県住(ペット可)あるが自分は足が悪く住めないが猫は置ける。
ご自身は友達の所に転がり込んで2年、猫の世話?に自転車で通うのが日課。

猫は4~5歳の雄雌姉弟、半年くらいのキジ猫オス。
メスは遠くからみていますが、オスは棚の上に隠れている。
キジ中猫はどこにいるのか隠れています。
おじいさんには良くなついているそうですが他の人を知りません。

この状況では里親募集もままなりません。
不妊手術をしていないので自治会とお知り合いの方が助けてくれます。
その後をどうするか?どうできるのか?
ここにケージを持ち込んで人慣れ訓練をするか。環境が悪すぎます。
県住に連れて行って清潔な場所で暮らさせるか。おじいさんの手から離れてしまいます。
誰が世話をしに行くのか?里親さんが見つからなければいつまでも。
里親募集をするしかないけど、難しいのは納得していただきました。
高齢者とペット問題、多くある話なんですが。

「もし猫が外に出たら、すぐに殺されてバラバラにされる」とのこと。子供達が集団で猫を追い回している。
仲間が3年前に薬品をかけられてずる向けの猫を捕獲して保護した地域です。
野良猫が多い地域だけど、TNRの合間に歩き回ったら多いと聞いていた猫たちがほとんどみられなかった。
     近くの家に貼られています
PICT0040_convert_20150215091320.jpg

どうしたものか・・できることから始めなければ。
一時預かりしていただける方を募集します。