公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
捨て猫 その後
10月4日
餌タイムが終わる頃はもう公園は真っ暗です。
あまりにも木々が生い茂り、昼間でも人影少なくなり、この頃は決して安全な公園ではないと感じます。
前回の公園ミーティングで防犯カメラが必要だと提案したけれど、費用がかかると言うことで考えておくと言うことになりました。
神戸市や警察の補助もあります、1台から設置していけばいいと思う。
次回はもっと強く提言しようと思います。

サビ仔猫2匹(メス) 里親様募集中!エイズ白血病(-)レボリューション
サビ子猫たち

捨て猫の仔猫はその後鳴き声が聞こえなくなった。
次の日、犬の散歩から帰る途中の女性が、突然走ってきた黒猫に足を二カ所かまれたとのこと。
捕獲した黒猫は♂だった、保護中だから他の猫と言うことだ。
他の人たちからの情報で、仔猫と黒猫が一緒にいた。
・・仔猫は無事で黒猫は母猫と巡り会えたのだ。
♂猫をリリースした後、3匹が道路を渡るところを見た人がいる。

猫にかまれた方のご主人は、猫が悪いのじゃない、捨てた人が悪いと言ってくださった。
傷も医者に行って薬を飲んだら化膿しなくて良かった。
おかげさまで、これまでの活動で近隣の方々は、猫活動に理解してくださるので感謝です。

昨夜、水場に母猫が来て餌を食べた、もう一匹はユズが追いかけ回している。
仔猫の所にもう1匹??・・1匹増えている!!
また捨てに来たと言うことだ。

合計 成猫3匹(みんな小さくて細い、1年未満かも)
仔猫3匹。

公園の猫は、最初からのメンバーだったショーが急にいなくなり、28匹になった。
そしたら4匹も増えてしまって、もう公園猫の世話から解放されると期待していたのが絶望に変わった。

母猫は賢くて、唸りながらも私の足にまとわりついてくる(噛まれないように注意している)
誰が保護者かわかるのだなぁ
他の猫たちもおびえる感じでなくなった、仔猫だけが逃げ回る。
猫たちは、外猫だった(保護した仔猫はノミだらけ)
これだけの猫を捕まえられるのは、餌やりする人しかできない。
増えてじゃまになった猫をよそに捨てに行くえさやりは他にもいる。

昨日、依頼されたTNRのため、地域の家に説明と協力要請に行った。
餌をやっている人を教えてもらって訪ねると、ドアの前にネットが丸めておいてあり、玄関の中に網がある。
おばちゃんは、猫が増えて苦情を言われると思ってペラペラしゃべる。
「増えてえさ代に困るから、捕まえてよそに捨てに行こうと網を用意してる」
捨て猫は犯罪やで!あんたが猫を捕まえてよそに捨てたら警察に突き出すよ。罰金100万円や。というと
「そんなこと知らん、そんなお金ない。そんな法律いつからできたんや」
猫は手術して元に戻すと伝えると
「えさ代がないから返したら困る」
あなたがまいた種です、2階の窓から隣家の屋根にちくわを投げるので猫が屋根に上がるのです。

猫たちと関係のない通りすがりの人が、増えるのを見過ごせなくてお金を出してくださいます。
困っている近所の人が「奇特な人やね」
手術費を少しでもカンパをお願いしますとお願いしてきました。

自宅のガレージに車を置かせてくれる人もいます。
餌やりをやめて欲しいけど、それも言えないと我慢して残り餌を片付けている人もいます。
「餌やりのルール」を守ってもらえるように、あとで餌やりをする人たちに啓発しようと考えています。