公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
犬の繁殖回数制限へ=悪質ブリーダー排除―環境省
10月25日

「犬の繁殖回数制限へ=悪質ブリーダー排除―環境省」http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151025-00000010-jij-pol

やっと数値で規制することを考えるようになりました。
直接見たことはないけれど、写真や人づてに見聞きすると、ケージの上から別の犬猫の糞尿が落ちてくるようなところもあるそうです。
外に出されても、歩いたことがなくて歩けない子など。
ブリーディングができなくなった子達は、いったいどこに行くんでしょう?
こんな業者を排除してもらいたい。

いわゆるシェルター?保護ボランティアにしても、6畳の部屋に30匹も押し込んでいる所があります。
シェルターと言っても、大部屋に多数飼育しているところは、保護ではなく「収容所」だと思います。
「保護」してあげるといって、たくさんの猫の中に入れられて、ショックで死ぬこともあり、一匹づつご飯をあげるわけでないので、強い猫が食べた後、残りを食べる弱い子がいます。
いじめられる猫は、怖くてトイレにも行けず、物陰でトイレをしてしまう。
多頭飼育は、幸せではありません。
安易に、預けて「お金を払って預けたのよ」と自己満足はして欲しくありません。

外で暮らせるなら、外の方がずっとマシなことは多い。
もし、あなたが猫なら、どっちを選びますか。