公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
新緑の季節に祈ること
4月23日

大変ご無沙汰して申し訳ありません。
凍える季節から桜花を楽しみ、今は新緑のすがすがしさに生きている実感があります。

熊本で大地震が起こり、いつ収束するか見通しも立たない状況に、心を痛めています。
日本のどこにいても、被害を受ける可能性はあります。
自分たちにどういう支援ができるのか、みんなそれぞれに考えておられると思います。
小さなことしかできないけれど、みんなが集まれば大きな力になります。

被災者の皆様、被災した動物たちが一日も早く平穏な日常を取り戻されますように。


阪神大震災で被災を受け、壊れそうなアパート(これが被災地に立っていたら一番に倒壊していた)
に避難していた頃、友人知人からの電話や手紙が心の支えになりました。
大阪京都などから、不通だった電車や道路をつなぎながら歩いて訪ねてくれた友人たち、水汲みなどで走り回っていて会えなかったけど、どんなにうれしかったか思い出します。

いつも思うことだけど、被災地では足りない食糧物資を分かち合う、日本人を誇りに思います。
「奪い合えば足りぬ、分け合えば余る」

みりー4・6

追記
今月のフリマは、お休みさせていただきます。
5月は頑張って出店したいと思っています。

公園の保護猫ミリーは、まだ我が家で暮らしています。
いい表情になり、イビキをかいていたりゴロゴロ言っていたり、ほとんど寝ています。
相変わらずトイレに頭、お尻は外なので困ったちゃんですが静かな生活です。




sippo 「高齢者に犬を飼わせたい業界の思惑…」等の記事へのご意見について
4月9日

記事の紹介です

sippo・sippo|更新|2016/04/08

「高齢者に犬を飼わせたい業界の思惑…」等の記事へのご意見について
http://sippolife.jp/article/2016040500008.html

という記事が目に入りました。
高齢者とペット飼育について、どちらからアプローチするかで考えもいろいろだと思います。
動物愛護する側からは、「終生飼養」をお願いしたい。
自分の年齢にあった年齢の犬猫と暮らすことも選択肢。

できれば、高齢者に犬猫を貸し出す事業ができたらいいと思います。
神戸市獣医師会のN先生は、「会員制」にして会費制度を作ってペットを貸し出し、借主が入院等飼えなくなったら引き取り、
会費を犬猫の医療食費に充てる、というご意見もあります。

今、困っているのは、
高齢者のペットを残して逝く問題。
公営住宅の建て替え時に捨てていく不届きもの。
多頭飼育者の「崩壊」
(多頭崩壊する人たちがどのような理由で引き起こすのか、データーを集める必要があると思います)