公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
追跡!ペット“引き取り”ビジネスNHKクローズアップ現代
5月26日
昨夜放送予定だったけれど、サミットに来られたオバマ大統領と阿部君の会見に変更になりました。
今夜放送が始まったところで、捕獲器を借りに来た人がいて・・ほとんど見られなかった。

NHKなり動物福祉協会はこの業者をどのように告発したのか、そこが問題です。
実効性のある法律が、今こそ必要なのです。

需要があるからブリーダーやペットショップがドンドン繁殖させ店に並べる。
需要があるから引き取り屋が大儲けし、犬猫が悲惨になる。
誰が問題なのか?
消費者のみなさん、「家族」を買うのですか?

「犬が諭吉にみえる」
消費者が賢くなって、良心的なブリーダーから直接購入するようになってほしい。
捨て猫、ノラネコはかわいそう、不幸な猫だけれど、
「引き取り屋」に引き取られた犬猫は、もっと地獄です。

見ていて、胸がザワザワしませんか?
皆さん、何とかしなければ。

テレビの動物番組で、可愛い子犬や子猫をかわいいかわいいと煽る出演者。
番組が終われば「ママパパ、ペットを買ってよ」 とペットショップに飛んでいく人もいる。
こんな時、テロップでもいいから、
「ちょっと待て!ペットは子供のおもちゃじゃない」 とか書いて流してくれないかな。

でも、番組協力が、大手のペットショップじゃ、番組制作者の社会性の欠如が問題ってこと。
猫ブームといって、浅はかなブームをあおる無責任なマスコミが一番問題ではないか。

今日、自宅に 「弊社は犬のブローカーで、御社に犬を置かせていただきたいと思いまして」という胡乱な電話があった。
こんな偶然あるのかな。
動物愛護団体をペットショップに間違うなんて。
「私は動物愛護団体で、ペットショップをなくしたいと活動しています」と返事をしたけど、もっといろいろ話を聞けばよかった。


スポンサーサイト
25日(水)放送 追跡!ペット“引き取り”ビジネスNHKクローズアップ現代
明石市で活動する、「動物と共生するまちづくりの会 」さんからお知らせがありました。

こんにちは、本日の番組です。ぜひ見てくださいね。
「いらなくなったペットの引取り屋」はなぜ存在するのか?
クローズアップ現代
25日(水)午後10:00~

ペット“引き取り”ビジネスについて放映があります。ペットの大量生産社会のひずみを追跡

http://www.nhk.or.jp/gendai/schedule/

“ネコノミクス”という言葉も生まれるほど、空前の猫ブームに沸く日本。犬猫だけで推計2000万匹が飼育されているペット社会の裏側で、“引き取り屋”と呼ばれるビジネスが横行していることが明らかになってきた。ペットショップなど、流通過程であまったペットを有料で引き取り、劣悪な環境で飼い殺している業者も少なくないと言う。 番組では“引き取り屋”の告発に乗り出した動物愛護団体に密着。ペットの大量生産大量消費のひずみをみつめる。

「犬の引き取り屋」
5月23日

こんな恐ろしい商売があります。猫も同じ。
「犬の引き取り屋」
http://bylines.news.yahoo.co.jp/ohtamasahiko/20160516-00053862/

おコメなど農産物も生産者がプライドをもって写真や連絡先を表示して販売しています。
牛や豚も生まれた時から生産者表記のタグをつけられ、ルート追跡ができます。
自分の家族として迎える、ペットたちには、どこのブリーダーで生まれ、親は誰で姉弟は・・どういう経路でペットショップに並んでいるのか、まったくわかりません。

どこの「馬の骨」かわからないから、高いお金で買った子でも、先天性の異常があったり、ノミダニシラミや寄生虫がいることが、よく聞かれます。
動物が「商品」であるなら「欠陥品」については店対応ではなく消費者センターなどへ通報してほしい。
店に苦情を持ち込んでも問題について全体のデーターが作れないのです。

捨て犬捨て猫の蛇口を閉めるためには、ブリーダー、ペットショップのレベルアップが必要です。


5月29日はフリマします
5月23日

フリーマーケットに出店します

日時:5月29日(日)  9時~14時

場所:新長田六軒道商店街

     JR新長田駅下車 南へ徒歩約8分
     地下鉄海岸線 駒ヶ林駅下車すぐ


神戸市生活衛生課と神戸猫ネット主催の写真展は、一週間の開催で948人もの皆様にご来場いただきました。
「毎回良くなっている」と言っていただいてうれしいです。
応募いただいた「野良猫から地域猫写真とエッセー」に「イイネシール」を貼っていただいて、笑い声や涙で賑わっていました。

里親さんたちもたくさん来ていただいて懐かしくうれしかった。
鈴子のおうちは亀岡なんですが、家族3人で毎回駆けつけてくださいます。
しんのママさん、お久しぶりです、ありがとうございました。

せっかく来ていただいたのに、お会いできずとても残念だった方もおられます。
「お化けさん」?どなたでしょうか?

「猫ブーム」困ります。
三宮のあるペットショップでは、猫ブースが広がり、スコティッシュミックス仔猫が100万円!最低でも40万円で出てるって聞きました。とんでもない値段ですが、どんなに高額でも捨てる人は捨てる。
蛇口を閉めるためには、ブリーダーとペットショップの協力は避けて通れない問題です。
写真展のお知らせ「NPO法人 神戸猫ネット」
5月5日

神戸猫ネット・ 神戸市保健福祉局生活衛生課  主催

第5回 ネコの写真展を開催します

花と新緑の美しい季節です。散歩がてらぜひご来場ください。

5月9日(月)午後1時~5月15日(日)

なお、5月15日(日)は神戸まつりのイベントがありますので、市役所周辺、フラワーロードなどは混雑が予想されます。
三ノ宮駅からは地下道をご利用も可能です。

神戸猫ネット写真展 (2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。