公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
須磨子ちゃん
12月30日
 ハウスの中から、かまってよと催促
須磨子3
 そのうち外に出てきてアピール
須磨子2
 かわいいでしょ 
須磨子1

須磨で保護したから須磨子になりました。

今朝は下痢でお尻が汚れ、かぶれて毛が抜けてとても痛そう。
シャワーで軽く洗い流し、ファンストーブで乾かした。

ad缶も子猫用ウエットも少ししか食べない。
これでは体力付かないので、下痢を治さなければ。
疑ったのはコクシジューム
かかりつけ医は休みなので、猫専門病院に行き調べてもらうとやっぱりコクシ。
投薬してもらい、餌は強制給餌するように言われた。

年末、今日も何もできず、捕獲器やケージ、トイレを洗うのみ。
コクシだけなので、保護場所を居間のケージに変え、エアコンつけっぱなしで温かくする。

抱っこは、フリースの上にペットシートを2枚使ってお尻を包む。
何もしなくても下痢便が落ちてくる。
とっても喜んで、可愛い声で鳴いたり、甘噛みしたり、手でモミモミ。
そのうち腕から首が落ちて、気持ちよさそうに寝た。

フード食べないので、今日は公園のみんなに買ったマグロを入れると、しっかり食べた。
何でもいいからしっかり食べろ、大きくなぁれ。
段々かわいくなって、元気に育ってほしい。
骨折した足と、反対の足の先も、踏まれたようで形が変形している。
このままハンディがあるだろうけど、
こんな子だから幸せにしてくれる人がいると、期待したい。
世の中、捨てたもんじゃない・・・
足を骨折した子猫を保護する
12月30日

28日知り合いからSOS.あり。
11月に不妊手術をしてリリースした子猫が、足を骨折してブラブラしながら走って逃げている、しかもガリガリだというので、昼食も食べずに保護に行った。
病院でレントゲンをとると後ろ足大腿骨骨折で手術が必要
転院することになり、病院まで走って先生と相談、29日か30日に手術になった。

30日朝、ミリーを座敷に寝かしたまま、保護ケージの掃除と、手術したら3週間後に骨がくっついたら骨の中に入れた金属棒を抜く手術をするまで、棒の先が出ているのでケージに絡むとかわいそうだからケージ内部に段ボールなどでガードする長い作業がやっと終わった!
・・病院から電話で、「慢性的な栄養不良と寒さと骨折でガリガリだから体力的に今手術はできない。
まず、下痢を治し、暖かくしてよく食べて体力をつけないと手術しても無駄になる。」

隔離する場所がない。
下痢で隔離したコミミ君を思い出し、ふろ場を使うことにした。
子猫が入る小屋とトイレがおけるケージをAさんに借り、ケージをフリースの毛布に包み、そのまま大きな段ボールにすっぽり入れて、中にフリースとペットシーツとカイロ2個。

安静が一番。
子猫は骨の治りも早そう。
よく食べて、良く寝て、いいウンチを出したら、きっと早く良くなるよ。

人懐っこい可愛い別嬪さん。
手を入れるとスリスリほほを寄せてくれます。
かまってほしくて泣くんだけど、しっかり休んで早く良くなりますように。



ミリー天寿を全うする
12月30日

 保護したころ
ミリーきんきょう
 猫団子
猫団子

今朝、3時11分、ミリーはあの世に旅立った。
心臓が強かったみたいで長い時間だったけど、穏やかに逝きました。

ベルに続いていなくなり、余計に寂しくなりました。

ミリーは数年前に突然歩けなくなり首も上がらず寝たきりになりました
その時はつまようじを利用した「鍼治療」で奇跡的に元気になり、ある日自分で公園に帰っていました。
そう言ったら、おまけの人生(猫生)やったんやね。
 爪楊枝で作った「鍼」
爪楊枝のハリ


埋葬と思っていたら、別件で一日かかってしまった。

ミリーは あの世に旅立つところ
12月30日
 ミリーとコモモ
ミリーとコモモ

12月になってミリーの体調が悪くなっていった。
腎不全で水をよく飲み多尿だったのが、水を飲まなくなりオシッコも少なくなり、心配していた。
ベルが亡くなった頃から、食べなくなりほんの少し水を飲むともういらない・・

今朝はストーブの前で寝ていたので、伸びて巻き爪になっていた前足の爪を切った。
ずっと触れなかったが、ベルが来てからミリーも仲良くなれて、初めてひどい巻き爪になっていることが分かった。

2時頃に帰って来ると、猫ベッドから出てベッドを枕にホットカーペットの上で寝ている。

見守っている今、口を動かして泡が出ているのを拭いたが、体は冷たく硬くなっている。
静かにおなかが動き、手を握ると、手足が動く。
穏やかに安らかに、彼岸に旅立とうとしている。

ただ見守るだけの時間。

ベルが 「連れもって行こう」 と待っているのかもしれない。
足が動き、夢の中で歩いているのだろう。
「ミリー」と呼ぶと、足がビクッと大きく動いた。
邪魔をしたらあかん。
ゆっくり歩いていくんやで。
ベル 天命を全うする
12月23日
ベル
ベル15・4月
PICT0064_convert_20160921001521.jpg

ベルは21日午後8時に永眠しました。
とても穏やかで、眠ったようでした。
悲しいけど安らかでよかった。

今朝、ベルが18年暮らした、公園に埋葬しました。

ベルのおじいちゃんは、仮設住宅(震災)で飼われていたロシアンブルーのしんちゃん。復興住宅に移るとき置いていかれ、入り口のブロックに座って戸が開くのをジーッ待っていた。
おばあちゃんは、新しい赤い革の首輪をして捨てられた黒猫。
母親はグレーの双子のどちらか。
仲が良くてラジオ体操小屋の屋根にいました。

半年前に生まれた白黒のハンサムなお兄ちゃん(=^・^=)2匹、親離れするとチリジリになり、行方不明。
ベルと一緒に生まれた姉妹は、交通事故にあい腰を負傷し、近所の家の子にしてもらい、まだ健在のよう。

ベルは一回出産し、4匹子猫が生まれた。
みんなもらわれて、大阪に行った男の子は数年前に14歳で亡くなったそうで、ママさんは「サスケ」のお骨をペンダントに入れている。

目の端にベルが見えるような気がしてハッとする。
公園に行くと、いつものように小走りに歩いてくるのが頭に浮かぶ。
寂しいけど、これからはずっと一緒にいるんだと思うことにした。

ベルのお墓の周りの木を刈った。
公園の木を切ってもいいと許可をもらっているので、うっとうしい所など餌を食べるのを待つ間に剪定してる。
日が当たるように明るくして、可愛い花を植えたいと思う。





ベルが呼ぶ声
12月22日

若かりしときの仇敵は、今、並んで眠るラッキー&ベル(11月10日)
ラッキー&ベル

今、ベルが鳴いているので二階に上がった。
猫ベッドの横に出てうずくまっている、痩せこけてぺったんこ。
頭から腰までなでると骨の一個づつが触れる。
「手当」でスキンシップと、少しでも血行が良くなれば。
両手で軽々猫ベッドに入れると、ペットシーツにオシッコの後。
オシッコしたとき、目が覚めた時は鳴いて呼ぶ。
お水も大して飲んでいないのに、あちこちオシッコしている。

一昨日は布団が濡れたので、ちょうど洗濯日和で、でも一日では乾かない。
この頃はトイレまで行けず、床はペットシーツを敷き詰め。
私の布団の上もペットシーツで覆っている。

ベルが家の子になってからも、繁殖制限事業や捕獲で遅くまで留守が多い。
17~19日まで、スコティッシュの野良猫を保護したいという依頼で、予定より時間がかかった。
最後の母猫は捕まらず苦労して餌やりさんが助けてくれた、これで8匹目、今朝病院へ搬送。
午後から手術が済んだ猫たちをマンションの保護ケージに移し、帰るとベルがいない!
2階を探し回り、居ないので階下を探すと、ケージの中の箱にいたのでほっとする。

家にいてやりたいけど、今夜も捕獲依頼があって11時から出かけなければならなくて。
鳴いても見てやれない、ほんまは行きたくないのだけど。
今年最後のTNRにしようと思っている。
ベルと過ごせる時間はあまりに短くなった。

さあ、時間だ、出かけよう。
ベル、待っててね。

12月22日(木)午後6時過ぎ、毎日放送{ボイス」で、猫問題について放送があります。
 
ベルの寿命
12月18日

16.12.15ベル

ベルの命が尽きようとしている。
今は同じベッドで寝起きして、ベルがトイレに行くときは私の足の上を通るので目が覚める。
生命維持の限界と言われる2㌔もなくなり、骨と皮だけ、目も小さくなり、耳は聞こえない。
触るとしんどいかと思うが、喜んでくれる。

ベルは先週からad缶のスープも飲まなくなった。
水をもっていっても飲まない・・と思っていたら、トイレに行ったついでに自分で飲んでいる。
腰がフラフラして、私のベッドの上に置いた猫ベッドに上がれず、ベッド下で寝ているのを見て、毛布を敷いた。
頭が中風のように細かく振れるのは、Drに聞くと、頭の神経に来ているかも。
老衰だから。
17歳まで公園で頑張った、強靭な意志で、トイレは必ずベッドから降りてする。
トイレだけでなく床も使うようになったのでトイレ周りはペットシーツだらけ。
あまり飲まないのにあちこちにしていて、脱水症状にならないかと心配。

昨夜2時~4時、「ホ~ホ~」と鳴いてトイレに行く。
5回目にはトイレで下痢をした。
そのあとベッドの上で黄色い液を少し吐く。
苦しくても、体をなでるとゴロゴロ喜んでくれる、可愛い子です。

ベルは私にとって特別な猫。
この子と出会ったから、地域猫活動につながった。
ボランティアが孤立していては、猫活動はいつまでも「猫好きの餌やり」で終わってしまうと、ボランティアのネットワークでつながった。
責任のある活動を継続していくために、NPOを取得した。
そして、みんなの活動が認められて、神戸市は12月に「市人と猫との共生に関する条例」が成立した。

12月11日は今年最後の フリマ出店します
12月8日

フリーマーケットに出店します

日時:12月11日(日)  9時~14時

場所:新長田六軒道商店街

     JR新長田駅下車 南へ徒歩約8分
     地下鉄海岸線 駒ヶ林駅下車すぐ


11月の終わりにフリマがあったばかりで、12月は早めの開催。
お客さんは月末と思って知らない人がいて、毎年少ない。
でも、今年最後に、フリマの顔見知りと会えるのも楽しい。

準備は・・毎月できできなくて、いいものもっていけない気がする。
時間があるのかないのか、昨日は朝から岡山へ往復。
今日は午後から市役所の中をウロウロ。
明日はみんなでTNRの周知チラシの配布活動。ネコ情報収集でもあります。

ベルばあさんは、風邪気味で心配だけど、カイロいれて猫ベッドで快適猫生活。
今日の昼は、小桃に乗っ取られて布団の上で丸くなって寝ていた。
薄紫の可愛い猫ベッドは、小桃が似合うようなんだけど。
ベルバアバは、ad缶をほんの少しずつしか食べないので、何度も何度も食べさせる。
本マグロを少し、刻んで食べた、以前は大好きだったのにね。
獣医さんは、もう寿命やって。
機嫌よく暮らしているのが一番です。
強制給餌はしない、と決めてる。けど、食べない時は強制給餌したくなる。
自然が一番いいと思うのです。
私も、自分がそう願うから。