公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
疥癬のタヌキ
12月21日

捕獲

明日は冬至。
一年で一番昼が短く夜が長い日だ。
餌やりに行くと、エビゾウが迎えに来た。
お日さんの光で、影がとても長く、
並んで歩く私とエビゾウは足の長~い不思議ちゃんで、夢のような愉快な影が軽やかに歩く。
楽しいひと時だった。

だけど、つるべ落としに暗くなるのは変わらない。
この頃寒さしのぎの応援に、イワシやコアジ、鳥の胸肉などを差し入れしている。

先日は公園に隣接する公園の猫のTNRを依頼され、3匹捕獲した。
申請してくださった人に感謝。
地域猫として管理している地域が広がれば、効果が大きくなる。

私たちの公園は神戸市の地域猫活動団体なので、人と猫との共生推進協議会に申請すると不妊手術管理票を貰える。
公園では長く捕獲できなかったクロが、ずっと餌を食べに来るようになったので先週金曜日に餌やりをKさんに代わってもらい捕獲に入ったが、誰かが餌をやった後でクロは姿を消していた。
月曜日、前もって捕獲器を現場に持って行き、餌やりをいつも通りにやって、クロが来るのを待つ。
以前と違って食いしん坊になったクロは、とりわけのごちそう攻めで御用になった。

年寄りの猫ハウスにカイロを入れるが、その一軒にいつものように手を突っ込んだら、
「キャッ」という声と共に指をかまれた!
なんなんだ!
暗くてよくわからないが、タヌキのような・・体が疥癬ダニで白く盛り上がっている。
かなりひどい。
とりあえず傷の手当てもあるので、何かわからん動物は後日。
 
翌朝、クロを病院に搬送後、手袋や堤布をもって救出に行くが、いなかった。
昨日もいない。
今夜、覗くと顔が見えた。
タヌキ。
エサを入れるとカリカリと音たてている。
子猫用パウチとイワシをお代わりに入れた。
どうして捕まえようか?
思案中。

公園の出入り口で、見慣れないキジ猫。
ライトで耳を照らすとカットがない。
やれ、この子も捕獲しなければね。
(他に耳カット有の似た猫を捕獲したので猫が増えている)



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。