FC2ブログ
公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
猫にも使える歯槽膿漏の特効洗口液・歯磨きデンタアプローチのHP
やっとホームページがアップされました。

http://denta-rescue.com/

ただいま無料サンプルをもらえます。

開発された竹内さんは、この開発で得たお金は、子供達のために使いたいと言う夢を持っておられます。
そんな夢を語る彼女のまじめさを応援しています。

感想などお聞かせくださいとのことです。
よろしくおねがいします。

ブログ掲載中
7月26日 口内炎・歯槽膿漏の人・犬・ネコに特効効果

10月26日 猫にも使える歯槽膿漏の特効洗口液・歯磨きを紹介します デンタ・アプローチ


<7月26日のブログ記事転載>
デンタル レスキュー とは

日本古来の植物である高野槇から長時間かけて抽出したエキスです。
植物の持つ有効成分が加齢に伴って口臭のもととなる歯周病菌に働き、抗菌作用を発揮することが阻害活性実験で証明されました。
<デンタルレスキュー>には主成分として当エキスを配合し、口臭の除去口中の浄化も目指しました。

**なお、デンタルレスキューは、8月中旬に発売開始予定です**

以前骨と皮になって迷い込んできたネコは、ひどい口臭と口からの出血で苦しんでいました。
獣医に連れて行って去勢したオスだと言うことが分かりました。

性格も素直できっとかわいがられていたのだと思うのに、歯槽膿漏がひどくなって余りの悪臭に捨てられたとそのとき推測しました。
我が家の猫たちもこの子には怒ることもなく、自然に庭ネコ「カリン君」として2年あまり楽しく暮らしました。

特に夏場は臭いがひどく、痛みも相当のようで本人もかわいそうでした。
エサに補助食品の乳酸菌を混ぜて飲ませると少しましのように思えましたが軽快することはありませんでした。

最近、猫友のまみりんさんから友人が口の臭いのトラブルに悩む人モニターを募集していると教えて下さったので、さっそく「モンク」のために分けて頂き試してみました。
「モンク」は今年3月に肺炎になって回復が遅れたため「2度捨てることになる」気がして家猫修行してきた子です。
元気になると口臭(歯垢)のきつい臭いが鼻につきます。
歯磨きをしたくてもさせません。
心配していたところなのでデンタルレスキューに巡り会って本当に嬉しかった。
カリンの二の舞はさせたくありません。

デンタルレスキューは、濃縮洗口タイプ(オーラルケアリンサー)とジェル歯磨きがあり、猫に使ったのは濃縮洗口タイプです。
10倍に希釈してカット面に浸して口の中に注入して使用、3回で臭いが消えていてその後経過観察のため使っていませんがいまでも口臭はありません。

公園猫のポポは、前歯がなくていつも舌を出しています。
口の周りがベトベト
汚れていて前の手が茶色くなっていました。
この子にもデンタルレスキューをカット面に浸して口の中に注入したら口の周りが綺麗になりこの頃では舌も出していません。
手もこころなしか綺麗になりました。

まみりんさんの金ちゃんは、口内炎が治らず口臭に悩まされていましたが今では綺麗になって口元も上品になりました。
(舌ガンの人も傷にしみなかったそうです)

我が家のラッキーとしんちゃんは毎夏ヤブ蚊に刺されてミミズが這ったような傷になっています。
「高野槇エキス」なのでもしかして蚊除けにならないかと思って塗布しましたら耳の傷跡が綺麗になってきました。

私もエサやりタイムに手のひらに塗布したら、先ほどまで群がっていたの蚊の大群が少なくなりました。
効果の持続性など分かっていませんが、猫たちの蚊除けにも一役買ってくれるかも。
舐めても口の中が綺麗になるのなら一石二鳥?

ついでに??人間様の歯槽膿漏などについて。
この薬を開発されたTさんは普通の奥様です。
ただ一つちがっていたのは実験をしたり結果を出すための努力を怠らなかったのです。
彼女は自分もひどい歯槽膿漏でDrから「いつ抜くんや」と言われていましたが高野槇の煎じ汁でブクブクを続けていると歯茎がしまってくるのを感じたそうです。
2年後歯医者に行くと歯の間があいているのに歯茎がしっかりして歯を抜く必要がなくなっていたそうなんです。
それを聞いたまみりんさんが大阪歯科大学薬学講座の実験室を紹介してデーターを得た上で今回の商品化に至ったしだいです。

歯槽膿漏や口内炎の病気で命を落とす犬やネコは多いと思われます。
人間でさえ歯を全部抜かなければ完治しないと言われる歯槽膿漏。
その治療が簡単にできそうなのです。
(歯医者が儲からなくなって困るかもしれません)

良いことばかり書きましたが、マイナス面はどうか分からない部分もあると思います。
ただ、思いつくのは花粉症などのアレルギーの人はどうなんだろう・・


私の期待はふくらんでいて、病気や寝たきりで歯磨きが出来ない方など。
物言えぬ動物たちへの利用。

それでもまだまだ効能や利用法がありそうな、期待のデンタルレスキューをご紹介しました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する