公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
夏のTNRは難しい
7月25日
梅雨が明けて間がないけれど、今日も酷暑でした。
朝から忙しく、大汗がボトボト落ちる一日でした。

こんなに暑くては、捕獲はしたくありません。
猫だって免疫力が落ちているでしょう。
私達は2週間効く抗生剤を注射してもらっているけど、そうでなければ傷口の化膿が心配です。
外の猫は、術後すぐに出てくると限らないから、抗生剤を確実に飲ませることが難しい。
・・しんどいから夏の手術をしたくない、だけでなく、それなりの理由はあります。

私所は暑くて猫を一時保護する場所がありません。
先日、子猫をTNRしたときは、置き場に困った。
晩はまだ涼しかったけれど、朝からは日が当たり暑い。
車を友達の駐車場に置かせてもらって、捕獲器3台を涼しい空気が流れる縁の下の通気口の前に置き、戸板を立て、すだれでおおい、扇風機を回して熱中症にならないように気を遣って数時間の仕事に出かけました。
帰って一番に子猫たちの顔をみました。
みんな元気にしていたのでホッとしました。
(PCを変えたので、使い方が分からず苦労しています。この写真もどこに行ったのか・・探せません><)

夏はできるだけ、TNRも夏休みしたい。
意気込みはあったけど、猛暑の中で気持ちが萎えた。
これからの2ヶ月を、エサヤリだけはがんばらねば。
今年も栄養ドリンク頼りかな。

コメント
この記事へのコメント
Re: お疲れさまです
sakkiさん
今年は特に子猫が多いと聞きます。
蛇口を閉めないことには、いくら保護してもきりがありません。
以前なら、10月~12月はほとんど妊娠していなかったのが今は年中ですね。
でも一番TNRに向いているのは今でも秋の妊娠していない時期だと思います。
夏生まれの猫を減らすためには今の時期、がんばるしかないです。

もう夏ばて気分。
捕獲機貸し出しで依頼者ががんばってくれるので助かってます。
捕獲できる人を増やしたいですね。
2014/07/30(水) 01:01:34 | URL | 地域猫保護プロジェクト@神戸 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
メグさん
親子とも捕獲できてよかったですね!
雌の発情が4ヶ月くらいから始まることがあるので、子猫が子猫を生むのでかわいそう・・
やはり時期を考えず、不妊手術は必要ですね。
2ヶ月効く抗生剤(コンベニア)は今ではよく使われています。
無料で入れていただけたら一番ありがたいです。
医は仁術、
商売は、損して得取れ
(笑)

2014/07/30(水) 00:51:15 | URL | 地域猫保護プロジェクト@神戸 #-[ 編集]
親子とも捕獲できました。
メスは4か月頃から発情もあるのですか…早いですね。

今回は手術に焦ってしまい暑い時期に捕獲して可哀想なことをしました。2週間効く抗生剤してもらいます。
ありがとうございます。
この子猫達は親子でずっと仲良くできると嬉しいです。
2014/07/28(月) 23:55:11 | URL | メグ #-[ 編集]
ありがとうございます。
2週間効く抗生剤のこと病院に言ってみます。
母猫を早く捕まえたいけど、子猫2匹だけが捕まる可能性が高いです。
子猫だけ先に手術して戻したとき、また親子仲良くできるかとか色々と心配です。

母猫が捕まらなかったら、また一ヶ月後のお盆すぎてからの捕獲になりそうです。
2014/07/28(月) 01:03:17 | URL | メグ #-[ 編集]
お疲れさまです
4月に生まれた子猫がデビューするのが6月。母猫の不妊は、子育てと次の妊娠の間の、もっとも捕まえやすいこの時期を逃すわけにはいきません。毎年7月走り回りますが今年の暑さは身に堪えますね。

今年の母猫はどの子も、子猫を呼んで夜中鳴き続け、近所から通報されそうでヒヤヒヤしました。豊かな母性で、リリース後も立派に子育てを続行しています。子猫6匹は、保護せずに見守って秋にはTNRします。
これが現場最後の母子たちと思って、全頭TNRまで。泣き言言わず張り付きます。
そちらもどうぞ頑張って下さいね、いつも応援しています。
2014/07/27(日) 22:44:37 | URL | sakki (皐月) #-[ 編集]
Re: タイトルなし
メグさん
ケースバイケースです。
猫は年中出産するようになったので、依頼があればしますけれど、自分所のオスは少し涼しくなるのを待つ予定です。(夏場は術前術後の保護場所がありません)

今頃、メスは4か月頃から発情しますので待っている間に妊娠する可能性があります。
最近では安全のため2週間効く抗生剤(コンべニア)を手術時に無料で入れてくださる病院もあります。

無理をして保護をしないことも大事だと思います。
私は自分ができることしかできません。
親がいて、なんとか生きていけるようなら外暮らしを見守ることでいいと考えています。

そのためにも、次の子を妊娠しない前に、親猫の不妊手術をしたほうがいいですね。
次の妊娠をしたら子離れをしてこの暑さの中、子猫を追い出すことがあります。
子猫は飢えと渇きで生きていけない場合があります。

2014/07/27(日) 22:13:50 | URL | 地域猫保護プロジェクト@神戸 #-[ 編集]
夏場は手術しない方がいいですか?
明日、4ヶ月前後の雄雌子猫と母猫を捕獲して手術して、元に戻す予定です…
暑い時期なので心配でした。
何か気をつけといた方がいいとか あれば教えてください。

子猫は飼主さんを見つけてあげたかったけど、まだ慣れてないし保護場所も難しいです。
2014/07/27(日) 15:05:45 | URL | メグ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する