公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
ピーピー、トライアルに行く
9月21日
ピーピー

ピーピーを里親さん宅に連れて行った。
私の通っていた中学校のすぐ近く。
猫のことでお知り合いになった方の紹介です
70代の祖母と二十歳の青年が希望してくださった。
トライアル契約書は青年と交わした。
心配なのは脱走防止。
年配の方は昔ながらの飼い方、動物への価値観があります。
若い人は総じてネットなどの情報を受け止めているので、脱走防止にも協力してくださると思う。

昨夜、寝ようと思ったらピーピーが私の布団の上で寝ていた。
ピーピーの体の上に手を置いて二人で最後の夜でした。
「新しい家の子になるねんで」と言って聞かしていたから。

新しい家に行くと、洗濯機の後ろに隠れてしまい、呼ぶとピーピーと鳴いている。
後ろ髪引かれるけれどいつまでも待っていられなくて。
帰るとやっぱり涙が出る。
いつも玄関で待っているピーピーが居ないのだから。

たまらんな~里親さん探して、こんなに寂しくなるなんて。
里親さん所に連れて行ってホッとするのは子猫だけ。
大きくなった子は心配ばかり
ぽっかり空いたその空間はあまりにも寂しすぎる。

ピーピーは行かなければならないことを理解していた。
でも本当はずっとこの家に居たかった。
家族なのに。

夜電話で聞いたら、出てきたところを捕まえてケージに入れたそう。
よく泣いているそうだ、ピーピーはケージが嫌いだから。
ピーピーとおはぎと私と、今夜は寂しくて泣いている。

絆とナナがピーピーが居なくなってのびのび。
たった6匹だけど、猫関係は難しい。
私が後10歳若かったら、みんな一緒に居たかもしれない。
でも多頭飼いは反対だ。

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/09/25(木) 17:47:10 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する