公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オセロ  脂肪種 手術を受ける
10月10日

暑い日の夕方、鉄板の上でリラックス・オセロとモリ
オセロとモリ

オセロの背中に大きなこぶができていた。
8月に近くの病院に連れて行き、注射器で採取したら「脂肪でした」
しばらく様子を見ましょう。とのことだった。

10月になり、なんだか以前より大きくなった、お世話になっているK先生に相談をしたら
「犬の脂肪種は多いよ、猫は少ないけど脂肪いうたら脂肪種や。生理学検査に出したん?」

先生、手術してもらえますか?
「いいよ」

9日金曜 餌タイムにオセロの居るところまで車を回して、キャリーに入れて病院に走った。
病院は早めに閉まっていて、電話をしたら先生が自転車で走ってきてくれた。
診察台に乗せて、触診。
脂肪はかなり大きいけど、下にくっついていないので手術はできる。
今夜は預かっていただいて、明日の朝からオペ。
オセロ、ガンバろうね。

10日
(骨折猫の小桃をつれて病院へ。
骨は治ったけど、脊椎か頸椎などの神経に損傷ができて、足先がぶらぶらで、足の甲で歩いている。
甲に傷ができ、肉球も化膿してべたべたするようになった。
K先生に見てもらって、抗生剤を打ち、傷を消毒しテーピング。)

オセロは麻酔をしたところでこれから手術台に乗せられた。
見ていたいけど辛い気がして小桃を連れて帰った。

夕方、迎えに行くとお腹をガーゼで作った腹かけをしてもらっていた。
オセロ、頑張ったね。

腫瘍は5~7センチもあり、かなり広がっていて、筋肉と筋肉の間に入り込んでいる。
丁寧に取ったけど取り切れない。
脂肪腫はまたできる。
再手術をすると体力が落ちる。

2週間後に抜糸。
それから調子を見て、一回はみんなの所に返そうと、イナさんと話し合った。
再発したら・・そのときに考える。
ダメなら最後まで我が家で過ごすことになりそうだ。

家に帰るとオセロは喜んでケージの中からスリスリ甘えてくれて、ほんまに可愛いなぁ。
チュールが好きで、今夜は4本もご褒美やな。(絆が側で欲しい欲しいと頭でこづく)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。