公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
神戸市地域猫不妊手術助成券・公園管理会では不可の場合がある
7月17日

神戸市地域猫不妊手術助成券を申請する場合、公園管理会によっては承認を得られない場合があることがわかった。
衛生課に、募集時に告知してもらわないと二度手間になると申し入れした。

5~6年前に、市営住宅の建て替えで捨てていかれた12匹の猫たちをTNRした、A公園で保護活動しているBさんが、新しく来た猫たちのTNRをしたいというので、公園管理会に申請書に署名捺印してもらった。
申請を出していたBさんところに、神戸市から公園管理会ではダメという通知が来たので、担当者に聞くと

この公園管理会は、同好会的。 (神戸市の防犯カメラ設置助成受けて防犯カメラをつける活動もしている)
しっかり管理しているか自治会が良く知っていること。
会長の自宅が公園から離れている

などの理由だった。
建設事務所にも意見を聞いたそうで、公園緑地課に問い合わせたが担当者が不在だった。

公園管理会と自治会が連動していない場合は、不可ということだけど、
そんなこと知っている公園利用者はいるのだろうか?
書類を書いてくれた公園管理会も知らなかった。

自治会会長に、承認してもらい、監視事務所に提出したので今度は通ると思います。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する