公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
エンジンルームにいた子猫保護
11月27日

昨日は公園のイベント。
10時に近所の友達3人と参加する。

いつも調理スタッフがたくさんいるのに、今日はリーダーとあと一人だけ・・
えらいこっちゃ、
急いでトン汁の下準備をしないと、11時に木の剪定に行った大人と子供たちが帰ってくるので時間がない!
一緒に行った3人の「おば・・さん」が「手伝うわ」
昔取った杵柄、「目が見えない」「指が具合悪くて切るだけしかできへん」とか言いながら、仕切ってくれる
ワサワサ言いながら、だんだん一緒にやる人が増え、たき火にかけた大鍋が煮え、いっぱいの具がいい匂いで漂っている。

ドラム缶で作った本格的なピザ焼き窯で焼いたピザ、竹の棒にパン種を巻いてたき火で焼くヘビパン、でっかい焼き芋、
お代わりもして、みんな楽しくおなかいっぱいです。
活躍してくれた「三ば・・」 何度も「楽しかった」と言ってくれました。

その間に買い物に行こうと公園を出たら、向かいの駐車場でみゃーみゃー大きな声で子猫の鳴き声。
何人もが車の周りを囲んで覗いている。
エンジンルームから鳴き声が。

家に帰って小型の捕獲器と子猫用猫缶をもって、車の横に捕獲器を仕掛けて、待った。
人がいなくなって、いい匂いにつられて、うす茶の子猫の姿が見えた。
捕獲器の中に入ってすぐ「カシャ」
悪いおばさんは、すぐに大きな布で包んで家に連れて帰りました。

イベント終わって餌タイム前に、大急ぎで仲間のAさんところに行き、4~5日子猫の預かりをお願いしました。
隔離場所がないけど、月曜からのTNRが済んだら家に保護します。
茶色のアメショー柄で毛がフワフワだけど、やせている、2,5ヵ月くらいの男の子。
ノミもたくさんいたそうです。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する