公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
トライアルから帰ってきたら、性格が変わった
2月20日
 出会うまでの歴史はわかりません。ナナはきっとオモチャのように抱っこされたり、嫌がるほど過剰なこともあった。
 噛んだりひっかいたりするようになったから、捨てられた・・と想像します。 
ナナ2月ー1

ナナ2月ー2

ナナ2月ー3
 昨年10月まで短毛、11月には「ゴージャス」な長毛になりました
ーナナ10月

公園でおじさんの膝に乗ってゴロゴロしているから人懐っこいと思い保護した「ナナ」
ちょっと手が出る口が出る・・><
一時預かりさんは、可愛い可愛い、ええ子や、目が合っただけで気持ちがわかる、と絶賛してくれたので、
昨年11月の譲渡会に参加。
よその8か月の女の子と一緒にトライアルに行った。

里親さんは年配の仲良し夫婦で、一所懸命猫たちと仲良くしようと、すぐに部屋にキャットタワーと棚を手作りしてくださった。
・・もう慣れたと思ったころ、電話いただき申し訳なさそうに「ナナちゃんは私たちにはムリです」

すぐに迎えに行くと、引きこもり状態。
膝に乗って甘えるかと思うとウーと威嚇するし、その先どうしていいかわからない状態で頑張ってくださった。
帰りの車では、おとなしくキャリーの中で甘えていた。

一時預かりさんところに帰ると、前より気が荒くなって、抱っこが好きだったのができなくなった。
仲が悪かった先住猫を襲うようになった (マンチカンの子は前の飼い主が爪を全部抜いて飼っていたので負けてしまう)
気に入らないと預かり母さんの手を噛むことも。

預かりさんの田舎にいるお母さんが危篤で帰るため、ナナを連れ帰ったが、触ると唸るし、家の猫たちも威嚇するし。
困ったちゃんです。

「性格が変わった」って、行きたくないって逃げ回ったのによそにやられて、人間不信になったんでしょう。
ゴメンね、ナナ、仲良くしようね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する