公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
公園で「餌やり」に職員から注意された時
4月16日

この1週間、楽しませてくれた桜は、今日見納めのようだ。
公園には花見客がたくさん来て、夕方の餌やりどきに帰るグループも多かった。

近くで酔っ払った男が巻き舌で大声で怒鳴っている。
沢山の男女と子供たちがウロウロ、荷物片付けている。
その前を通ると、警官が4人来ていた。
公園入口まで来ると、他にも4人。
パトカーが3台も止まっている。

「何かあったんですか?」
「男の人と女の人がもめているらしい」
神戸市の公園は全部、バーベキュー禁止だけどモラルの低い人はどこにでもいる。
数日前も公園にあるテーブルの上でやって、テーブルが焼けて、警察が来た。


 神戸市「地域猫ってなぁに?」のチラシ
img036_convert_20170417005950.jpg

「 神戸市の公園で餌やりしていると市の職員に文句言われます」
という質問がありました。

一般的に、周辺住民や公園利用者から苦情があれば、市の管理者として注意しなければならないと思います。
この四月から施行された「人と猫の共生に関する条例」ができたとしても変わりません。

ただ、猫が嫌いだ、気に入らないから、といった理由で反対は通らないと思います。
反対に、「条例ができたから、やってもええんや」
ということはでありません。
こういった言動では、今まで以上にトラブルが起こるかもしれず、懸念するところです。
まず、ダメの理由を聞いてみることですね。

私たちは公園利用者の皆さんに、こちらから笑顔で挨拶をします。
挨拶ができたらお天気のことや、草花のこと、それから猫のことなど話がつながっていきます。
返事しない人は少しいるけど、ほとんどの人たちは猫活動に理解してくださるのです。
それから、周辺の掃除をするときは、人が見えるところでやりましょう。
できたら公園管理会などの掃除の日に、一緒にやっては如何でしょうか。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する