公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
オセロ 公園に帰る
4月28日
  帰ってきたよ
オセロー3
  ハーちゃんとおやつ、(JALの鶴マークがわかりますか)
オセロー4
  フク「兄貴おかえり」
オセロー5

今日、オセロを公園に返した。
猫と会話ができたら、オセロに「公園に帰りたい?ここにおる?」と聞きたかった。
療養中はとてもおとなしくて、ストレスは段ボール箱をガリガリかいて発散するくらい。
なんでここにいるのか、わかっているのだね。

家の猫たちもケージの外から時折様子をうかがう程度。
お客さんと思っていたのだろう。

公園に帰ると、ハーちゃんがすぐに出てきた。
黒猫のフクも来た。
夕方の餌タイムに行くと、全員勢ぞろいで、いつも通りのオセロがいた。

犬の散歩の夫婦と脱臼の話をすると、「うちの犬も脱臼で手術をした」
自転車の人が突然倒れてきて下敷きになり脱臼したそうだ。
病院で脱臼を入れてもまた脱臼すると言われ、骨を切る手術をした。
それからは脱臼はしていない。

オセロも今度脱臼したら骨を切る手術が必要らしい。
手術費が高額なので無事でいてくれることを祈る。
「飼い主の経済力が治療の限界ですよ」 ずっと以前に聞いた言葉が全く正しい。

オセロ、飛んだり跳ねたりせず、危ない人間にも気を付けて、かぁちゃん孝行してね。

家に帰ると、オセロがいないことが心に穴が開いた気がした。

 夕方、モリと一緒に
オセロー6

コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
ギャオママさん、大変ご無沙汰しております。
53号線を通るときお家を見ています。
ギャオは12歳になったんですね。
初めて会った日、雪の降る寒い夕方に「ギャオギャオ」泣いて、明日生きているだろうかと心配していたら、元気になって小屋の中から出てきたのでうれしかった。
公園まで会いに来てくださって7匹目の猫になりましたね。
幸せにしていただいて本当にありがとう。

オセロは何とか元気にしています。
人と猫と共生できる町は穏やかなんでしょうね。
損な街に住みたいね。
2017/05/25(木) 00:34:23 | URL | 地域猫保護プロジェクト@神戸 #-[ 編集]
ご無沙汰してます
オセロちゃん、もう脱臼しませんように
ギャオも、今年12才です
相変わらず猫にも、人にも
べたべたです
猫と人が共存出来る
社会が、もっともっと増えますように
2017/05/08(月) 00:08:23 | URL | ギャオママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する