公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
① 兵庫県動物愛護センター見学、質問事項
この見学会の前に、限られた時間を有効に使うため、兵庫県議会の松田一成議員にお願いして質問事項を送付していただきました。
この質問に沿ってご説明いただきました。
  (説明は次回書き加えさせていただきます) ・・続く

兵庫県動物愛護センター見学、質問事項
1.動物管理事務所及び三木支所について
・ 職員数は何名ですか
・ 年間見学者数は何名ですか。
・ 平成19年度のしつけ教室など年間稼働数は何回ですか
・ しつけ教室は無料ですか
・ 収容犬を減らすためのしつけが目的の教程は組み入れられていますか
・ 平成19年度の動物譲渡会開催数は何回ですか

2.譲渡について
・ 平成19年度の兵庫県動物愛護センター、三木支所、淡路支所、龍野支所の各支所において、犬、および猫の譲渡数は何頭ですか?
・ 兵庫県動物愛護センター18年度資料では、譲渡会での譲渡率は低いと出ていますが、向上させるための取り組みはどのようなものですか。
・ 譲渡はインターネットを利用して行うことはありますか
・ 譲渡対象となる猫の条件(猫種、子猫、健康状態、その他)についてどのような基準が設けられていますか。
・ 成犬、成猫の譲渡では、不妊去勢手術後の譲渡が一般的ですが、兵庫県では、譲渡の犬猫に不妊去勢手術はされていますか。

3.所有者不明の犬ねこについて
・ 兵庫県では、収容された迷子動物(所有者不明犬猫)のネット公示は、行われていませんが、兵庫県のH18年度の収容犬の返還率は、9.68パーセントと依然、低位で推移しています。ネット公示は、県民の利便性において、また返還率の向上においても有益な手段だと考えますが、今後、取り組みの予定はありますか?無いのであれば、その理由はどういったものでしょうか。
・ 捕獲器に入った猫が、所有者不明として持ち込まれた場合、猫は引き取りますか。
・ 収容された所有者不明犬猫に対し、処分前の評価(価格の決定)をしなければなりませんが、この業務はどのような方が担当されていますか。外部委託であれば、その委託先はどこですか。その費用は年間いくらですか。
・ 上記の処分前の評価は、雑種犬いくら、柴犬いくら、雑種猫はいくらといったような、統一基準がありますか。
・ 過去に、犬や猫を処分した後、飼主が現れ、処分前評価で決定された費用を支払ったケースはありますか。
・ 遺失物法により警察から移管されてくる迷子の犬や猫の収容期間は何日ですか。

4.定点回収について
・ 現在定点回収を行っているのは何カ所ありますか。
・ 引き取り時にどのような引き取り理由調査、指導、警告などをしていますか。
・ 繁殖業者、ペットショップやリピーターの場合の引き取り拒否あるいは有料化などはしていますか。
・ 定点回収で持ち込まれた所有者不明ねこについて、支所のない兵庫県北部の地域では公示期間は何日ですか。また保管はどこでされていますか。
・ 定点回収業務の外部委託業者は一般公募入札ですか。
・ 定点回収委託業者に支払われる年間費用はいくらですか。
・ 定点回収の費用(諸費運搬費等含む)を含め犬管理事務所における現状の処分費用と、県下各愛護センターにガス処分器を設置した場合のコスト比較はどのようになっていますか。

5.兵庫県動物愛護センターの動物感染症研究施設において、ネコの狂犬病抗体調査などこれまで行われた実験に使用されてた検体は、所有者の放棄や所有者不明動物として持ち込まれた犬や猫を採用したものですか?これらの提供は有料ですか?またこれらの実験後の殺処分数はどの統計に出ていますか。

6.各動物愛護センター内にある処置室(治療室)はどのように活用されていますか。
<福岡市が来年度から、市内2カ所の動物管理センターで野良猫に不妊・去勢手術を施す検討>といった取り組みが見られますが、兵庫県でも犬猫の避妊去勢を進めるために、協力、提供することはできませんか。

7.アライグマなどの外来動物が害獣として駆除されていますが、依頼者は県ですか。どのような人が請け負っていますか。どのような捕獲方法・殺処分方法・死体の処分方法が行われていますか。確認作業はできていますか。

8.厚生労働省及び環境省から、「行政の収容動物も殺処分だけでなく、譲渡に努めるなどできるだけ生存の機会を与える方向で考えるよう」方針が示されました。又殺処分される犬猫を半減させると言う環境省指針が発表されましたが、兵庫県の具体的な取り組みはどのようなものでしょうか。

県で行われている犬のしつけ教室において、飼い犬と共に参加されている一般の方々で、首輪に鑑札をつけておられないケースを度々拝見いたします。これは明らかな狂犬病予防法違反でありますし、狂犬病予防注射接種率は低下する一方という現状をみましても、また迷子犬の防止にも、せめて県の施設で行われている催しにおいては、徹底した指導をお願いしたいと思います。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
じん様
大阪の方はよく分かりません。
日本動物福祉協会に「南大阪支部」がありますのでこちらで相談されてはいかがでしょうか?
もし引き受けていただけるなら手術料金や必要経費は必ず最初にお聞き下さいね。
HPにデーターが入っていないので本部にお問い合わせ下さいね。
(本部もメールがありませんので電話かファックス)
 社団法人日本動物福祉協会
 〒141-0031 
 東京都品川区西五反田8-1-8 中村屋ビル4階
 電話 03-5740-8856
 FAX 03-5496-0930
お役に立てなくてごめんなさい
2010/07/13(火) 22:10:42 | URL | 地域猫保護ぷりじぇくと@神戸 #mQop/nM.[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/07/12(月) 17:49:14 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する