公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
神戸市・地域猫避妊去勢手術のご案内
7月20日

神戸市の「地域ネコモデル事業」はH17~19年の一期事業で終わり、
再度行う予定にないと聞いていたので、今回の「地域猫避妊去勢手術のご案内」が
新規に地域ネコを認めると言うことなのかと嬉しく思います。
新しい事業の第一歩についてお問い合わせしてくださいね。

「地域猫避妊去勢手術のご案内」
http://www.city.kobe.lg.jp/life/health/hygiene/animal/h0495-2.html
 最終更新日2009年6月1日

生活衛生課・各衛生監視事務所

飼い主のいない猫(いわゆる野良猫)の増加によって、糞尿や鳴き声など周辺トラブルが問題になっています。これらの猫には飼い主がいないため、不満を持っていく先がなく、被害を受けている人は猫を憎むことになる上、餌を与えている人と感情的なトラブルが生じることもあります。しかし、これらの猫は人間の身勝手によって捨てられたりしたものが増えたものも多く、猫たちに罪はありません。猫を排除するのではなく、地域問題として捉え、飼い主のいない猫との共生に向けて取り組んでみませんか?

地域猫対策とは
地域住民の合意のもとに、地域の住民組織が主体的に「飼い主のいない猫」を「地域猫」として適正管理し共生しながらその数を減らしていきます。具体的にはこれ以上増えないように避妊去勢手術の実施、適正給餌、食べ残しや糞の清掃などを行います。

地域猫避妊去勢手術助成について
神戸市では(社)神戸市獣医師会との協同により、地域猫の避妊去勢手術助成を行っています。
飼い主のいない猫の増加によるご近所でのトラブル増加に対し、その問題を地域の問題としてとらえ、「地域猫」として適正管理を主体的に行う地域の住民団体に対し、管理する猫の避妊去勢手術を助成する制度です。


事前に地域を所管する衛生監視事務所への相談・申請が必要です。 ※申請にあたっては自治会等の地域団体の承認が必要です。 手術料金の4割(上限10,000円)を助成します。 平成21年度は10団体を募集予定です(1団体に付き原則5匹助成します)

神戸市3割・獣医師会1割負担です
私はかねてから神戸市が1割でも良いから、
獣医師会の助成金は選択性にして欲しいとお願いしています。
これではひも付きなので、「社会還元のためにノラネコ料金」でしてくださるところと比べ高くつきます。
獣医師会所属でないと利用できません。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/08/08(土) 22:59:08 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する