公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
週刊朝日「猫から広がる新型インフルエンザ」つり下げ記事
11月27日

週刊朝日は事実を逆に 「猫から広がる新型インフルエンザ」という見出しを
電車のつり下げ記事に書き風評被害を煽ろうとしていると思われます。
猫たちへの悪影響が懸念されます。
私はまだ本文を読んでいないのですが、本文を確認次第朝日にあてて抗議をするつもりです。
(売り上げに貢献したくないので図書館か立ち読みします)
Oー157貝割れ事件を想起します
(農水省と外務省が牛肉からの汚染を隠そうとした、食品業界では当初からおかしいといわれていました。)

週刊朝日http://publications.asahi.com/ecs/24.shtml
週刊朝日 2009年12月4日増大号
バックナンバー

▲ トップ

週刊朝日 2009年12月4日増大号

定価:380円(税込)
表紙:宮本笑里
発売日:2009年11月24日
2009年12月4日号

業界騒然!ついにここまで…
猫から広がる新型インフルエンザ
世界初 人からの感染を確認

インフルエンザワクチンは本当に大丈夫か?

メール wa@asahi.com

読売新聞http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20091105-OYT1T00433.htm

米で猫が初の新型インフル、人から感染? インフル
 【ワシントン=山田哲朗】米獣医師会は4日、新型インフルエンザに感染した猫が初めて見つかったと発表した。

 この猫は、アイオワ州の家族が家の中で飼っている13歳の猫で、3人家族のうちの2人がインフルエンザを発症した直後に元気がなくなり、獣医師の診察を受けた。検査の結果、新型ウイルスが確認された。家族から猫に感染した可能性が高い。猫は現在は回復し、ほかの人や猫にさらに感染を広げた形跡はなかった。

 新型インフルはもともと豚から人に広がったと見られ、カナダなどでは、人から豚への感染が確認されていた。鳥やいたちの仲間フェレットも感染する。季節性インフルエンザの場合、猫のほか、犬や馬も感染することが知られている。

 同医師会は「人畜共通感染を起こすウイルスはあるので驚きではない。飼い主はペットの様子に注意すべきだ」と呼びかけている。米専門家はメディアに対し「ペットから人へ感染する証拠はない。重大な懸念ではない」としている。

(2009年11月5日11時13分 読売新聞)

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/30(月) 01:00:23 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する