公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
あられとみぞれ兄妹
3月4日

あられ「みぞれ兄ちゃん、怖かってん!痛かってん!寒かってん!!ニャ~んニャ~ン」
みぞれ「ボクも怖かってんで~あられもかあちゃんも連れて行かれて、ニャ~ンニャ~ン」

兄妹はヨヨ・・と鳴きながら抱き合いました。

みぞれの捕獲は
みぞれ「なめんなよぉ~オレだって意地があらあな」
しん「楽勝やと思ってたのに・・なめとったな、初めての黒星、みぞれに負けたわ」

朝6時半家を出て捕獲に向かった。
みぞれ、上の方で見ていて降りてきて、何度も捕獲器にはいって点点とおいたおとりエサを拾い食いするけれど、
長くぶら下げたエサには見向きもしない。
(ひたすら床のエサを食べる、上にあるのに見ていない)
何度も繰り返していなくなってしまった。
吊り下げではかからない猫のタイプ、きっと下しか見ない猫かも。

のりまきママとあられを迎えに行った。
病院では術後、捕獲器ではなく広いケージに体を伸ばして寝かせてあげるのを方針にしているので、
一匹ずつ入れてもらってケージは後でお返ししている。
あられは金属の床の上でシート一枚では寒いのかふるえている。

夕方まで保護しておいて、みぞれを捕獲も考えたけれど、3匹のストレスを考えるとこのまま家族一緒に戻してやりたい。
小屋にエサを置き水を換え、ミルクも入れてから
あられと続いてのりまきママをリリース。
小屋に行きかけたあられは、住宅地に向かうママについていこうか迷い、一旦下りかけてからエサのある小屋に向かった。

夕方、エサタイム
みぞれとあられが並んで待っていた。
ママはしばらくは来ないだろう・・
みぞれ、あられの面倒見てね・・って、あんた、妹の上に乗ってどうするねん!

のりまきママにはもう4匹、お腹にいたそうです。
かわいそうだけど、堪忍してください。

テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する