公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
尼崎市動物行政に皆様のご意見を
7月7日付け 転載

「尼崎市における動物愛護管理行政のあり方検討会議」が設立されることとなりました。
より良い改善のため、一人でも多くの皆さんのご意見をお送りください。


 昨年12月、尼崎市が違法な繁殖業者から大量の犬を引取り殺処分していた問題が発覚し、一斉捜索、業者の逮捕など、大きな事件として次々に報じられました。
この一連の不祥事を受け、尼崎市ではこのほど『尼崎市における動物愛護管理行政のあり方検討会議』を設置し、適正な動物行政に取り組むことになりました。

平成20年度、尼崎市では、220頭の犬が引取られ、新しい飼い主が見つかったのは17頭。663頭の猫が引き取られ、新しい飼い主が見つかったのはわずか2頭。
ほとんどの犬や猫が殺処分されました。

この数字が、日本の動物愛護行政の姿そのものです。
 
 他方、熊本市では162頭の犬のうち104頭に新しい飼い主が見つかりました。
また、318頭の猫のうち202頭に新しい飼い主が見つかりました。 
 
 熊本市は、犬や猫をゴミ同然に殺処分し続ける日本の動物行政に対して、
結果をもって「NO」を示し、私達は、必ず変われるのだということを教えてくれています。

 今、尼崎市はまさに変わらなければならない時です。
真に改善を図るためには、より多くの皆さんの声が何より必要です。

「動物愛護センターにこうしてほしい」「動物愛護行政はこうあるべき」といった皆さんの思いや意見を尼崎市に届けてください。

一頭一頭の犬や猫の命ときちんと向き合える動物愛護センターに生まれ変わるために。

【意見の送り先】
FAXでの送り先: 06-6489-6793 『まちづくり提案箱』あて
メールでの送り先: mayor_shirai@city.amagasaki.hyogo.jp 

■件名には「「まちづくり提案箱」と記入ください。
■可能であれば氏名、ご連絡先もあわせてご記入ください。 
■ご意見の送付はできるだけ7月中にお願いいたします。


 尚、尼崎市では、この検討会議に参加できる市民委員の3名を募集しています。
http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/iryou/pet/051kentou.html
希望者は下記要領で応募してください。

***********(以下尼崎市HPより)

「尼崎市における動物愛護管理行政のあり方検討会議」市民委員の公募について
本市におけるペット動物の愛護及び管理に関する今後のあるべき姿と施策について、
地域における協働の取り組みを含め、具現化するための方向性などを検討する
「尼崎市における動物愛護管理行政のあり方検討会議」の市民委員3人を募集します。
*市内在住者で満18歳以上の方
*期間:平成22年8月から平成23年3月の予定
*会議:4回の開催を予定
*応募方法 :平成22年7月15日(必着)までに、住所・氏名・電話番号・性別と
「ペット動物 の愛護と管理について尼崎市に期待すること」
をテーマに800字程度までの作文を書いて、郵送かファックス(6434-2293)
電子メール(ama-seikatsueisei@city.amagasaki.hyogo.jp)で
動物愛護センターへご応募ください。応募多数の場合は選考となります。

************
【本件発信元】兵庫犬猫ネットワーク/尼崎・迷惑をかけない飼い方を推進する会


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/07/11(日) 09:05:40 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する