公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
心に染みるブログ
4月14日

心に沁みるブログ。
安楽死させられた猫の独り言
http://ameblo.jp/1234-432/entry-10856756809.html

ゴメンよ、僕たち。
私の肩にも数匹の僕が乗っている。
無知だった頃。
病気でそれしか選択できなかった時。
腕の中で死んでいった子がいる。
仕方がないと思っても後悔が一杯。
これ以上不幸な猫を増やさない努力を続けている。

はなこちゃん達は安楽死される理由はなかった。
一時預かりさんが家の子にしたいと言ってくださるなら一番嬉しいことだから。
人間関係のもつれで殺されたのだとしたら軽重があるけれど双方に責任はあると思う。

℡があったときすでに5匹は殺されていた。
カンピロバクターでひどい下痢だと言うけど、カンピロバクターは抗生物質で治せると話をした。
でもひどい下痢でどうしようもなかったと。
はなこちゃんはFIPでなくなったことにして欲しいと。
一匹だけFIP? 何でそんなウソをつく必要があるのか分からない。
しんちゃん所に行って一緒に葬式をしたことにして欲しいと。
なんでそんな必要があるのか分からない。
一緒に埋葬しようと思ったけど私の所でお見合いがあるからできなかった事にしてくださいと断った。

メルモさんから℡があった。
暗くて沈んだ声で一杯話をしていたけど信じられない事ばかりだった。
私はメルモさんが好きだった。
神戸に猫達を迎えに来てくれたとき、家に来てくれたとき、あのアサリ姐さんのことを書いているブログは毎日の楽しみだった。
「真実が知りたい」
私にも分かる。
なので話をした。

メルモさん達がネット上で戦いを始めたが、とことん追い詰めることはやめて欲しかった。
彼女が「何度も自殺を考えた」というのは本当だと思う。
自殺すれば書いた人が批判にさらされる、罪に問われなくても一生重荷を背負って行かなければならない。
「つぶやき」は期間限定で書いた。
「穏やかな解決を望む」百数十の拍手は同じ思いの人達だと思う。
分かって欲しかった。

ドラミを始め数匹の今いる猫を保護して欲しいとブログにあったのでドラミを迎えに行った。
彼女が引きこもっているのかと心配だった。
一緒にお寿司を食べに行き、いろんな話をした。
ブログもやめる、活動もやめるとのことだった。
固かった彼女の表情も和らぎ、ドラミが彼女の傍にいることで生きる力になってくれるとドラミを託した。
彼女のためにドラミにいてもらったのだ。

元気だったドラミ、先月メールでドラミが急な腎不全で長くないとあった。
しばらくして℡をすると、インターフェロンを続けたら元気になりましたと。
・・
ドラミは家の子達ともうまくいくと思うのでいつでも引き取ります。
うちの子ですから誰にも渡しませんと。
それから連絡とれていません。


早く終息して欲しいと多数の人達が願っていると思う。
メルモさん達の目的は、彼女が猫ボランティアをやめること。
こんな状況でなぜ猫ボラに未だにこだわるのか分からない。
辛いこと一杯乗り越えてもう十分頑張ってこられたと思う。
私もたくさん御世話になりました。嬉しかった。有り難うございました。

「活動は人に言われてやめる物ではありません」。
でももう公園も猫も人も貴女を必要にしていないのかもしれない。
次の時代に変わっているのかもしれない。

「僕たち」がどれくらいいるのか誰も分からない。
大阪公園猫サポーター制度が発足して、これ以上「僕たち」が増えないことを信じている。
捨て猫も虐待もなくなる時代が近づいて来ているのだと期待している。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/04/15(金) 20:08:34 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/04/15(金) 13:29:58 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/04/15(金) 10:26:45 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する