公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
9月25日は「フリマの日」
9月20日

日時:9月25日(日) AM9時~PM3時

場所 : 新長田六間道商店街    

     JR新長田駅下車南へ徒歩約8分
     地下鉄海岸線 駒ヶ林駅下車すぐ



8月はお休みさせていただいたのでなんだか気持ちが間延びしてしまってつながらなかった(><)

先ほどから焦っています。

夏物?秋物?

隣のDさんに相談して秋物やな~

「何があるかわからへんから楽しい」とおっしゃるお客様に何が楽しんでいただけるんだろう

一杯の在庫品の中から探すのは大変だけど、

テレサあんたのお尻の下の箱の中にある・・(笑)


今日は台風15号で大雨や洪水で被害が出ています。
神戸でも激しい雨が続いて小さな川をのぞいてみてもまっ茶色の水があふれそうでした。
今年は自然災害が多くて怖いです。

公園の猫たちはちょうど雨が止んだときにエサタイム。
濡れた子がいなくて本当にうれしかった。

「熊森協会」のブログ「くまもりnews」
http://kumamori.org/news/blog/2011/09/16/recent-act/8020/

「メディアは、スギの人工林に言及して下さい」

に同感。
日本の山は戦後の植林政策の「助成金」で杉・ヒノキの植林ばかりになり、その後手入れすることもなく放置林が多くなった。かって山登りに精を出していた頃でも林道の入り口から杉の倒木があって廃道になった林道が多く見られたし、間伐しない杉林は日の差さない死の森でありました。
育たないヒョロヒョロの木々が台風などで簡単に倒れ、これが流されて小さな土砂ダムが簡単にできます。
風になぎ倒された放置林でも、大規模被害であれば「助成金」で又植林を繰り返しています。

横浜市は水源確保のため「水のふるさと道志の森基金」を創設して、水源かん養林の保護をしています。
http://www.city.yokohama.lg.jp/suidou/kyoku/torikumi/suigen-hozen/doshivolunteer.html

杉林では日照りが続けばすぐに水枯れします。
自然の森はたくさんの保水ができます。

和歌山などの土砂ダム写真を見てください。
殆ど杉の林なんです。
人災と言わずしてこれからの安全は確保できるのかなと。
メディアはなんで山や森や木を見ないのだろう?
原発と同じように報道管制?報道自粛?
日本って自由な国と思っていたけど、がんじがらめなんですよ。
報道は一番自由じゃないかも?


テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
教えてください
はじめまして 緊急に教えてください 安価で不妊手術をしてくださるお医者さん 神戸市西部・中央部にはないのでしょうか? 5年ほど前 5匹の元飼い猫が捨てられ 中藤会のお力を借りて不妊手術をしました それまで東灘のよくテレビに出ている人にお願いして5匹ほどしたのですが 対応が全く違い本当に感謝・感謝でした また6匹の元飼い猫らしい仔猫が捨てられました  中藤会はもう活動されてないようで 自分で行かねばならないのです 保護できないのに手術だけというのも冷たい話ですが 私にできることは里親探しと手術くらいです 6匹となると費用もばかにならず どこかないでしょうか?この雨仔猫たちが気になります
2011/09/21(水) 00:37:07 | URL | あまり #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する