公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
TNRの彼方
12月20日

11月に神戸猫ネットのメンバーと223匹のTNRを行った。
日本動物福祉協会(元)阪神支部の先輩と話をしたら「それだけしたらもうTNRする猫は少なくなったでしょう」
『とんでもない、氷山の一角ですよ、TNRしてるその先にいっぱいいます』
「こっちではもうそんなにいないと思うし、A市の○さんもそう言ってたわ」

神戸はめちゃ居ります、みんな一所懸命がんばってるけど限りなく。
どれだけの猫口がいるのか?
行政は全く関心ないけど、アニマルレスキューシステム基金さん辺りは把握しておられるのかもしれない。http://www.animalrescue-sf.org/index.html

TNRをして不幸な猫を増やさない、今いる猫たちに天寿をまっとうさせてあげたい。
それが目的だったけど、その先にあるものは。
猫ネットの集会に参加してくださったAさんは
「TNRの目的は猫の絶滅ですか?」
『ぅん違うよ、不幸な猫の絶滅ですよ』

TNRが広く行われて生物繁殖の70パーセントルールに達すれば10年先には野良猫はほとんど見かけなくなるだろう。
毎月、100匹不妊手術することが可能になれば、神戸市の飼い主のいない猫は目に見えて減少する。
動物管理センターで手術できないというなら、
どこの局でも行っている「外部委託」を取り入れることは可能ではないのだろうか?
NPOアニマルレスキューシステム基金にはそのノウハウがあります。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
Re: 頑張っていますが、くじけそう
Re: 頑張っていますが、くじけそう
なおみ様
お返事遅くなり申し訳ありません。
市営住宅など猫問題が多いところです。
行政は縦割りで、行政内の啓蒙活動などは全く行われていないのが現状。
「市民への啓蒙をやります!」以前に「行政内での啓蒙をやって欲しい」と要望し続けています。

私達の活動は、「猫で迷惑」な人にも参加していただくのが一番早く問題解決になるのではと思っています。
不幸な猫を減らしたいのは同じ目的だから。

くじけそう・・仲間がいます。神戸猫ネットの集会に来て下さい(次回は8月5日(日)ですが)
TNRをすることは、「環境問題の解決」であり、社会活動だと胸を張って下さいね。

> お世話になっています。
> 次次と新顔さんが現れる・・・
> 「氷山の一角」良く解りました。
> 今妊娠中の猫を見ています。
> 反対に、私が、「虐待している」と言われ心痛いです。
> 苦情は言っても、何もしない住人や、管理会社の曖昧な態度。
> 神戸市営住宅も何もしない。ではなく考えて欲しいです。
2012/06/10(日) 12:35:56 | URL | 地域猫保護プロジェクト@神戸 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する