公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
何かが起こる~
1月19日

外猫とつきあっていると毎日のように何かが起こる。

15日に捕獲した猫は、避妊手術の時、膀胱にオシッコが一杯たまっていたので絞り出してもらったら、
下部尿路疾患(ストラバイト)だとわかり血液検査などもしてもらい膀胱炎治療もして下さった。
女の子だから詰まりにくいけどフードを変えなければならない。
先生はストラバイト治療用試供品をたくさん下さり、私は公園猫達にファーストチョイスの低マグネシウムドライをたくさん買っていたところなので一緒にお届けした。
依頼者はエサをやり始めたばかりで、23年飼っていた猫と同じフードなのにと意外そう。
なんとか元気に生き延びてもらいたい。

この子をリリースしたとたん、隣の敷地からやせた猫が鳴いてご飯をねだる。
ムム、、一匹手術してこの子をしないのもかわいそう・・費用はこっち持ちなのでためらいあり。
でも、かわいそうやもんな~
「私が手術します」
病院に℡をして昼からの手術予約お願いした。
避妊手術とワクチン、レボリューション、ミミカット。
一度にするのは体に負担がかかり可哀想だけど、外の子には一回だけのチャンスとなる。
特に若い猫にワクチンをしておくと生存率が高くなる。
この猫は「若くないわ、犬歯がグラグラしてたから抜いておいた」

若くなくて捨てられてガリガリで。
せめて術後二日はしっかり食べさせて休ませてやりたい。
良く食べ良くウンチ、良くオシッコ。
翌日、クシャミと鼻水。風邪引いたようなので治るまで置いてやりたいと思ってしまった。
今は誰も捕獲していないので車は「空き」
パセトシンのませ、高栄養食なども食べさせ体力をつけて元にリリースしよう。

017_convert_20120120000418.jpg
12日(木)からチャトラケンタがいなくなり心配していた。
初めての人にもダッコされるくらい人なつっこいので里親募集している。
ケンタとケンジ兄弟は昨年5月頃に公園入り口に現れた。
今年2才くらいの♂。
里親様、いませんか~
いつ里に掲載しているけど一件もオファーがない。
月曜朝一番に動物管理センターにも電話を入れた。
18日、「行方不明の猫を探しています」チラシを作ってラミネートして、いざ貼りに行くと家を出たら
ピュ~と鳴き声。
ケンタが帰ってきた!!
うれしくってさっそくおいしいご飯、がっついて食べる。

公園内に小屋を置いてやれば住宅地にいることが少なくなると思うので、他の所の小屋を担いできて補修。
急斜面の上方に小屋を置き、晩にご飯を持っていって小屋を教えた。
シャーがケンタを追い払う意地悪をする。
弱虫シャーが、おとなしいケンタ兄弟を追い払うなんて弱肉強食ってことゆるさんわ。

公園の猫模様は心配なことがいっぱいあり。
カリンは右前足をケガしてるようで、かなりのビッコ引いてくる。
毎日ビブラマイシンのませてる。

006_convert_20120119235850.jpg
今日は終日の雨。
みんなご飯を食べに来たけど、ポポだけ消息不明が続いてる。
誰もいなくなってからご飯を食べに来ていると信じて、きまった所に置きエサしてる。
ポポ、会いたいよ。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する