公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
猫の捕獲は知恵比べ
3月31日

二月は逃げる。
三月は去る。
四月は・・聞いたことがないと思ったら
「アホの命ほど長い」と言うそうだ。長生きのおじさんからお聞きした(笑)

猫の出産時期に入り、捕獲したメス猫は全員妊娠している状態です。
外猫に関わっている皆様は必死にTNR活動しておられると思います。

3月17,18日に
おおさか公園ねこの会と大阪市ゆとりとみどり振興局

の協働事業として取り組まれた
「第三回・避妊去勢手術支援事業」では
メス49匹、オス31匹、ミミカット2匹の合計捕獲数89匹と、すばらしい結果を上げられたそうです。
多くの市民と行政の協働だからたった二日で大きな成果があったと思います。

神戸猫ネットの仲間達も、あちこちで捕獲サポートにでかけていますが、みんな時間に追われて大変です。
私はフリマからの疲れが取れないまま捕獲があったりでエサヤリがしんどい状態。

昨日はうれしい知らせを頂いて喜んでいます。
2年前に捕獲依頼で関わった母猫が最後の最後、人が倒れるか猫が出産するかの瀬戸際で捕獲成功した。
2年前子猫4匹は手術後家に引き取られ、その他順次捕獲した猫も保護されて、残りは母猫のみ。この母猫がどうしても捕まらない。
今年妊娠したと焦って連絡いただいて出かけると、保護主Aさんはあらゆる手段で捕獲を試みて失敗。
失敗の度に猫は用心深くなり、とうとう獣医さんに麻酔を慎重に投与することもお願いしてギリギリのませたが全く効かなくてお腹いっぱいになったら悠々と立ち去ったそうで不思議です。
エサ場は藪の中の急斜面で木の根があったりボコボコで捕獲器設置も大変だった。
周りにネットを張っている中でエサをやっているが最初に囲いの中から逃げられた。
捕獲器もいろいろなタイプを使用した。
犬用の大型捕獲器も、両側が開くタイプ、両側から頭を入れるところだけ食べて入らなかった。
ネットを蚊帳のようにつるして入ったら上から落ちるも失敗。
ネットを袋にして中に入ったら倒れて捕獲する道具を作ったけど倒れる前に逃走。
鉄工所で入ったら入り口が落ちる捕獲器を作ってもらったがダメで「溶かしてもらった」
足下に来たら服の中に仕込んだレースのカーテン用のもので捕獲しようと作ったけど、失敗。
タモは最初に失敗したのでダメ。
保護主は夜も眠れなくなりめまいで病院通いする。
と言った状況で、一昨日会ったときにはエサ抜き三日目だから今日が勝負だからガンバレと気合い入れて別れた。
当夜失敗。
昨日の朝、「捕獲しました!」のメール。
保護主の一所懸命がやり抜きました。
エサ場に蚊帳のように作ったネットを張って、入ったところをグルグル巻にしたそうです。
クロベエちゃん、子供達と一緒に幸せにしていただくことになりました。
保護主は、ここまでやれるかというほど頑張っておられた。
保護主さん、お疲れ様でした。良く休んでくださいね。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する