公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
行方不明だったグリーンがボロボロで帰ってきた
1月17日

予期せぬ事件が立て続けに起こった。
昨夜、大急ぎでエサヤリをして、
突然全盲になってしまった白猫ブルーを病院に連れて行くため準備をしていたらイナさんから電話があり、行方不明になり死んでしまったのだろうとあきらめていたグリーンが、ドロドロになって目がクシャクシャになった状態で帰って来ているとのこと。
とりあえず薬を持って駆けつけると、見たことがないくらいやつれている。
手足の上までベッタリドロドロ。
目が半分ふさがり鼻もベチャベチャでエサも食べられない状態でイナさんに甘えてニャーニャー泣いている。
薬を飲ませて、公園入り口まで車を回す間にダッコして来てもらった。
キャリーに入れ車に積み、今度はブルーの小屋に行き小屋奥にいるのを引っ張り出しキャリーに入れて運ぶ。

ブルーの目は瞳孔が開いてしまって赤く見える。
もう何も見ることができない。

グリーンは熱が高く、鼻が詰まり、目が潤んで半分ふさがっているくらいひどい。
「この子はしばらくかかると思う」とのこと。
点滴に薬をいれてもらい、注射も打つ。

17日は病院休みなので金曜に通院予定。
帰ってキャリーの中にカイロを3個ずつ入れた。
車の中が保護場所。
点滴をするとオシッコがよくでるので寝るまで何度も見に行って替える。
ad缶を入れるが二匹とも殆ど食べない。
一杯カバーを掛けて中はホコホコするくらいにしておく。
グリーンはひどい悪臭がする、公園の子達は野良猫の匂いが殆どしない。
ダンディだったグリーンがかわいそう。

17日
グリーンは顔を見ると泣いてばかり。
少し顔の表情が良くなったけど片目と鼻が詰まったままでひどい顔だ。
昨夜、必死でエサタイムのイナさんに会いに帰ってきたのだろう。
出会えなかったら翌日には死体になっていたかもしれない。
2週間かかってどこかから必死で帰ってきたのだろう。
ブルーも同じ頃、数日居なくなり、毎日あちこちの小屋をのぞいて歩いた。
数日して小屋の奥に居るのを見つけ、何だったのかも考えず、毎日ご飯とカイロを運んでいた。
15日に初めて小屋から出て来て、目が赤く見えるのに気がついた。
もっと早く気がついていれば、失明まで行かなかったかもしれないと思うと不憫でならない。

二匹とも8才以上の人なつっこい子ばかり。
怒りと悔しさ。同じ目に遭わせてやりたい。


テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
管理人様。本当に悔しいですね。お猫さん達も本当に可哀そうで、私も辛くてなりません。非情な、悪意の人と呼ぶべき人っていますよね。猫さん達の手当、ご苦労様です。
2013/01/19(土) 15:28:50 | URL | kumaka #o3uIXmPs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する