公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
自治会依頼のTNR
2月15日

この頃、大変忙しくしています。
ブログにご報告しなければと思いながらもあっという間に日々がすぎて。

11日、12日と自治会依頼のTNRに出かけました。
昨年11月に行った所の隣接地です。
今回、13匹という事でした。
11日、捕獲器、仲間から借り足して。
一人だと言うと白井ご夫妻が助っ人に来て下さった。
住民の皆さんが「助かります、お世話になります」「駐車場使って下さい」と門扉を開けて下さったりと協力して下さるのが気持ちが良かった。
17時~19時過ぎまで、計8匹。
昨年の所は警戒心が強くて大変だったけど、ここの猫たちはすれていない子が多くてドンドンかかる。
逃げていった子は翌日と言うことで早くに引き上げる。

12日
朝病院に入れた猫たちは、仲間のAさんがお迎えに行って下さり、預かってくれたので、私は残りの捕獲に行くことができる。
雨が降ってくるので早めに行くと、Aさんが病院お迎えの帰りに寄ってくれて、捕獲手伝ってもらった。
手分けしてできるのでありがたい。
目の前でさかっているペアを、事が終わった所でAさんさっさと御用にした。
これが最後の御用納めになったニャァ(^-^;
Aさんが引き上げたあと、雨は激しくなり、溝の中に置いた捕獲器を駐輪場の屋根の下に集める。
離れた家でエサをもらってるメスは、捕獲器にはいるがすぐ出てくる。
奥さんに誘導してもらい、サーモンをエサにするとあっという間に捕獲成功。
昨日、ウロウロしていたけど入らなかったミケ子猫が引き上げようかと思っていたとき現れて、サーモンに惹かれて入ってくれた。
13匹という話しだが、病院に連れて行った8匹の他にミミカットが2匹いたので、合計12匹で終了。

13日は朝から大忙しで昼ご飯どころか晩までコップ一杯の水を飲む間もなかった。
病院→仕事→家に帰って猫展用の写真印刷→Aさん所に行き保護猫を受け取り→リリースへ→2時過ぎ神戸新聞の方とお会いするので猫展に急ぐ→3時半急いで帰る→夕方のエサヤリ→7時前病院にお迎え→帰って家の猫たちに食事→麻酔が覚めた猫たちに晩ご飯とケア(帰ってすぐカイロを入れ保温カバーなど)
夜はさすがに疲れて背中がしんどくてなかなか寝られなかった。
夜中、コミミが吐いて吐いて・10回くらい・何か悪いもの食べたか?捕獲用の竹輪がなくなっていた(翌日何も食べなかった)
起きるのが辛かったけどヘドを拭き取らねば・・

14日 ミケ子猫だけご飯を全く食べていない。食べる子は順応できているけど食べない子はストレスが大きいので早くリリースしてやった方がいいのだ(反対のことを言う人がいる)
みんな下に敷いたカイロの上に座っているのにミケだけ奥に小さくなっている。
リリースしにいくと、自治会副会長のおじさんに立ち会ってもらう。
もう一人「猫、返してな、返してな」と何度も言ってくれる猫好きの優しいおじさんが居る。
副会長も猫好きで飼い猫がチョロチョロして捕獲してしまいそうになったんだけど。
ドライフードとパウチを何袋か渡して
「お腹空かせているからやって下さい。術後は栄養つけないと治りが遅いから」
おばさんにも渡し「自治会がやってるから、これからは隠れてやらなくてもいい。竹輪は体に良くないからこれやって下さい」とおねがいをした。

捕獲数12匹、オス6匹・メス6匹。
妊娠3匹で胎児10匹。

この自治会会長は、市の地域猫助成金はがきを二枚もらって下さったので、「地域猫活動地区」と言うことになります。こうして「地域猫」としてTNRしていただけて又一つ仲間ができた。
住民の中には「気になっていたんです」と病院にお金を届けて下さった方も居り、自治会にもお金が集まっていると聞くとうれしい。

我が町では、猫どころじゃないと協力は得られていない。
公園周辺では、するのはあんたらの勝手ってところか。
このS町はいいなー

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する