公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
日本国憲法 前文( 南風椎 訳)
5月11日

憲法を変えると言うアベさんの声が大きいけど。
第九条を変えて、海外派兵への道を開くのでしょうか?
誰を戦場に送るのでしょうか?
今、憲法を変えようとする人たちは戦場には行かない。
子供達が血を流すのです。

日本国憲法前文を読んだことありますか?
思いっきり読みにくいカチカチの文章です。
英語で書かれた日本国憲法前文を、柔らかい言葉で訳してくださっています。
みなさんぜひ読んでくださいね、
南風さんの英語訳はとても美しい


南風椎(はえ しい)「森の日記」より

http://blog.greetings.jp/?eid=184&__from=mixi

日本国憲法 前文   南風椎 訳

私たち日本人は

正しく選ばれた

国会の代表者たちをとおして

行動します。


私たち日本人は

すべての国々との

平和的な協力によってえられる実りと

この国土いっぱいに

自由がもたらしてくれた恵みを

かたく守っていくことを決心しました。

私たち自身と子孫たちのために。


私たち日本人は

政府によっておこされる戦争の恐怖を

もう二度と

私たちのところにやってこさせないことを

決意しました。


私たち日本人は

人々こそが最高の力をもつことを

宣言します。


そして私たち日本人は

揺るぎない意志で

この憲法を制定します。


政府は

人々の神聖な信頼によるものです。

その権威は人々から出され

その力は人々の代表者たちによって行使され

その利益は人々によって楽しまれます。


これは人類すべてがもつ原則であり

この憲法は

その原則にもとづいています。

私たちはこれに反する

どのような憲法

どのような法令

どのような詔勅も排除します。


私たち日本人は

永遠の平和を願います。


私たち日本人は

人と人との友好関係を支配している

高い理想を

心から自覚します。


私たち日本人は

平和を愛する世界の人々の

正義と信念を信じて

私たちの安全と存続を

守っていくことを決めました。


平和を守り

専制政治や奴隷制、圧制や偏狭を

地球から永久に追放しようとしている国際社会で

私たちは

誇り高い地位を占めたいと願っています。


世界中の人々が

恐怖も欠乏もない

平和な暮らしをする権利を持っているということを

私たちは認識しています。


どのような国でも

自分の国のことだけを考えてはいけない、という

政治道徳の法則は

誰にもどこにでも通用するものだと

私たちは信じています。


自分の国の主権を保ち

他の国々と対等な関係をもとうとする

すべての国にとって

この法則に従うことは義務なのだと

私たちは信じています。


私たち日本人は

国の名誉にかけ

全力をあげて

これらの高い理想と目的を

達成することを誓います。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/05/12(日) 11:02:49 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する