公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
道ばたで死んでいた黒い子猫
6月6日

猫仲間が「サカナがあるよ、マグロと甘エビ、サーモンのアラ」
聞いては何はともあれ行かねばならぬ。
猫のため、人間のエンゲル係数低くするためにも。

保護者宅には保護仔猫3匹。すでに2匹新しいお家へ行った。
コクシジューム治療中の子達は今月の譲渡会に参加できそう、
明日検便で隔離中1匹(目クチャ鼻クチャ、かわいい声で甘えん坊さん)この子は小さくてまだワクチン打てないかな。

小さな子はかわいいけど、手がかかります。
みんなミルクから育てているらしい。

帰りバイクで走っていると道ばたに黒い小さな・・もしかして生きていたらとUターンして確認に行くと黒い仔猫だった。
傷は見えないけど、小さく舌を出している。
2ヶ月くらいのかわいい盛り。
タオルでくるんで袋に入れて、バイクのハンドルにぶら下げて帰った。
すでに異臭がするので公園に埋葬した。
もう怖いことも苦しいこともない世界で笑って暮らして欲しいと祈る。
厳しい環境で産まれて保護され、お家でおいしいご飯を一杯もらっている仔猫たちと路上で死んでいる仔猫。

去年は2~3ヶ月くらいの子猫が轢かれて死んでいるのを複数回収した。
今頃の時期は子猫の被害が多いのではないだろうか
親離れには少し早いとなると、捨てられ子猫なんだろうか?
かわいそうな猫たちがいなくなる時代を早く作りたいと切に願います。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する