公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
オマケ君は花ふぶきと共に・・
4月20日

18日エサやり直前に、近所の人が「猫が死んでる」と言ってきました。
公園の草抜きをしていて見つけてビックリされた。
朝、いつもエサを待っている日だまりの場所の1メートル下でした。

先週日曜は赤さんにエサやりしてもらったので会わなかった。
7日(月)朝来なかった。
夕方来たけれど、ご飯食べず。
公園の外を向いて、ジッと佇む。
  オマーと呼ぶと振り向いた
オマケ君

道路を渡って、大きな溝に入っていった。
中をのぞくと暗渠の真ん中に座っている
呼んでもジッとしていた。

エサヤリの帰り、のぞいたが暗くて見えず。

翌朝、来なかった。
夕方来たけれど、ミルクも水も飲まず。
目やにで片目がふさがっていたのを拭いてやって目が開いた。
ジッと座っているのみ。
「オマー、まっといてね」

それから彼に会わなかった。

桜が散り、ツツジが咲き始める頃だった。

ベルの後について来たのでオマケ君。
もう10年くらいのつきあいかな。
猫柄がよくて、挨拶に頭をごっつんこさせて、いじわる白も仲間にしてしまった。
最後に来たよしおもごっつんこしてもらって、仲間にしてもらった。
一緒に家まで迎えに来ることも教えてもらった。
今は、よしおが一人で迎えに来ます。
  仲良しができて、一時元気になりました
オマケ&よしお
  去年はベル・オマケ・ケンタが仲良くしていました
ベル・オマケ・ケンタ

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/04/24(木) 09:30:39 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する