公園の野良猫をふやさない・今いる猫たちをちょっとでもましな環境で保護しようという運動を行っています ●ふやさない・避妊去勢手術をする・捨て猫を許さない地域作り・・捨て猫は犯罪だ!罰金50万円!!
風太
9月17日
風太ー1
風太ー2

今日は台風のニュースばかり気にしていた。
あちこちで大雨の被害、濁流にのまれた街が映されて自然の猛威に恐れを抱く。
一瞬にして私たちの安穏な暮らしを持って行ってしまう。
あの水の中には幾多の命が流されているのだろう。
後も大変だけど生きているだけでありがたいと、阪神大震災の時思った。

台風が北朝鮮に直行したらよかったのに・・など。
核兵器やミサイルなど地球にとって喜ばしいことは一つもない。

天気の良い間に公園猫に食べさせておこうと、お昼にご飯を持って行った。
ピュー太、トラ、エビゾウ、ウルサ、
ジャック、ママちゃん
後はお昼寝タイムで来なかった。

いつもの餌タイム、早めに行くとみんな待っていた。
コース最後のオセロの餌場近くで、犬の散歩の人が「前の友達が来て餌をやってるよ」
イナさんのことだ。
猫たちを心配してくれてるんだな。

今朝、子猫の両目は目やにでふさがっていた。
ヘルペスなので長くかかるかと思い、朝昼夕晩と目薬したら目やにも少なくなった。
ウンチもオシッコもしっかりするし、機嫌よくゴロゴロへそ天で寝ている。
馴れなれの甘えん坊。
飢えた子はよく食べる。
暑い車内でカイロを入れて、段々大胆な寝姿がかわいい。
幸せになるんだよと一杯声かけてナデナデして、
その内元気になったらバッグに入れてあちこち連れて歩こう。
台風の時にやってきたから
台ちゃんか、
風ちゃんか
で、
風太です。
台風接近!雨の中に子猫捨られる
9月16日
 土管ちゃん(ココア)のいる土管
土管

午後2時過ぎ、電話通報「土管の中で子猫が鳴いています」
公園には子猫はいない。
捨て猫ってことだ。

急いで帰って、捕獲する道具を色々持って公園に急いだ。
土管ちゃんことココアがいる土管の奥で鳴いている。
子猫用パウチを入れると空腹な子猫がガツガツ食べる
手づかみしようとしたが失敗。
小型捕獲器は入らないので入り口に仕掛け、かごの中に餌を置くとためらいながらも餌につられて、捕まえた。
超大型の台風接近の時に捨てに来るなんて、土管の中にいたら確実に死ぬ。
こんな人でなしの所に日本中の風も大雨も大暴れしてくれ。

餌やりがあるので通報してきたYさん夫婦に病院に連れて行ってもらった。
餌やりは雨の中、一部出てこない猫がいたけどカルカン缶詰、フリスキービーフ缶など急いで食べさせた。
ピュー太とウルサをダッコして猫ハウスに入れたがすぐに出てくる。
ウルサはそのあと、ススキの根元で雨をよけている。
少し悲しくなった。

年寄りのジャックは小屋から顔を出して餌が来るのをまっている。
クーちゃんも新入りの「グリコ」も濡れながらやってきた。
ママちゃんは藪の根元で小さくなり、クロは小屋をのぞいたら飛び出して逃げた。

猫ハウス団地でオセロと森。クロッチは鳴きながらフェンスを乗り越えてすばやい。
それからハーちゃんとチッポ。
フクちゃんはこなかった。

家に帰りYさんに子猫を持ってきてもらう。
結膜炎とミミダニ、インターフェロンと目薬3種類と抗生物質。
ロイカナベビーのサンプル3袋入っていてうれしかった。

子猫には大きめのキャリーに収容、暖かい毛布にカイロを入れたのでチョコンとうずくまっている。
まだ緊張が解けないよう。
頭から背中、一杯なでた。
骨がごつごつするけれど、頭をグングン押してくる。
明日元気になぁれ!
元気になったらお風呂に入れてゴワゴワな体をすべすべな毛皮にしてやりたい。




街に生きる 地域猫 写真展 (神戸猫ネット)
8月17日

17年写真展チラシ

写真展のお知らせ

「街に生きる 地域猫 写真展」

日時 : 8月22日(火)~9月3日(日) 10時~17時 土日も開催しています

場所 : 神戸市役所1号館2階 市民ギャラリー


主催 : 特定非営利活動法人 神戸猫ネット
後援 : 神戸市保健福祉局 健康部 生活衛生課
     (公社)神戸市獣医師会
     株式会社 フェリシモ猫部



台風5号が過ぎてからも毎日首に巻いたタオルがビッショリ汗で濡れる。
陽が少し短くなった。
セミの声に勢いがなくなり、ヒグラシの声も聞こえる。
高校野球が終わり、地蔵盆が来て、夏休みが終わると9月。
待ち遠しいけど、去りゆく季節に寂しさも。

毎日毎年をいつもと同じように過ごせることは、本当に幸せだと思う。
日々是好日



7月の終わり
7月31日
  ユズけんかで深手、顔を噛まれてひどく化膿し抗生剤で治療中
ユズ・けんか傷
 怖がりだけどついてくる白キジ小姉ちゃん
5匹白キジ

ムシムシ暑い日が続き体力気力低下。
一人餌やり、やっと1か月経った。
暑さ故、しんどかった、へたった、倒れてもしかたない、いつまで続く暑さかな。

猫好きになったKおじさんが、「週二回くらいやったら手伝ったるで」
捕獲や会議などで急ぐ時など、手伝ってもらった。
前に私が担当していたコースだけだけど、助かる。

 捕獲される猫はストレス大です。
捕獲
先週は大きな施設のTNR。
施設が休みの日に捕獲という制限の中、夜中までの捕獲を考え、2チームに分けた。
Aチーム、午後3時集合~午後7時
Bチーム、午後7時~夜中
私は午後2時半に熱中症防止のため、みんなの飲料を用意して4時まで参加。
そして餌やりを終えて、午後7時~0時過ぎまで。
Kおじさんが半分見てくれたので時間の余裕もできてありがたい。

夜中、3人の女子が構内の猫を探索。
広い構内で捕獲器の見回りは車で回る。
0時、ウロウロして逃げ回る茶トラ君、あきらめて帰ろうと捕獲した猫たちと荷物をかたずけたら、近寄ってきたので、
捕獲器を2台設置しなおし、遠くから見守る。
1台目に入ったもののなぜかそのまま出ていく。
ダメかと思ったが、2台めに入ってそのまま御用。
1台目は入り口が硬くて閉まらなかったことが確認できた。
1日目は20匹捕獲。

2日目は作業車が入るので夕方までしか捕獲できない。
私は餌タイム前に引き上げ、仲間たちが続けてくれた。

30日はフリマに出店した。
暑くてへばってしまう。
Dさんが頑張ってくれたけど人出も少なく、値引き販売。
お隣さんたちとの会話も楽しい。
船で釣りに行った友達が「ガシラ」をたくさん釣ってきてDさんと一杯いただいた。
でも、帰って食べる処理をしないといけないから4匹もらった。

今日、餌やりを急いで、「人猫協議会」のTNR依頼に行く、
この間から猫が来なくなったとかで伸びていた一件。
今夜捕獲器を貸してほしいとのことで持って行った。
明朝、また出動だ。

協議会ができたおかげで、TNRしようと言う人がしやすくなった。
この制度がうまく機能していけるように、みんなで育ててほしい。
猫のための人も、迷惑だからの人も、
行くと最後は喜んでもらえるのがうれしい。


早速 夏バテ
7月18日
ママちゃんは風邪ひき、カイは3日間食べず元気がないので、抗生物質を5日飲ませた。
二匹ともとりあえず元気になり、カイは食欲いっぱいに復帰。
ママちゃんとカイ

ボヤキです。
まだ7月なのに夏バテ状態。
餌やりは2時間半くらいかかって公園を一周。
家に帰って最後に庭に巣くう「ユズ」と 近所にいる「マル」に餌をやり、
植木に水やりをすると、3時間かかります。

普通、これだけ働いたら儲かりますけど。

先週は、北区で17匹、早朝6時前から11時まで。午後2時から4時まで捕獲。餌やりはしんどかった。
北区がリリースまだなのに、続いて長田区で25匹。
しんどくて一日参加しただけ(午後1時~3時、餌やり終わって7時~10時半)

それから体調がおかしくなった。
姉は「歳なんやから」
ほんまに考えないと。

日中の捕獲は考え物です。
一日一回の出動にしないと何度もはしんどい。

イナさんが担当していた猫たちも、少しずつ慣れてきた。
今年新入りの親子5匹、4匹は毎日来る。
最後の藪の中で待っている「大豆」は、何をやっても食べなくて、この頃来なくなった。
それでも毎日、来ているのかと藪の中を見に行きます。

それにしても、早く秋になってくれ~